ドル/円3分早わかり「上伸期待も上値追い留意!インフレ後退は限定的-米国10月ISM非製造業景況指数」2022年11月3日

FXブログ
ドル/円3分早わかり「上伸期待も上値追い留意!インフレ後退は限定的-米国10月ISM非製造業景況指数」2022年11月3日

この番組は、TEAMハロンズ黒川が本日の注目材料を3分でわかりやすく解説する番組です。
平日21:00よりTEAMハロンズLIVE番組【実践リアルトレード】を配信しています。テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せしています。チャットでお受けしたご質問もお答えします。
お時間がありましたら、ぜひご参加ください!!
最新LIVE配信ページや過去動画はコチラからご覧いただけます。

ドル/円、上伸期待も上値追い留意!インフレ後退は限定的-米国10月ISM非製造業景況指数

動画要旨

【米国10月ISM非製造業景況指数】

11月3日、23時に米国の 10月ISM非製造業景況指数が発表されます。この指標は、米供給管理協会、ISMが370社以上の非製造業の購買担当者へのアンケート調査をまとめた数字で、50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気縮小を示唆します。集計方法は、前月と比較し、「良い」、「変わらず」、「悪い」から選択してもらい、結果をパーセンテージで表したものとなります。

【米国10月ISM非製造業景況指数を見る上でのポイントは3つ】

10月ISM非製造業景況指数のポイント
1つ目は、9月の総合指数は56.7と、8月の56.9からほぼ横ばいでした。3月の58.3から低下していますが、コロナ感染症への脅威が後退したためビジネス活動は拡大気味で、サービス産業がアメリカの成長を支えています。

2つ目は、雇用指数は夏場にかけて鈍化しましたが、新規受注の底堅さに合わせて徐々に回復傾向を示し、企業側が労働者を採用しやすい状況となりつつあるようです。

3つ目は、価格指数も68.7へ低下し、インフレ圧力は緩和しつつあります。ただ、依然としてコロナ前と比較すれば高レベルであることに変わりはなく、経済活動がモノからサービスへ移行する中で、賃金上昇とコスト転嫁のための値上げで、価格の柔軟性には欠けるようです。

消費者信頼感指数や製造業景況感が鈍化する中で、果たして非製造業の好調さがどこまで続くのか気にかかります。

【結果とドル/円の反応】

米国10月ISM非製造業景況指数

10月ISM非製造業景況指数の結果と反応
TEAMハロンズとしては、消費者信頼感の低下など不安材料はありますが、全体的な消費の底堅さは維持されているとの思いから、②をメインシナリオと考えています。もっとも、4日の雇用統計を控え、どこまで上値を試せるか微妙な点はありますので、ご注意ください。
※この文章は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

LIVE配信のご案内

本日のYoutube配信URL(20:55開始)

Teamハロンズ
円卓で有名だった旧・上田ハーローの元ディーラー・ストラテジスト・アナリストの所属のチーム。マネ育chに「3分テクニカル分析」(動画)、週刊為替レポート「ハロンズ」、米雇用統計レポート「米国雇用統計の予想と戦略」等執筆。TwitterアカウントTEAMハロンズ(@TeamHallons)では、マーケット雑感、経済指標のヘッドラインを呟いている。平日21:00からはLIVE番組【実践リアルトレード】も担当し、テクニカル分析の解説やリアル口座を使ったトレードをお見せするなど、FX個人投資家の皆様のお取引に有効な情報を日々、配信している。
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル/円3分早わかり「上伸期待も上値追い留意!インフレ後退は限定的-米国10月ISM非製造業景況指数」2022年11月3日

購入価格よりもドルで売ることはかつて可能でした

2017年4月のドル高けん制後には、ドル実効為替の下落(ドル安)が進み、その一方でドル円は上昇した。当時は、米税制改革(減税)への期待やフランス大統領選リスクの後退などから市場がリスクオンとなり、ドル安とそれを上回る円安が進んだためだ。

だが、米国経済に減速の兆しがないわけではない。貿易摩擦やドル高の影響で、米製造業の輸出受注指数は2月をピークに鈍化している。米ミシガン大・消費者現況指数は3月をピークに低下し、消費者期待指数も2―5月に比べ6―7月の水準が低い。

米国が対中関税の対象品目を発表し、ポンペオ米国務長官が中国の経済開放アピールは「ジョーク」などと批判した直後から、人民元が下げ始めたことからすると、市場主導で人民元売り・ドル買いが強まったのではなく、トランプ大統領が言うように中国当局が為替操作(人民元安誘導)を始めた可能性が高い。中国は米国の通商要求に譲歩するのではなく、関税が経済に与える悪影響を人民元安によって減殺しようとし始めたのではないか。

下院指導部はディスチャージペティションの阻止に動いた。まずグッドラテ法案、およびトランプ氏の主張に歩み寄った内容の法案の採決を今週行うと約束した。その内容とは、国境の壁に250億ドル(約2兆7200億円)を投入し、家族ぐるみの移住を制限し、移住希望者に抽選で永住権(グリーンカード)を与える「移民多様化ビザ抽選プログラム」を打ち切ることだ。そのうえで、移民多様化プログラムおよび他の方法で発給している8万8000人分のビザを、能力に基づくグリーンカード制度に移行させることとした。そうすればドリーマーは市民権を得る手段としてこの制度に申請できるようになる。別の6万5000人分のビザは家族優先とし、雇用に基づくカテゴリーに割り当てるという。

「ドルを買わなかったことを後悔している。自分がばかのように思える」と話す店主のブレント・ウジュランさん(36)は、エルドアン大統領が娘婿のアルバイラク氏を財務相に起用した政権の人事に言及し、「経験が豊富な人材が数多くいたにもかかわらず、経済全体の運営を娘婿に任せたことが危険な状態を招いた」と嘆いた。

「リスク回避の円買い」という傾向の強い為替市場において、貿易戦争に焦点が当たる中でのドル高円安には、正直、違和感もある。

25%の追加関税の対象品目は、光ファイバーや計測機器、電子部品、電子部品の製造装置、化学素材、産業機械、産業ロボット、鉄道関連製品といったハイテク製品を狙い撃ちにしたものとなっている。トランプ政権は制裁を2段階に分けて実施する方針で、第1弾として7月6日に340億ドル分の制裁関税を発動し、残り160億ドル分の発動時期は今後検討するという。

しかしトランプ大統領は先週、最終的に5000億ドル相当の中国からの輸入品に関税を課す可能性があると述べた。これは実質的に中国からの全ての輸入が関税対象になる。

ドル円は今年、年初の高値113.40円から3月の安値104.64円まで上下8.76円の値動きとなっている。すでにこれで年間の上下が終わってしまったのではないかとの見方もあるようだが、筆者はそう考えていない。

リラは10日に一時前日比約2割急落し、12日深夜(日本時間13日早朝)の海外市場でも一時1ドル=7.2リラ台となって最安値を更新した。急落は米国との対立が原因だが、エルドアン氏は演説で「政治的陰謀」「降伏はしない」と語り、強硬姿勢を崩していない。

トランプ大統領が5月に掲げた中国の知的財産権侵害に対する制裁の凍結方針を撤回して、500億ドル(約5兆5000億円)分の中国からの輸入品(1102品目)に25%の追加関税を課すと発表した直後のことだ。

短期的な振れはあるものの、中長期的に日米長期金利のかい離幅はドル/円JPY=EBSに影響を与えやすい。実際、27日のドル/円は109円台での推移を続けた。

他通貨が対ドルで下落する状況では人民元も下落しやすいが、中国当局は為替介入で人民元安を止めようとするのではなく、むしろ他通貨以上に人民元が下落すること(通貨バスケットに対する人民元安)を容認している。米国が10月の半年次為替報告書で中国を「為替操作国」と認定するリスクも高まるだろうし、米中の通貨摩擦が通商摩擦を激化させ、リスクオフの円高に働く要因となりかねない。

中国は世界最大の原油輸入国であり、昨年にはロシアが中国への最大の原油供給国になっていた。また中国は、原油と天然ガスの供給を今後も確保するために、何百億ドルもの資金をロシアに貸しつけている。

1つはプロパティです。独裁政権の大統領ニコラス・マドゥロに対する抗議が昨年の高台にあったとき、一部の外国人は火災で家賃を引き上げることを望んでいた。しかし、掘り出し物はありませんでした。プロパティはインフレヘッジほど貴重だった。しばらくの間、車はAからBに至る道と同じくらい貯蓄手段でした。購入価格よりもドルで売ることはかつて可能でした。しかし、人々はベネズエラを離れて持ち物を売るので、車は売り手の市場にはならない。不動産価格もドル建てで安定している。賢明な少数派は株式市場をインフレ連銀の一種として利用し、株式を購入して現金を預けて売却して売却する。優先株は、ベネズエラ外の企業を持つBanco Mercantilです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました