FRB議長 12月の利上げ幅縮小示唆

FXブログ
FRB議長 12月の利上げ幅縮小示唆
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 FRB議長 12月の利上げ幅縮小示唆

FRB議長 12月の利上げ幅縮小示唆

前回のテーパリングは、2013年5月に当時のFRB議長であるバーナンキ氏がテーパリングをアナウンスし、同年12月のFOMCで開始を決定後、2014年1月から開始された。その後、2014年1月、3月、4月、6月、7月、9月のFOMCにおいて段階的に縮小を行い、同年10月にさらなる縮小及び終了を決定した。以降は満期を迎えた国債などを再投資して総資産残高を維持する期間が続き、2015年12月のFOMCからは段階的な利上げが開始され、正常化の最終段階となる総資産残高の段階的な縮小は2017年10月から開始となった。

今週は何といっても11月1~2日のFOMCがまずは注目される。すでに0.75%の利上げは織り込み済みとなっており、WSJ紙の指摘通り12月の利上げについて、どのような議論が交わされるかに注目が集まる。声明文の内容とともに、パウエルFRB議長の記者会見での発言が注目される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました