高速の渋滞情報 距離の計測方法は

FXブログ
高速の渋滞情報 距離の計測方法は
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 高速の渋滞情報 距離の計測方法は

高速の渋滞情報 距離の計測方法は

全国の高速道路情報サイト「ドラぷら E-NEXCOドライブプラザ」は、NEXCO東日本が運営しています。

トラフィックカウンターは、自動で渋滞が観測できる便利な機械ですが、全ての道路に2km間隔で埋め込まれているわけではありません。そこで頼りになるのが、高速道路で働いている人たちです。例えば、高速道路の安全を守るため、24時間365日巡回を行っている交通管理隊は、巡回中に渋滞を確認すると、交通管制センターに無線で連絡し、その情報を情報板などでお知らせしています。また、一般道が渋滞していて、高速道路から一般道に出ようとする車が料金所まで渋滞している場合、料金所の係員が、その渋滞状況を確認して、交通管制センターに連絡します。その場合、情報板に「○○IC出口渋滞」と表示するなどして、お知らせしています。

「阪神高速道路出入口浸水想定マップ」

渋滞の原因となるのは単なる混雑だけでなく、事故や通行止め、高速道路の速度規制なども影響されます。自分にとって有益な情報を正確に伝えてくれるアプリを見極めて選ぶといいでしょう。

現在WEB上に公開されている、日本全国の渋滞や工事などの道路交通情報を閲覧できる無料アプリで、首都高速などの複雑な道路も、道路地図・GoogleMapから閲覧でき、ルートを選ぶ材料を探せます。

また、画面は高速道路・一般道路別に切り替えもでき、道路の種類を選ばず使いやすいです。今の渋滞情報を確認した上でルート選びをしたいなら、ぜひ使ってみてください。

通行止め作業情報・大雨情報・雪道情報など、ドライバーにとって助かる情報も満載です。高速道路を使ったお出かけの行き帰りをスムーズにするために、状況を把握できるiHighway交通情報は欠かせません。

単純に「渋滞2km」と距離を表すものから「渋滞2km 5分」とおおよその通過時間を表すものまで存在。

高速道路でお出かけの際に、どうしても気になること。それは「渋滞」ですね。高速道路上の情報板やハイウェイラジオでは、「○○IC付近渋滞○km」のように、リアルタイムの渋滞延長をご案内しています。ところで、この渋滞の長さは、どうやって測っているのでしょうか。

高速道路ドライブを楽しむ情報を毎月更新!モバイル版「遊・悠・WesT」

非常に便利な渋滞情報ですが、どのようにして渋滞距離や渋滞時間を計測しているのでしょうか。

「連休や週末に高速道路を使って出かけるといつも渋滞に巻き込まれて疲れてしまう。」

そんな人に人気の無料スマホアプリ『ドラぷら』。NEXCO東日本と地図会社のゼンリンが提携して作っている、東日本高速道路を快適に使うためのアプリです。

高速道路の渋滞情報を確認する方法は、道路上の電光掲示板以外にもいくつかあります。

渋滞の長さを調べている正体、それは、高速道路に埋め込まれた計測器です。「トラフィックカウンター」と呼ばれるその計測器は、首都圏近郊では、概ね2km間隔で埋め込まれています。通過する車の台数や小型車・大型車の判別、車の速度などを計測しており、車の速度から、高速道路が渋滞しているかどうかを判別しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました