【収支公開】週間収支報告10/31〜11/4(+170.3pips)

FXブログ
【収支公開】週間収支報告10/31〜11/4(+170.3pips)

『大きな指標が多くトレード回数少なめ(+19,910円)』

今週はFOMC、雇用統計があったのでトレード回数は少なめとなりました。
ポジションを持ちたくなる気持ちを抑えることができた点もよかったです。

結果は大幅にプラスでしたが完全に上振れだと思っています。
トレード回数7回のうち2回しか損切りしていないので間違いなく上振れています。

1週間のうち3日間ノートレの日がありました。
勝てていた時の1週間のトレード回数に近づいてきた気がしています。
良い傾向にあるのでこれを続けていきたいと思います。

来週からもしっかりと損切り(資金管理)には気をつけます。

FXで勝つためには資金管理を徹底すること!勉強方法も紹介!|初心者ポンド円トレーダーruekaのFXブログ
資金管理が重要だと聞くけどなんで 資金管理の勉強法について知りたい 資金管理の具体的なやり方について知りたい この記事は

トレード詳細

トレード回数 7回

利確5回 損切り2回 獲得pips +170.3pips(+19,910円)

トレードの詳細はTwitterにて公開しています!
私ruekaのTwitterはこちら

反省点

・損切りラインが浅くてヒゲをつけて狩られてから利益方向に伸びた。
→エントリーポイントの見直し
・英国の政策金利の発表日時の確認不足

・計画していなかったトレードをしようとしたが我慢できた。
・資金管理のルール通り証拠金の2%以内で損切りできた。

まとめ

今週は上振れして利益を上げることができましたが、下振れした時にしっかりと損切りできるようにしっかりとSLの設定だけは忘れないようにしていきます。

しっかりと適正な金額での損切りができているので続けていきたいです。
塩漬けだけは絶対にしないようにします。
私が資金を減らす一番の原因です。
ぜひよければこちらの記事をご覧ください。
負けることに関しての記事となっています。
最近負けて悩んでいる、負ける原因を知りたい方には参考になると思います。

【実体験】FXで負ける理由とは|負け方を知れば勝てるようになる⁉︎|初心者ポンド円トレーダーruekaのFXブログ
今回は私が実際にトレードで負け続けたことから学んだことをまとめてお伝えする記事となっています。 この記事を読むことによっ

最後に

初心者の方に超おすすめの無料の電子書籍の紹介です。

まずは無料で勉強できる範囲で始めてみるのはいかがでしょうか?
FX投資マスターガイドではFXの基礎が学べます。
FX投資マスターガイドで基礎をしっかり学べばFXの入門書籍を買わなくて済みます。
入門書を買わずに済んだお金で違う書籍を買うのも良し、FXの証拠金に当てるのでも良いと思います。

入門書を書こうか悩んでいる方はFX投資マスターガイドの記事を読んでダウンロードしてみてください。

ぜひ下の記事を読んで無料の電子書籍をGETしてみてください!

初心者に超おすすめ!「FX投資マスターガイド」を読んだ正直な感想|初心者ポンド円トレーダーruekaのFXブログ
・「FX投資マスターガイド」?なにそれ怪しい… ・絶対ろくなこと書いてないでしょ。 ・また詐欺商材かよ。 ってこの記事を
rueka
rueka
最後まで読んでいただきありがとうございました!

今月・生涯収支

今月の収支+19,910
(+170.3pips 月利5.60%)

生涯収支 +75,768

https://ruekafx.com/dokugaku-syuhou/
https://ruekafx.com/fxtousimasutagaido-kansou/
https://ruekafx.com/fx-benkyouhou/
https://ruekafx.com/trade-sinrigaku-osusume/
https://ruekafx.com/fx-jikandukuri/
https://ruekafx.com/fx-nanpin/

にほんブログ村 為替ブログへ

[紹介元] 初心者ポンド円トレーダーruekaのFXブログ 【収支公開】週間収支報告10/31〜11/4(+170.3pips)

収支公開 週間収支報告10 3111

【活動報告】 定款改定にともない、ASKのホームページを11月末に全面刷新を行ないました。ネット・スマホ依存、ギャンブル依存のページ、支部とASK加盟の地域活動団体のページを新設しました。 4月に内閣府から厚生労働省に移管した「アルコール健康障害対策推進室」より、ASKに2つの事業委託がありました。11月の啓発週間での「厚労省主催の啓発フォーラムin東京」の企画運営と、「都道府県有識者(アドバイザー)派遣事業」です。これまで国の業務委託といえば入札業者でしたが、民間団体とのコラボに道を拓くことができました。なお、各地の関係者の働きかけにより、今年度の推進計画策定は20道府県。総計27道府県になりました(全体の57%)。 また、Be!の記事をきっかけに、アルコール・薬物・ギャンブルの家族連携がスタート。 飲酒運転防止インストラクターの総数は3558名になりました。

県収入証紙の売りさばき(小売販売)について、令和4(2022)年3月31日をもって足利銀行の本店及び全ての支店において廃止となり、コンビニエンスストア(ファミリーマート及びローソンの県内の一部店舗)において令和4(2022)年2月14日から開始されます。

・郵送物の到着の有無は、書留の追跡機能を活用し、到着や進捗状況の照会はご遠慮ください。なお、到着順に確認するため、副本返送・補正指示に相当の時間(最長2週間)を要する場合があります。

【活動報告】 ASKの長年の功績が評価され、10月の精神保健福祉全国大会において、日本精神保健福祉連盟会長表彰を受けました。 制定4年目に入った基本法は、新たな局面を迎えています。関係者会議で苦労してまとめた、「アルコール健康障害対策推進基本計画」が5月31日に閣議決定しました。都道府県の推進計画は、今年度は6府県が策定。基本法の事務局は、2017年度に厚生労働省に移管することが決定。第二期関係者会議も招集され、代表の今成をはじめASK運営委員が3名入りました。 飲酒運転防止インストラクターは3,192名と、ついに3,000名を超えました。地域啓発事業として全国11ヵ所で公開スクーリングを実施、自動車教習所での若者向け啓発も進めています。

【活動報告】 2回の「依存症予防教育アドバイザー養成講座」を実施し、アルコール・薬物・ギャンブルの当事者・家族・支援者のバックグラウンドをもつ64名のアドバイザーを認定しました。準備段階の0期から通算で104名となったアドバイザーたちからの報告を集計したところ、年間に実施した講座数は210、開催地は33都道府県にのぼりました。 アルコール健康障害対策推進計画は、今年度末までに46都道府県が策定を終え、和歌山県を残すのみになりました。厚生労働省の委託事業で、宮崎県と宮城県にアドバイザーを派遣しました。関係者会議は第二次基本計画策定に向け、4回開催されました。 また、筑波大学が厚生労働省から受託した調査で、地域連携の好事例の収集、民間団体調査、啓発週間についての意見集約などを受け持ちました。 養成した飲酒運転防止インストラクターの総数は4497名に。航空会社からの参加が増えています。定期航空協会や航空会社へのコンサルテーションも実施しました。 大学2年生の急性アルコール中毒死について、警察の送検を受け、検察に意見書を提出しました。検察は初めて上級生らに過失致死罪を科しました。 これらの活動の傍ら、11月から事務所の移転先探しを始め、1月に、サイズは小さめながら納得のいく事務所が見つかりました。新型コロナ感染防止による集会自粛の中、引っ越し準備に追われました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました