来週のドル円相場はどうなる?11/7週のイベント予定

FXブログ
来週のドル円相場はどうなる?11/7週のイベント予定

来週のドル円関連重要イベント

11月7日(月)からの一週間、ドル円関連の重要イベントは次のものが予定されています。

11/9(水):【日本】9月国際収支・貿易収支 11/10(木):【アメリカ】10月消費者物価指数(CPI)、前週分新規失業保険申請件数、前週分失業保険継続受給者数 11/11(金):【アメリカ】11月ミシガン大学消費者態度指数・速報値

9日に発表される貿易収支は、輸出による受け取り額から輸入による支払い額を差し引いたものです。前回発表された8月の貿易収支は原油などの輸入価格上昇により2兆4906億円の赤字となっており、膨らむ貿易赤字は昨今の急激な円安と関連が深いとして懸念されています。貿易収支が予想を上回る赤字となれば、一段と円安が進む可能性があります。

10日に発表されるアメリカの消費者物価指数(CPI)は、消費者が購入する商品やサービスの価格の平均的な動きを測定したものです。インフレの実態を見極めるのに利用される指標で、金融政策を見通す上で非常に重要です。アメリカのインフレの根強さが示されるような結果であった場合、やはり円安がさらに加速することが予想されます。

10日はアメリカの失業保険の申請件数や受給者数に関するデータも発表予定です。アメリカの労働市場では人手不足から賃金が上昇しており、物価の上昇につながっていると指摘されています。そのため、これらのデータもアメリカのインフレの先行きを見通す上で重要です。

11日にはアメリカの11月ミシガン大学消費者態度指数・速報値が発表されます。これは米ミシガン大学が毎月調査・発表を行う消費者マインドを表す指標で、消費者が将来どの程度インフレを見込んでいるかを表す期待インフレ率などが含まれます。期待インフレ率はアメリカの金融政策を決定する上でも重視されるため、注目が集まります。

来週は円安の要因と関連が深いとされる指標が複数発表されます。中でも特に注目度が高いのは、10日22時半に発表される米消費者物価指数(CPI)です。これらの指標の結果がアメリカにおけるインフレの根強さや大幅な利上げの継続を示唆するものだった場合、日米の金利差拡大が意識され、再び急速な円安が進む展開も考えられます。

 

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 来週のドル円相場はどうなる?11/7週のイベント予定

来週のドル円相場はどうなる11 7週のイベント予定

来週の円相場は、対ドルで一段と円安が進む可能性がある。心理的な節目の1ドル=145円を前にした日本の金融当局によるけん制が円安進行を阻んでいるが、米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げやタカ派的な姿勢が145円突破の手がかりとなりそう。相場の予想変動率が高まる中、147円付近まで円安が進むリスクも意識されそうだ。

11月7日(月)からの一週間、ドル円関連の重要イベントは次のものが予定されています。 11/9(水):【日本】9月国際収支・貿易収支 11/10(木):【アメリカ】10月消費者物価指数(CPI)、前週分新規失業保険申請件数、前週分失業保険継続受給者数 11/11(金):【アメリカ】11月ミシガン大学消費者態度指数・速報値 9日に発表される貿易収支は、輸出による受け取り額から輸入による支払い額を差し引いたものです。前回発表された8月の貿易収支は原油などの輸入価格上昇により2兆4906億円の赤字となっており、膨らむ貿易赤字は昨今の急激な円安と関連が深いとして懸念されています。貿易収支が予想を上回る赤字となれば、一段と円安が進む可能性があります。 10日に発表されるアメリカの消費者物価指数(CPI)は、消費者が購入する商品やサービスの価格の平均的な動きを測定したものです。インフレの実態を見極めるのに利用される指標で、金融政策を見通す上で非常に重要です。アメリカのインフレの根強さが示されるような結果であった場合、やはり円安がさらに加速することが予想されます。 10日はアメリカの失業保険の申請件数や受給者数に関するデータも発表予定です。アメリカの労働市場では人手不足から賃金が上昇しており、物価の上昇につながっていると指摘されています。そのため、これらのデータもアメリカのインフレの先行きを見通す上で重要です。 11日にはアメリカの11月ミシガン大学消費者態度指数・速報値が発表されます。これは米ミシガン大学が毎月調査・発表を行う消費者マインドを表す指標で、消費者が将来どの程度インフレを見込んでいるかを表す期待インフレ率などが含まれます。期待インフレ率はアメリカの金融政策を決定する上でも重視されるため、注目が集まります。 来週は円安の要因と関連が深いとされる指標が複数発表されます。中でも特に注目度が高いのは、10日22時半に発表される米消費者物価指数(CPI)です。これらの指標の結果がアメリカにおけるインフレの根強さや大幅な利上げの継続を示唆するものだった場合、日米の金利差拡大が意識され、再び急速な円安が進む展開も考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました