サクマ式ドロップス製造元 廃業へ

FXブログ
サクマ式ドロップス製造元 廃業へ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 サクマ式ドロップス製造元 廃業へ

サクマ式ドロップス製造元 廃業へ

「サクマ式ドロップス」で知られる「佐久間製菓」が来年1月に廃業することが分かりました。 佐久間製菓は114年前の1908年に創業し、太平洋戦争で被害を受けたものの1948年に事業を再開しました。 赤色の缶に入った「サクマ式ドロップス」が看板商品で、アニメ映画「火垂るの墓」で主人公の妹がなめていたことでも知られています。 佐久間製菓によりますと、廃業日は来年1月20日です。 新型コロナによる販売減少や原材料価格などの高騰に加え、商品への価格転嫁が難しかったことが廃業の理由だということです。 なお、緑色の缶に入った「サクマドロップス」を販売するサクマ製菓は別会社で、今後も製造と営業を続けるとしています。

佐久間製菓は2023年1月20日に廃業すると取引先に通知したとのこと。廃業の理由として、コロナ禍の影響による販売減、原材料やエネルギー価格の高騰、人員確保の問題を挙げています。

なお、「サクマドロップス」を製造している別会社のサクマ製菓は、佐久間製菓廃業による影響はないと東京商工リサーチにコメントしています。

「サクマ式ドロップス」で知られる佐久間製菓が2023年1月に廃業すると、東京商工リサーチが伝えています。

緑色の缶の「サクマドロップス」は別会社が製造 「サクマ式ドロップス」を製造販売する佐久間製菓(株)(TSR企業コード:290060044、豊島区)が2023年1月20日に廃業すると取引先に通知した。

創業は明治41年(1908年)で、1948年に再興。「サクマ式ドロップス」は映画「火垂るの墓」にも登場しました。高い知名度を背景に事業を拡大させていたものの、安価製品との競合や他のヒット商品に恵まれなかったこと、コロナ禍による需要減も重なって財務内容が後退していたといいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました