ドル/円最新オーダー状況「値動き落ち着かず個人投資家は様子見、ドル/円は145円台で迷走」 2022/11/9 19:00

FXブログ
ドル/円最新オーダー状況「値動き落ち着かず個人投資家は様子見、ドル/円は145円台で迷走」 2022/11/9 19:00

f:id:gaitamesk:20220920112305j:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

値動き落ち着かず個人投資家は様子見、ドル/円は145円台で迷走

本日アジア時間からロンドン時間にかけてのドル/円は方向性の見定めづらい展開。米中間選挙の開票動向を横目に睨みながら、米金利の動きにシンクロして145.177円から145.896円の間で複数回上下動した。明日に米消費者物価指数の発表を控えていることもあってか、落ち着かない値動きだった。

オーダーは145.600円にストップ売り、145.900円から146円前半に少額の売りが並んでいる以外、目立つオーダーは見当たらない。積極的に取引を手掛けるプレーヤーが少なくわずかなフローでも値段が飛びやすい状況下で、個人投資家もオーダー設定には慎重なようだ。

ドル/円注文情報 19:00現在

※GFXなら直ぐに外為注文情報が確認できます。インストールはこちら
※注文情報「米ドル/円」 1メモリ=1,000,000通貨

高機能チャート+注文情報

高機能チャート 米ドル/円(60分足)

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル/円最新オーダー状況「値動き落ち着かず個人投資家は様子見、ドル/円は145円台で迷走」 2022/11/9 19:00

「2022年 ドル円はどのような展開を見せるのか

このあたりに注意して情勢を見極めていきながら米ドル円の取引を始めていきましょう。

現在の円安ドル高要因としては、米国での景気回復や財政出動によるインフレ・金利上昇、量的緩和の縮小が挙げられています。

ポイント 大きめの指値注文はないものの、売り指値注文のボリュームが多い。 本日のドル/円相場は、147円台半ばへと小幅高の展開。 週末を控え、介入警戒感もくすぶっている中、戻り売りを狙う向きが多いようだ。

当時アメリカではまだまだ景気が悪い状況が続くなか、ブッシュ減税や金融緩和が継続されており、これがドル安の後押しとなっていました。

ドル円を含む34もの豊富な通貨を扱っていることもあり、幅広い銘柄での取引に適していると言えるでしょう。

ポイント 149.95-150.00、150.20円に大きめの売り指値注文が確認できる。 本日のドル/円相場は、149.98円前後までじり高の展開。 本邦当局による為替介入への警戒感から、現値以上で戻り売りを狙う向きが多いようだ。

「2022年、ドル円はどのような展開を見せるのか。」

米ドル円に関する取引機会や重要な情報を見逃したくないという方は是非合わせて登録をしてみてください。

現在、銀行・証券各社の予想では円安ドル高水準で米ドル円が動いていく見通しなので、これらを参考にして取引方針を立ててみてください。

USD/JPY(ドル円)を高機能且つ高水準の環境で取引したい方は、ぜひSBI FXトレード公式サイトをチェックしてみてください。

次に、ドル円を取引するのに最適なFX会社を紹介します。

個人投資家がアメリカに投資したい、ということはアメリカの企業が比較的好調だから、と考えられます。旅行に行くからUSドルが欲しい、ということは治安的に安定していて観光の価値があるから、と考えられます。大きな企業がアメリカで仕事をする、ということは市場が活発化しているから、と考えられます。

この状況を受けて米国で早期利上げやテーパリングがあれば、ドル円は上昇(円安)に、逆に米経済がまた一段と落ち込んだ場合や日本の景気回復が追いつく場合は円高に進む可能性もあるといった状況です。

Invest Naviの公式LINEでは米ドル円に関する最新情報を会員限定で無料配信しております。

既存の0.25%から0.50%に引き上げ、2022年中は引き続き金融政策の引き締めを行っていくと考えられており、すべての外国為替に対して米ドル高の水準になるのではないかと言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました