<11月09日、更新2>、145円割れかどうかはCPI?

FXブログ
<11月09日、更新2>、145円割れかどうかはCPI?
<11月09日、更新2>

P&Fでは~
ドル円がショートサイン到達。
豪ドルドルがロングサイン到達。

日足P&Fの状況:(11月07日)~(11月11日)>に追記しました。

ドル円は145.19辺りまで下げましたね。
ショートにしてた分は145.30で先ほど利食い。
豪ドルドルのロングも同時に利食いしました。

昨日の記事で載せたドル円と豪ドルドルのチャートは両方ブレイクですね。
短期なので今朝がた早々に利食いしちゃいました。
やはりドル円の145.00がかなりカタイとみています。
逆に145円割り込めば素直にショートポジ作ればよいだけというわかりやすいドル円
だと思います。
ただ、ロングにするのはどうか疑問。
下値トライの圧力が強いのは確か。
ロングはCPI見てからでよいのではと考えてます。

P&Fをみると~
ドル円pf1109

もう一回上下繰り返してもおかしくない感じもします。
その場合でも145.00ラインが重要。
再度の上下がなくてこのまま145.00域を付ける場合もありえそう。
やはりCPIが重要になってきそうです。

(個人的な見解ですので、投資は自己責任でお願いします。)

[紹介元] ポイント&フィギュアでFX <11月09日、更新2>、145円割れかどうかはCPI?

11月09日 更新2 145円割れかどうかは

今年に入り円高ドル安が進み、足元では110円を割り込んでいる。従来、ドル円は米長期金利との連動性が強く、米金利低迷がドル高を抑制してきたが、最近は利上げ観...

ドル円は、6月に入って米利上げ加速観測や米朝関係進展期待によるリスク選好の円売りなどからやや円安ドル高に向かい、足元は110円台後半で推移している。今後も...

2021年9月末の個人金融資産残高は、前年比108兆円増(5.7%増)の1999.8兆円となり、5期連続で過去最高を更新した。年間で見た場合、資金の純流入...

11月に入り、米中協議の進展期待に伴うリスクオンの円売りや米経済指標改善に伴うドル買いによってドル円はやや上昇したが、ドルの上値は重く、膠着状態が続いてい...

米11月PMI速報値を受けての、マークイット社のエコノミストさんのコメントが素晴らしいので掲載します。

今月のドル円は月初にオミクロン株への楽観台頭に伴うリスク選好の円売りや、米利上げ前倒し観測によるドル買いを受けて一旦116円台までドル高が進んだ後に反転し...

【環境認識】 長期:日足 下降トレンド 安値更新 200SMAレートより上 中期:4時間足 下降トレンド レッドチャネル上限にタッチしたことによってグリーンチャネルの可能性もあると見てチャネルを引いていた ここを下抜けしてきており、ローリバ 短期:1時間足 上昇トレンド 4時間足200SMA付近に到達し、上昇が緩やかになってきている 【戦略】 ショート目線 ショートエントリー済み(レート0.67260)打診エントリー (根拠) 長期:下降 中期:下降 短期:上昇 ・中期グリーンチャネルを下抜けし、ローリバしている ・グリーンチャネル下限に到達とほぼ同時に4時間足200SMA付近に到達しレジスタンスとして機能すると判断 利確→直近安値よりやや手前 損切り→高値更新、レッドチャネル上限を実体で上抜け ただし、...

政府は11月の月例経済報告にてデフレ認定を行ったが、現在の物価情勢は2000年度の状況と似通った面がある。当時は以後長期にわたってデフレが続いたが、今回も...

11月に入り、ドル円は米国の12月利上げ観測などから一時114円台に乗せたが、その後、中国不安や米ハイテク株安に伴うリスクオフの円買い、FRB要人発言を受...

3月短観では、資源高に伴う原材料価格高騰や自動車等での半導体不足・オミクロン株拡大による減産が下押し材料となり、大企業製造業の業況判断DIが14と前回12...

8月11日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、7月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比6.37%と前月(同6.49%)からやや縮小した。貸出残高...

2021年初の金融市場では、先行きへの楽観が強まり、株価が連日で高値を更新する展開となった。また、じわりと進んできた円高もとりあえず一服した。ただし、内外...

3月に入り、ドル円はほぼ111円台での膠着した推移を続けている。主に米中通商交渉進展観測に伴うリスクオンの円売りが円安材料となった一方で、米利上げ休止観測...

WTI先物は11月以降上昇を続け、足元では新型コロナ拡大前の昨年1月下旬以来の高水準にあたる56ドル台にまで回復している。昨年秋以降に欧米などでコロナ感染...

5月14日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、4月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.54%と前月改定値(同2.46%)からやや上昇した。上...

コメント

タイトルとURLをコピーしました