ドル円146円台で小幅な値動き 間もなく発表の米CPI(消費者物価指数)が焦点に

FXブログ
ドル円146円台で小幅な値動き 間もなく発表の米CPI(消費者物価指数)が焦点に

ドル円146円台前半 米CPI控え小幅な値動き

9日、ドル円は投開票中の米中間選挙や米消費者物価指数(CPI)の発表を前に積極的な取引を控えるムードとなり、朝から夜にかけて145円台で方向感なく推移していましたが、同日22時頃から10日未明にかけて、米長期金利の上昇などを背景に一時146円台後半まで上昇しました。

本日東京時間は重要指標である米消費者物価指数(CPI)の発表を前に小幅な値動きで推移しています。

米中間選挙は長期戦へ 今夜発表の米CPIに注目

8日から投票が始まった米中間選挙では予想に反して民主党が善戦していると報じられており、一部の激戦州で決選投票にもつれ込むなど、大勢が判明するまで時間を要する見込みとなっています。

共和党が議会で多数派党となることで今後バイデン政権の政策実行が難しくなり、ドル下落を招くとの予想もありましたが、結果判明までに時間を要する見通しとなったことで市場の関心は今夜発表の米消費者物価指数(CPI)に移りつつあります。

本日22時半に発表される米消費者物価指数(CPI)では、アメリカの物価変動の実態が示されます。今年3月以降急速に進んだ円安はアメリカにおける物価上昇と関連が深く、CPIでアメリカのインフレ収束の兆候が示されるかどうかに大きな注目が集まっています。

 

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円146円台で小幅な値動き 間もなく発表の米CPI(消費者物価指数)が焦点に

ドル円146円台で小幅な値動き 間もなく発表の米CPI 消費者物価指数

9日、ドル円は投開票中の米中間選挙や米消費者物価指数(CPI)の発表を前に積極的な取引を控えるムードとなり、朝から夜にかけて145円台で方向感なく推移していましたが、同日22時頃から10日未明にかけて、米長期金利の上昇などを背景に一時146円台後半まで上昇しました。 本日東京時間は重要指標である米消費者物価指数(CPI)の発表を前に小幅な値動きで推移しています。

1ドル=147円66銭は1990年8月以来、32年ぶりの円安・ドル高水準となる。日本経済は1991年にバブル崩壊を経験しているが、その入り口となった1990年の水準まで円の価値が落ち込んだわけだ。

9月の消費者物価指数(CPI)は前年同月より8.2%上昇した。これは、事前の市場予想(8.1%上昇)を上回り、約40年半ぶりの大きさとなった6月の9.1%から3か月連続で縮んだ。だが、なお高い水準にあることは間違いない。

そんなデータから、「足下に世界同時不況が来ているのに、米国に金融政策が危機を招いている」と批判するのは、野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミストの木内登英氏だ。リポート「近づく世界同時不況の足音:強まるドル高の弊害と国際協調の揺らぎ(IMF世界経済見通し)」(10月12日)のなかで、FRBのタカ派姿勢によってドルの1強状態になり、金融の国際協調が揺らいでいるとの論調で、こう指摘した。

8日から投票が始まった米中間選挙では予想に反して民主党が善戦していると報じられており、一部の激戦州で決選投票にもつれ込むなど、大勢が判明するまで時間を要する見込みとなっています。 共和党が議会で多数派党となることで今後バイデン政権の政策実行が難しくなり、ドル下落を招くとの予想もありましたが、結果判明までに時間を要する見通しとなったことで市場の関心は今夜発表の米消費者物価指数(CPI)に移りつつあります。 本日22時半に発表される米消費者物価指数(CPI)では、アメリカの物価変動の実態が示されます。今年3月以降急速に進んだ円安はアメリカにおける物価上昇と関連が深く、CPIでアメリカのインフレ収束の兆候が示されるかどうかに大きな注目が集まっています。

ブルームバーグによると、ナットアライアンス・セキュリティーズのインターナショナル債券責任者のブアンドルー・ブレナー氏が、「ぞっとするようなCPIの数字だ。米金融当局は1%の利上げを実施するのだろうか」と語っている。

ロイター通信によると、JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)が、今のところ消費者の懐具合はしっかりしているので、あと9か月は経済の堅調が見込めるとしながら、「(4.5%を超える量的引き締めと、心もとないエネルギー供給が)非常に大きな波乱要素としてまさにわれわれの前途に待ち受けており、たやすくリセッション(景気後退)の原因となりかねない」と述べた。

10月13日の外国為替市場では円安が加速、一時1ドル=147円66銭を付けた。政府・日本銀行が9月に円買いドル売りの為替介入に踏み切った1ドル=146円前後の「防衛ライン」を突破してしまった。

このため金融市場場では、米連邦準備理事会(FRB)が11月に0.75%、さらに12月にも0.75%と大幅利上げを継続するとの見方が強まり、日米の金利差が意識されて一気にドル買い円売りの動きが広まった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました