ドル/円最新オーダー状況「どれもサイズは小さい、ドル円146円前半で膠着感強い」 2022/11/10 19:00

FXブログ
ドル/円最新オーダー状況「どれもサイズは小さい、ドル円146円前半で膠着感強い」 2022/11/10 19:00

f:id:gaitamesk:20220920112305j:plain

指値・ストップ注文のレート水準と数量がわかる「外為注文情報」から今後のポイントを探ります。

どれもサイズは小さい、ドル円146円前半で膠着感強い

本日アジア時間からロンドン時間にかけてのドル/円は、146.052円~146.507円と狭い値幅で振幅した。米消費者物価指数の発表を前に、積極的に動く投資家は少なかったようだ。

オーダーは9日高値(146.792円)レベルに売りが集まっているほか、146.200円付近に少し買いが観測される。ただ、どれもサイズは小さく、個人投資家は米経済指標の結果を見極めて動き出す計画のようだ。

ドル/円注文情報 19:00現在

※注文情報「米ドル/円」 1メモリ=1,000,000通貨
※スマートフォンアプリ「外貨ネクストネオ GFX」
※GFXなら直ぐに外為注文情報が確認できます。インストールはこちら

高機能チャート+注文情報

高機能チャート 米ドル/円(60分足)

 

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

「為替チャート|米ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析|米ドル/円(USDJPY)」はこちら
PC:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced.html
スマホ:https://www.gaitame.com/markets/chart/advanced_sp.html

【PR】昨今の為替のニュースでFXに興味を持った方におすすめ!初心者向けセミナーを開催予定!

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル/円最新オーダー状況「どれもサイズは小さい、ドル円146円前半で膠着感強い」 2022/11/10 19:00

保護主義的な姿勢が示されることで ドル売り圧力も

JPモルガン・チェース銀行 佐々木融市場調査本部長 「アメリカの利上げが6%を超える水準まで進むと想定すると、今後、1ドル=155円ぐらいまで円安が進む可能性がある」

1985年に日米欧の主要5か国がドル高の是正で政策協調した「プラザ合意」以降、急速に進んでいた円高にも歯止めがかかり、この年の1月、1ドル=142円台だった円相場は、4月に160円台まで値下がりしました。

世界の外国為替取引で圧倒的なシェアを誇る基軸通貨。2016年に国際決済銀行(BIS)が行った調査では全取引の87.6%がドル関連(ドル円、ユーロドル、豪ドルドルなど)となっている。2位ユーロの31.4%、3位日本円の21.6%を大きく引き離している(為替取引は一回の取引でドル円など2通貨が必要となるため、全体の合計は200%となる)。そのため、経済指標・要人発言などの注目度は他の国・地域よりも圧倒的に高い。 他の先進国に先駆けて景気回復に成功し、2015年12月から利上げ局面に入っている。順調な利上げでかつて高金利通貨といわれた豪ドルやNZドルよりも金利が高い状況となっている。 トランプ政権樹立後は、政治的な情勢も相場に影響が出ている。保護主義的な姿勢が示されることで、ドル売り圧力も。 かつては有事のドル買いといわれ、紛争など世界的にリスク警戒感が強まる場面では買いが出ていた。湾岸戦争以降、米国が紛争当事国となるケースが増え、その役割が弱まったが、ここにきて役割が回復してきており、有事に強い円を除いて、ドル高になるケースが見られる。

世界の政治経済の中心であり、世界中の様々な材料がドル相場に関係してくる。ただ、基本的には米国の材料で動くことが多い。NY株式市場や同債券市場動向などにも要注目。 経済指標への注目度は、他の通貨を圧倒しており、月初の雇用統計発表は世界中の投資家が注目する一つのイベントとなっている。 中銀の独立性が確立されていることもあり、政府要人よりもFRB関係者の発言が重視される傾向が続いていたが、トランプ政権樹立後は、政治関連の発言が相場に与える影響力が強まっている。

前年からソニーによるアメリカの映画大手「コロンビア・ピクチャーズ」の買収や三菱地所によるニューヨークの「ロックフェラーセンター」の買収など“ジャパンマネー”が市場を席けん。日本企業の間で大型買収に向けたドルへの需要が高まったこともあって、外国為替市場では円を売ってドルを買う動きが強まりました。

日銀の黒田総裁が記者会見で「当面、金利を引き上げることはない」と発言すると、円相場は1ドル=145円台後半まで値下がりしました。

こうした輸出物価や輸入物価の動向は、貿易取引に際して利用されている通貨の違いが大きく影響しているようです。先の教科書的な想定が事実であれば、日本の場合、輸出に際して利用されるのは円、輸入に際して利用されるのは外国通貨となるはずですが、第3図でも分かるように、輸入の場合には、想定通り円の比率が低く、外貨(特に米ドル)の比率が高くなっていますが、輸出の場合には、想定に反して円の割合が低く、外貨(ここでも特に米ドル)の比率が高くなっていることが分かります。

円の為替相場は、本年3月上旬から5月上旬にかけて大幅な円安傾向を示し、5月末時点でも円安水準を維持しています。1米ドル当たりの円レートで見ると、2月末に115.5円であったものが、4月末には130.6円になっており、この間の円の価値は11.6%も減少(減価)していることになります。

購入時に付与されるSHEIN のポイントは、金額1ドルにつき1ポイントが基本。プロフィールページでメールを確認したり、レビューを投稿したりすることでもポイントを貯められます。有効期限はポイントの種類により7日から3か月までさまざまなので、無駄にしないよう計画的に使いましょう。

これによって円相場は一時、1ドル140円台前半まで戻しました。

本日アジア時間からロンドン時間にかけてのドル/円は、146.052円~146.507円と狭い値幅で振幅した。米消費者物価指数の発表を前に、積極的に動く投資家は少なかったようだ。オーダーは9日高値(146.792円)レベルに売りが集まっているほか、146.200円付近に少し買いが観測される。ただ、どれもサイズは小さく、個人投資家は米経済指標の結果を見極めて動き出す計画のようだ。

そして、この発言の直後に政府・日銀は急速な円安に歯止めをかけるため24年ぶりにドルを売って円を買う市場介入に踏み切りました。

もしそれが事実であるとすれば、日本の場合、円建ての輸出価格が固定されているので、円安があれば、それは外国通貨建て(例えば米国ドル建て)の輸出価格の低下となって表れてくるはずだということになるはずです。つまり、円安があっても、円建ての輸出価格は安定しており、それに比して外国通貨建ての輸出価格は為替の影響で大きく変動するはずだということになります。しかし、第1図が示しているように、輸出物価指数を見ると、むしろ円ベースの輸出物価の方が契約通貨ベースの輸出物価よりも為替レートの影響を大きく受けているように見えます。

ドル円、短期的には140円付近が上値のメドに=ロンドン為替 ロンドン午前の取引で、ドル円は140円台割れから一時138.78レベルまで急落した。その後は下げ一服となっているが、戻りは140.00付近で上値を止められている状況。足元では139.30台なで再び軟化している。この後の時間帯は140円付近が上値メドして注目されよう。 ユーロドルは1.0295レベルに本日の高値を更新。前日の米CPI発表後の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました