ドル円米CPI受け急落、円高へ 今夜再び変動の可能性も

FXブログ
ドル円米CPI受け急落、円高へ 今夜再び変動の可能性も

ドル円急落 米CPI(消費者物価指数)伸び率鈍化で

10日夜、注目されていた米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ったことからドル円は急落し、本日早朝にかけて一時140円台前半まで値を下げました。

10日22時半に発表された米消費者物価指数(CPI)は前年同月比で7.7%の上昇となり、前月の上昇率8.2%を下回り、8.0%程度とされていた市場予想も下回りました。この結果を受けてアメリカの利上げのペースが減速するとの見方が強まり、一気に円高が進みました。

CPIの結果が予想以上に低かったことはインフレの緩和を示唆すると受け止められ、来月行われるアメリカの金融政策決定会合(FOMC)で利上げ幅が縮小されるとの予想が広がっています。今後実際に利上げ幅の縮小や利上げ停止のタイミングが訪れれば、さらに円高方向へ大きく変動する可能性もあり、アメリカの金利の動向に大きな注目が集まっています。

今後再び変動も?FXの取引チャンスとなる可能性も

本日24時には米11月ミシガン大学消費者態度指数・速報値の発表も行われます。これはアメリカの消費者マインドを表す指標で、アメリカの金融政策を決定する上でも重視されます。CPIに続き本指標でもインフレ緩和を意識させる結果が示された場合、一段と円高が進む可能性もあり、市場関係者は結果を注視しています。

また、最重要視されるのは来月の米FOMCで、ここで利上げのペースに市場予想の範囲を超える大きな変化が見られた場合、相場に大きな影響を与えることは確実です。

通貨の値動きによる利益を狙うFXでは、値動きが大きいほど利益を得るチャンスが増大します。今年3月以降急速に進んできた円安がここに来て大きな転換点を迎えつつあるとの見方から、ドル円相場の大きな変動とそれに伴う利益を見込んでFXの取引を行う市場参加者も多いようです。

 

●免責事項 本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円米CPI受け急落、円高へ 今夜再び変動の可能性も

ドル円米CPI受け急落 円高へ 今夜再び変動の可能性も

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下。CPI発表後には0.6%上昇する場面もあった。ニューヨーク時間午後4時22分現在、ドルは対円で0.3%高の1ドル=147円27銭。ユーロは対ドルで0.8%高の1ユーロ=0.9776ドル。ポンドは対ドルで2%高の1ポンド=1.1324ドル。

外国為替市場では、ポンドが一時2020年3月以来の大幅高。英当局者らが大型減税計画に関して方向転換を作業中との報道が背景。一方、円は対ドルで32年ぶり安値を付けた。米CPIが予想を上回ったことを受けてドルが一時急伸した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は、前日比1.84ドル(2.1%)高の1バレル=89.11ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント12月限は2.12ドル高の94.57ドル。

ダウ工業株30種平均は827.87ドル(2.8%)上げて30038.72ドル。ナスダック総合指数は2.2%上昇。

金スポット相場は下落。米CPI発表後には9月下旬以来の大幅安となる場面があった。しかし、その後にドルが一転下落したことで、ドル建てで取引される金は下支えされ、下げを縮小する展開となった。

スポット価格はニューヨーク時間午後2時24分現在、前日比0.2%安の1オンス=1669.22ドル。一時は1.8%安となっていた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限はほぼ変わらずの1677ドルちょうどで終了した。

10日夜、注目されていた米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ったことからドル円は急落し、本日早朝にかけて一時140円台前半まで値を下げました。 10日22時半に発表された米消費者物価指数(CPI)は前年同月比で7.7%の上昇となり、前月の上昇率8.2%を下回り、8.0%程度とされていた市場予想も下回りました。この結果を受けてアメリカの利上げのペースが減速するとの見方が強まり、一気に円高が進みました。 CPIの結果が予想以上に低かったことはインフレの緩和を示唆すると受け止められ、来月行われるアメリカの金融政策決定会合(FOMC)で利上げ幅が縮小されるとの予想が広がっています。今後実際に利上げ幅の縮小や利上げ停止のタイミングが訪れれば、さらに円高方向へ大きく変動する可能性もあり、アメリカの金利の動向に大きな注目が集まっています。

本日24時には米11月ミシガン大学消費者態度指数・速報値の発表も行われます。これはアメリカの消費者マインドを表す指標で、アメリカの金融政策を決定する上でも重視されます。CPIに続き本指標でもインフレ緩和を意識させる結果が示された場合、一段と円高が進む可能性もあり、市場関係者は結果を注視しています。 また、最重要視されるのは来月の米FOMCで、ここで利上げのペースに市場予想の範囲を超える大きな変化が見られた場合、相場に大きな影響を与えることは確実です。 通貨の値動きによる利益を狙うFXでは、値動きが大きいほど利益を得るチャンスが増大します。今年3月以降急速に進んできた円安がここに来て大きな転換点を迎えつつあるとの見方から、ドル円相場の大きな変動とそれに伴う利益を見込んでFXの取引を行う市場参加者も多いようです。

金融政策の手掛かりとなる米10月消費者物価指数(CPI)の発表を今夜に控え、香港市場でも投資家はリスクを取りにくくなると予想する。加えて、中国本土で新型コロナウイルスの感染が再拡大しており、防疫措置に伴う経済活動の鈍化が警戒されるだろう。

TDセキュリティーズのシニア外為ストラテジスト、メイゼン・アイサ氏は「注目すべきなのは水準ではなく、ボラティリティーだ」と指摘。「ドル・円相場のボラティリティーは、ここしばらくと比較してかなり落ち着いている。よって緊急に行動を起こす必要性はない」と語った。

このCPI統計に米国金融市場は大きく反応し、株高、債券高、ドル高が一気に進んだ。10日のダウ平均株価は前日比1,200ドルの大幅高となった。またドル円レートは、146円台前半から140円台前半へと一時6円近くも円安修正が進んだ。

ドル・円相場は147円台前半に上昇。CPIに反応して一時は147円67銭と1990年以来のドル高・円安となった。ただ、その後は一気に円高方向に振れる場面もあり、介入があったのではとの見方も一部で浮上した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました