FX/為替「ドル/円、売られ過ぎの領域からどこまで戻せるかが焦点」 外為トゥデイ 2022年11月11日号

FXブログ
FX/為替「ドル/円、売られ過ぎの領域からどこまで戻せるかが焦点」 外為トゥデイ 2022年11月11日号

外為トゥデイ

主要通貨ペア(ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円)について前営業日の値動きをわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

作成日時 :2022年11月11日9時00分
執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

目次

▼10日(木)の為替相場
(1):日銀総裁・首相会談
(2):米10月CPI 予想を下回りドル円急落
(3):米複数の要人発言
(4):米外国為替報告書発表

▼10日(木)の株・債券・商品市場

▼外為注文情報/ ▼本日の見通し/ ▼ドル/円の見通し:どこまで値を戻せるか/ ▼注目の経済指標/ ▼注目のイベント

10日(木)の為替相場

期間:10日(木)午前7時10分~11日(金)午前6時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):日銀総裁・首相会談

黒田日銀総裁と岸田首相が官邸で会談。内外経済や金融市場の不確実性が極めて強い中で、政府と日銀が密接に連携し、経済・物価情勢に応じて機動的な政策運営を行っていく方針を確認。黒田総裁は、賃上げを伴う物価安定目標の実現に向けて金融緩和を継続していくことも説明したと述べた。為替相場に関しては「最近のような一方的で急速な円安の進行は経済にとって好ましくない」と述べ、日銀として「金融・為替市場には十分注視していく」と説明。為替について首相から特にコメントはなかったという。

(2):米10月CPI 予想を下回りドル円急落

米10月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.4%、前年比+7.7%と予想(+0.6%、+7.9%)を下回った。変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数も前年比+6.3%と予想(+6.5%)を下回り、40年ぶりの高水準だった9月(+6.6%)から減速した。米連邦準備制度理事会(FRB)が12月の会合で利上げペースを緩めるとの期待が一気に高まり、米長期金利の低下とともにドル売りが優勢となった。ウォール・ストリート・ジャーナル紙の著名記者が「10月のCPI統計は、FRBが50bp(0.50%ポイント)への利上げ減速に向けて順調に進んでいることを示している」とSNSで発信したこともドル売りを後押しした。なお、同時に発表された新規失業保険申請件数は22.5万件と予想(22.0万件)をやや上回り前週(21.8万件)から増加した。ユーロ/円などのクロス円は、ユーロ/ドルなどのストレートドルの上昇で一時強含んだが、ドル/円が下げ幅を拡大するとつれて反落した。

(3):米複数の要人発言

ローガン米ダラス連銀総裁は「利上げペースの減速が近く適切になる可能性」「CPIは歓迎すべきデータだが先はまだ長い」と発言、その後、デイリー米サンフランシスコ連銀総裁は「1カ月の指標で勝利とは言えないものの、非常に良いニュースであった」と述べた。一方でクリーブランド連銀のメスター総裁は「インフレの上振れリスクは残っている」とした上で「今後も利上げを継続していく必要がある」との認識を示した。

(4):米外国為替報告書発表

米財務省はこの日発表した半年に1度の外国為替報告書で、為替操作国の認定を今回も見送った。1998年以来となる日本の円買い介入については一定の寛容姿勢を示したものの、スイスや中国については批判を示した。

10日(木)の株・債券・商品市場

ドル/円 外為注文情報(FX板情報・オーダー状況)

<外為注文情報はこちら>

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(無料)では「取引分析」 を選択することで、チャート上に注文情報の表示が可能です。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

 

人気通貨ペア 本日の予想レンジ

ドル/円の見通し:どこまで値を戻せるか

昨日のドル/円は終値ベースで約3.7%の大幅下落。一時は9月5日以来の安値となる140.19円前後まで下値を広げた。米10月消費者物価指数(CPI)の伸びが予想以上に鈍化したことで米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの観測が高まった。

もっとも、CPIは鈍化したとはいえ前年比+7.7%の高水準だ。FRBのインフレ目標が2%であることを踏まえると、利上げペースが緩んでも利上げの停止が見通せる状況にはない。CPIを受けた大幅かつ急激な米債高(金利低下)とドル安は行き過ぎの反応であろう。

ドル/円はボリンジャーバンドの-3シグマをも超えて下落しており、一時的に「売られ過ぎ」の水準と判断できる。今朝は142円付近まで反発しており、この後もどこまで値を戻せるかが焦点となりそうだ。戻りのメドとしてはボリンジャーバンド-2シグマの142.50円付近、昨日の下落幅の半値戻し143.39円前後などが挙げられる。仮に142.50円前後すら超えられないようだと、逆に戻りの鈍さが意識される可能性もある。

本日の値動きは目先の相場展開を読む上でも重要なポイントになりそうだ。注目材料は、米11月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値で示される5-10年期待インフレ率(予想、前回ともに2.9%)だ。

注目の経済指標:英16時 複数の経済指標

注目のイベント:ユーロ圏 要人発言

※時間は日本時間での表示になります。
※「注目の経済指標」「注目のイベント」は注目度が高い順に「◎」「○」「無印」で表示しております。
※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

kanda.jpg

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「ドル/円、売られ過ぎの領域からどこまで戻せるかが焦点」 外為トゥデイ 2022年11月11日号

FX 為替 ドル

FXは売りからも取引できるため、円安傾向の時のみならず円高傾向の時においても、為替ヘッジをすることができます。

FXは一般的な外貨商品に比べ、スプレッド(買値と売値の幅)が比較的狭く設定されていますので、為替ヘッジコストが割安です。

FXでは通貨ペアを売るときの値段(Bid)と買う時の値段(Ask)に差があります。この差額を「スプレッド」といいます。

Aさんは米国株式Bを株価:100米ドル、1米ドル=80円で100株購入すると同時に、FXで株式購入金額と同額分の為替ヘッジを行なうことにしました。

どのような金融商品にもリスクがありますが、FXの場合、思惑とは逆の方向へ相場が動くと損失が発生します。FX取引による損失を限定する為に、一定の損失が発生すると、取引を強制的に終了する「ロスカット」というルールがありますが、為替相場の状況によっては、口座に残る残金が一定より少なくなってしまったり、場合によってはマイナスになってしまう可能性もゼロではありませんので、いずれにしても、ゆとりのあるお取引がとても大切です。なおロスカットのルールは、 FX会社やコースによって様々ですので、事前に確認しましょう。

「日興FX」で取引を行うには、証券口座(ダイレクトコース)が必要です。

パソコンを利用した取引が主流ですので、なにより操作が簡単で、分かりやすいFX会社がおすすめです。デモ口座など、事前に練習のできるサービスや、情報コンテンツやセミナーなどが充実しているとより始めやすいと思います。また、勘に頼る取引ではなく、専門家の意見を聞いたり学んだり出来るサービスがあれば、長くFXと付き合っていけると思います。

FX取引を行うにあたっては、クリスマスや年末年始など市場全体の取引量が低下する時期や、重要な経済指標が発表される直後などで、レートが急変した場合にスプレッドが広がりやすくなることを認識しておくことが重要です。

そこでCさんは豪ドル建債券Dの購入予定代金(200万円)とは別に20万円を用意し、1豪ドル=80円にてFXで為替ヘッジを行なうことにしました。

FX と聞くと、 難しい、 リスクが高いというというイメージを 持たれる方も多くいらっしゃるかと思いますが、実はルー ルはとてもシンプルで、比較的少額から始めることが出 来る投資商品でもあります。 まずはデモ口座などで練習 することから始めてみてはいかがでしょうか。 為替を知る と、日々のニュースはもちろん、海外旅行や輸入品など のショッピングがより身近に感じられるかも知れません。

以上を踏まえ、FX初心者におすすめする通貨ペアは、「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」「ユーロ/円」です。是非参考にしてみてください。

これからFXを始める人にとって、一番取引しやすいといえる通貨ペアは米ドル/円です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました