豪ドル/円 NZドル/円 週間為替見通し「豪雇用は堅調さをアピールできるか?豪ドル/円は引き続き米国注視!?」ハロンズ 2022/11/12

FXブログ
豪ドル/円 NZドル/円 週間為替見通し「豪雇用は堅調さをアピールできるか?豪ドル/円は引き続き米国注視!?」ハロンズ 2022/11/12

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
Twitter:@gaitamesk_naka
日々、為替情報発信中!

目次

 

豪雇用は堅調さをアピールできるか?豪ドル/円は引き続き米国注視!?

今週の振り返り

先週末に「中国がゼロコロナ政策の緩和を検討している」との報道を受けて期待先行のリスクオンとなりました。ところが週末に中国当局が「ゼロコロナ政策は維持する」と発表したため、今週の豪ドル/円は94.38円前後、NZドル/円は86.33円前後とともに前週末終値(豪ドル/円94.92円前後、NZドル/円86.96円前後)から大きく下落して週初を迎えました。その後、11月8日に米中間選挙(開票は日本時間9日)、10日に米10月消費者物価指数(CPI)と市場の注目を集める米国の2大イベントを前に米ドル売り調整が持ち込まれたことで、豪ドル/円は95.19円前後、NZドル/円は87.22円前後まで上値を伸ばしました。米10月CPIでは市場の予想以上に米国のインフレが鈍化していたことで、米連邦準備制度理事会(FRB)が12月に利上げ幅を縮小するとの思惑が台頭。米ドルが広範囲に売られました。特に米ドル/円の下落幅が大きかったことから、豪ドル/円は92.91円前後、NZドル/円は84.62円前後まで下落することとなりました。
また、中国は7日に10月貿易収支、9日に10月CPIと10月生産者物価指数(PPI)を発表。貿易収支では予想を下回る貿易黒字額だったほか、2020年5月以来はじめて輸出と輸入がともに前年から減少しました。10月CPIは市場予想の前年比+2.4%を下回る+2.1%(前月+2.8%)、PPIは市場予想の-1.5%を上回ったものの-1.3%(前月0.9%)となりました。どの指標結果を見ても、中国の景気後退を連想させるものだったと思います。

注目の豪労働市場指標

来週は2つ豪州の労働市場の経済指標が発表されます。16日の豪7-9月期四半期賃金指数(WPI)と17日の豪10月雇用統計です。4-6月期のWPIは前年比+2.6%と前期(+2.4%)を上回る伸びを見せましたが、予想(+2.8%)には届きませんでした。他方で、5月に政権交代を果たしたアルバニージー政権は、公約通りに7月1日から最低賃金の大幅な引き上げを実施しました。この影響も加味して市場では+3.0%の伸びを予想しています。豪7-9月期CPIが+7.3%まで大幅に上伸していました。相応の賃金の伸びが見られない場合には、インフレの伸びに賃金の伸びが追い付かないため、家計が消費を抑えること、そして豪経済が減速に向かうことが連想されますので、豪ドルにとってはネガティブな材料となりそうです。
17日の豪雇用統計では、雇用の質に注目したいと思います。1978年に月次統計が開始されて以来、現在の豪州は労働参加率はほぼ最高水準にあり、失業率は最低水準(失業者が少ない)にあります。9月の雇用者数変化は+900人と市場予想を大きく下回りましたが、正規雇用者の増加分が非常勤雇用者数の減少分を上回ったためでしたので、悪くはない結果だったと思います(900人は驚きましたが、マイナスよりは遥かに良いですね)。10月の市場予想は雇用者数増減が+1.5万人、失業率と労働参加率はそれぞれ3.5%、66.6%と9月から横ばいになっています。各項目で大幅な改善が見られなくても、雇用の内容が良好であれば、高インフレ、高金利下でも豪州の景気がまだ耐えていられる、となりそうです。

米国の利上げ幅縮小観測が豪ドル買いを誘う

米国のインフレが市場予想以上に鈍化していたことで、FRBの利上げ幅縮小観測が高まっています。これまでは、12月の0.75%利上げのほか、ターミナルレート(今利上げサイクルの米政策金利の最高到達点)が5%~6%台まで上昇するとの予想が出ていました。ところが、インフレ率の鈍化幅が大きかったことから、12月の利上げ幅が0.50%に縮小されるとの思惑が高まりました。また、ターミナルレートについて市場の予想が4%台まで下方修正されました。そのため、米ドルが大半の通貨に対して下落することとなりました。来週も米国の経済指標の結果を受けてのFRBの利上げ幅に関する思惑が、豪ドル/円、NZドル/円の動きに大きく影響を与えそうです。基本的な考えとしては、FRBの利上げ幅縮小観測が高まると米金利は低下、株価は上昇、米ドルは売られることとなり、豪ドル/円、NZドル/円は買われるでしょう。これは10日の米10月CPI発表直後の動きと同じです。警戒しておきたいのは、米ドル売りが強まり米ドル/円が140円を割れた場合です。わかりやすい節目である140円を割れることで、米ドル/円の下落が加速する可能性があります。その場合は豪ドル/円、NZドル/円は米ドル/円の下落に連れて下がるのではないでしょうか。

豪ドル/円のテクニカル分析

豪ドル円は、日足一目均衡表の雲を明確に抜けきれずに反落となりました。来週も雲の上限が94.66円前後~94.82円前後に位置します。日々の終値で雲を上抜けることが出来れば、①日々線が雲を上抜け、②転換線が基準線の上(すでに達成)、③遅行線が日々線を上抜け(①が達成できれば達成しそう)となり、三役好転「買いのサイン」が点灯します。雲の上抜け攻防に注目となります。下値は、200日移動平均線が92円台まで上昇してきています。同線がサポートとして機能する一方で、下抜けた場合には売りが加速する可能性があります。その場合は直近の安値である90.85円前後に向けて下落する展開も頭に入れておきたいです。

【豪ドル/円 日足チャート・一目均衡表、200日移動平均線(青点線)】

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

予想レンジ:AUD/JPY:90.50-96.00、NZD/JPY:83.50-87.50

11/14 週のイベント:

11/15 (火) 09:30 豪 豪準備銀行(RBA)、金融政策会合議事要旨公表
11/15 (火) 11:00 中国 10月小売売上高
11/15 (火) 11:00 中国 10月鉱工業生産
11/16 (水) 09:30 豪 7-9月期四半期賃金指数
11/17 (木) 06:45 NZ 7-9月期四半期卸売物価指数(PPI)
11/17 (木) 09:30 豪 10月雇用統計

一言コメント:

プロ野球は2022年シーズンが終わりました。Jリーグもシーズンが終わりました。アメフト(NFL)は週末開催なので、この時期は平日に観るスポーツがなくて寂しい思いをしています。と思ったら、アイスホッケー(NHL)がありました!しかも月$10ドルらしい…どうしましょう?記憶が正しければ(と言うか変わってなければ)、各チーム1シーズン80試合近くあったはずです。私が観ていたのは20年近く前になるので、当時の選手はいませんが、贔屓のチームはあります。妻に怒られそうですが…(汗)

nakamura.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー社へ入社。8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、Twitterを通してFX初心者向けの情報発信を担当している。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 豪ドル/円 NZドル/円 週間為替見通し「豪雇用は堅調さをアピールできるか?豪ドル/円は引き続き米国注視!?」ハロンズ 2022/11/12

リスクセンチメントに敏感な豪ドルとNZドルは上昇

豪ドル/円は大きなレンジ相場と見ている人が多く、100円のラインも多くの相場参加者に意識されているんだワン!

国内の店頭FXで人気が高いですし、豪ドル関連の通貨ペアは初心者でも親しみやすいと思われます。

今週の豪ドル/円、NZドル/円はともに上昇。17日に英国のハント新財務相が、解任されたクワーテング前財務相が発表したトラス政権の大規模な減税政策のほとんどを撤回すると発表したこと、20日にはトラス英首相が一連の混乱の責任を取り辞任し、英政権を巡る不安が払拭されたことで、リスク選好の動きとなりました。リスクセンチメントに敏感な豪ドルとNZドルは上昇。米ドル/円がじりじりと上値を追い1ドル=150円台まで上昇する展開だったことも後押しとなり、豪ドル/円は95.15円前後までNZドル/円は85.95円前後まで上値を伸ばしました。また、中国当局が入国者に対するコロナ隔離期間の短縮を検討していることが伝わったことも、豪ドル、NZドルにとって支援材料となりました。

-ポンド円の場合--(例)ポンド円200万通貨の新規約定の場合、キャッシュバック額は2,000円となります。(例)ポンド円300万通貨の新規約定の場合、キャッシュバック額は6,000円となります。(例)ポンド円300万通貨の新規約定の場合、キャッシュバック額は2,000円+6,000円とはならず、対象のキャッシュバック額の6,000円となりますのでご注意ください。(例)ポンド円105,000万通貨の新規約定の場合、キャッシュバック額は2,100,000円(2,000,000円+100,000円)となります。(例)通常銘柄ポンド円1,500万通貨の新規約定+大口銘柄ポンド円3,500万通貨の新規約定の場合、ポンド円の新規約定の合計は5,000万通貨となり、キャッシュバック額は100,000円となります。 --ドル円・ユーロ円・ユーロドル・豪ドルドル・ポンド円以外の場合--(例)ポンドドル100万通貨+豪ドル円50万通貨+NZドル円50万通貨の新規約定の場合、新規約定の合計は200万通貨となるため、キャッシュバック額は1,000円となります。(例)ポンドドル100万通貨+豪ドル円100万通貨+NZドル円100万通貨の新規約定の場合、新規約定の合計は300万通貨となるため、キャッシュバック額は3,000円となります。(例)ポンドドル300万通貨+豪ドル円0通貨+NZドル円0通貨の新規約定の場合、新規約定の合計は300万通貨となるため、キャッシュバック額は3,000円となります。(例)ポンドドル・豪ドル円・NZドル円の新規約定の合計が300万通貨の場合、キャッシュバック額は1,000円+3,000円とはならず、対象のキャッシュバック額の3,000円となりますのでご注意ください。(例)ポンドドル100,000万通貨+豪ドル円5,000万通貨+NZドル円5,000万通貨の新規約定の場合、新規約定の合計は110,000万通貨となるため、キャッシュバック額は1,100,000円(1,000,000円+100,000円)となります。(例)通常銘柄豪ドル円10,000万通貨の新規約定+大口銘柄豪ドル円90,000万通貨の新規約定の場合、豪ドル円の新規約定の合計は100,000万通貨となり、キャッシュバック額は100,000円となります。 --ドル円・ユーロ円・ユーロドル・豪ドルドルの場合--(例)ドル円100万通貨+ユーロ円100万通貨+ユーロドル100万通貨+豪ドルドル100万通貨の新規約定の場合、新規約定の合計は400万通貨となるため、キャッシュバック額は333円となります。(例)ドル円500万通貨+ユーロ円200万通貨+ユーロドル100万通貨+豪ドルドル100万通貨の新規約定の場合、新規約定の合計は900万通貨となるため、キャッシュバック額は1,000円となります。(例)ドル円900万通貨+ユーロ円0通貨+ユーロドル0通貨+豪ドルドル0万通貨の新規約定の場合、新規約定の合計は900万通貨となるため、キャッシュバック額は1,000円となります。(例)ドル円・ユーロ円・ユーロドルの新規約定の合計が900万通貨の場合、キャッシュバック額は333円+1,000円とはならず、対象のキャッシュバック額の1,000円となりますのでご注意ください。(例)ドル円900,000万通貨+ユーロ円50,000万通貨+ユーロドル40,000万通貨の新規約定の場合、新規約定の合計は990,000万通貨となるため、キャッシュバック額は1,100,000円(1,000,000円+100,000円)となります。(例)通常銘柄ドル円30,000万通貨の新規約定+大口銘柄ドル円60,000万通貨の新規約定の場合、ドル円の新規約定の合計は90,000万通貨となり、キャッシュバック額は100,000円となります。 --共通--(例)新規約定の合計が、ドル円300万通貨・豪ドル円300万通貨・ポンド円300万通貨の場合、キャッシュバック額は9,333円(333円+3,000円+6,000円)となります。

現在、豪ドル相場のトレンドは下落基調と見ています。理由としては、①RBAが利上げ幅を縮小したため、大幅利上げを続ける米連邦準備制度理事会(FRB)との金融政策に差が出てきた②豪州と交易関係の強い中国をはじめ、欧州圏など世界的に景気減速懸念が根強いといったものが考えられます。①の影響から対米ドルで豪ドルが売られやすくなっています(そもそも米ドル独歩高状態でもあります)。そして豪州は資源国通貨の代表格です。②のように世界経済が減速することで資源需要が減退することが予想され、資源国通貨の豪ドルには売り圧力がかかりやすくなります。今週のように英国の政治的不安が払しょくされてリスク回避の巻き戻しが優勢となることもありますが、基本的には豪ドルは下落するとみています。

豪ドル/円はこのままの水準で今週を終えると、週足の一目均衡表では基準線を上抜けることとなりますので、下落トレンドは一旦終了となりそうです。その場合は週足転換線を上抜けられるかが焦点となりそうです。日足チャートを見ると、一目基準線が下向きとなっているため、下降トレンド継続中です。目先は一目転換線が目途となりそうです。その下の水準では、今週安値(10/17)の92.08円前後や、10/13安値の90.85円前後が意識されそうです。他方で上値は、一目均衡表の雲が分厚いたいめ、相応の抵抗が予想されます。雲の上限が上値目途として意識されるのではないでしょうか。

ここではFX会社が公開している豪ドル/円見通し動画をチェックしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました