<11月14日>、かなり行き過ぎ、反発なるか?

FXブログ
<11月14日>、かなり行き過ぎ、反発なるか?
<11月14日>

P&Fでは~
ドル円が下に4つ。
ユーロドルが上に3つ。
ポンド円がショートサイン到達。
ポンドドルが上に1枠。
豪ドルドルが上に2枠。

日足P&Fの状況:(11月14日)~(11月18日)>に追記しました。

ドル円は、かなり行き過ぎな感じします。

とりあえずチャートを~
1114ドル円日

正直、止まると思っていた141.50を大きく下回り139円中盤からロングにしてます。
しかし、さらに1円下に下がりました。
一目の雲がサポートになるとは思うのですが、さらに下の200日線が下げたとしても
限界だとは考えています。
ガチプロFXのたけうち氏の動画でも今週は連銀総裁の発言などが相次いでインフレ懸念等
出てくるのではという話をしてました。
それにしてもかなり行き過ぎていて反発は当然あると思います。

ユーロドルのチャート~
1114ユーロドル日

ユーロドルが200日線で止まるとみて1.03前半でショートにしました。
ここでユーロドルが止まるならドル円反発でしょう。

(個人的な見解ですので、投資は自己責任でお願いします。)

[紹介元] ポイント&フィギュアでFX <11月14日>、かなり行き過ぎ、反発なるか?

11月14日 かなり行き過ぎ 反発なるか

『WG報告』は限定正社員についても解雇権濫用法理は適用される、と明言する。だが、すぐ続けて、過去には純粋な正社員についてとは異なる判例もある、その「基本的な考え方を整理」して労使および司法のコンセンサスを形成することが重要だ、と指摘する。要するに、純粋な正社員の場合よりも緩やかな解雇基準で良い、と示唆している。

9月後半は毎日のように日経平均株価の下落が続き、さらなる大きな下げも懸念されていた日本株相場。しかし10月に入り、日経平均は3日につけた安値2万5621円96銭から6日の高値2万7399円19銭まで、わずか4営業日で1800円近く、率にして6.9%の急騰を見せました。 ところで皆さんは、10月3日の安値近辺で株をうまく買うことができたでしょうか。筆者は仕事をしていましたから、気がついたら安値からかなり反発してしまっていて、買うことはできませんでした。 筆者の周りの個人投資家の多くも、今回の反発はかなり急激だったため、うまく流れに乗ることができなかったと話しています。

また、労働条件が低いことが前提であるとすれば、限定正社員制度に疑問視や反発を招きかねない。そこで、純粋な正社員との「均等・均衡を考慮することが望ましい」と付け加える。だが、正に「隠すよりは顕るる」で、そのような付記があること自体が、労働条件は低いことを当然視・黙認する姿勢を示唆している。「均等」ではなく「均等・均衡」と幅を持たせ、それらは「考慮」の対象でしかなく、さらにその「考慮」も「望ましい」にとどまり、最終的には企業任せにしているのであるから。

【代表】 公明党はある意味、宗教団体との関係について、おそらく、より堅いというか、センシティブな体質を持っている政党だと思います。ただ、全ての宗教団体が当たるかどうかというのは、まさにその宗教団体の行ってきた行為によるものであって、健全な宗教団体であれば何ら心配する必要のないものでありますので、おかしな行為を行っている団体については厳しくするというところは、これは乗り越えていただかなければいけないし、そうでなければ、むしろ疑念を招くというか、何のために公明党が反対しているのかということについて疑念を招くことになるのではないかと思います。 自民党は、やはり一般的にというか、当事者・被害者の声を真摯に聞いていない。声に向き合っていないと思います。ようやく今になって当事者からヒアリングはしましたが、あまり個々人の被害に目を向けずに大きな団体の言うことしか聞かないという、そういう体質を持っているのではないかと思います。そういったことが自民党自身の認識の遅れ、対応の遅れにつながっているのではないか。彼らは例えば(旧)統一教会からも政策的影響は受けていないと強弁するわけですが、多くの国民は「いやいや、受けているだろう」「受けているでしょう」というふうに思うわけです。でも、自民党からすると旧統一教会はさして大きい団体ではない、もっと大きな団体があるんだ、しかも、もっと大きな団体も特段自分たちの政策に影響を及ぼしているものではない、というような言われ方をしてしまうと、本当に一個人や一人ひとりの当事者が訴えることなど目も向けない。そういう体質がやはりあるのではないかと思います。この辺が彼らの認識不足の原因だと思います。

『報告』等は、同制度の導入は非正規労働者にとって正規への転換の機会を拡大する可能性があると述べる。もっとも、純粋な正社員とするほどハードルが高くなく、女性にとっても「正社員転転換の機会を拡大する可能性を持つ」と言及する程度でしかないが。

世界各国の金融政策を好感する形で株価は急反発し、下値不安はかなり薄らいだ。これまでの下げ相場が行き過ぎたとの見方が多かっただけに、地合いが落ち着いたことにより、当面は修正高の相場になるだろう。

立憲議会はすでにバルナーブの線に沿って一院制と国王の停止的拒否権を定め、立憲君主制の根幹を築いたが、財政の改善は、タレーランの提案どおり教会財産の国有化と売却によるほかないと考えた。かくして1790年5月から教会財産の競売が始まったが、支払手段として発行したアッシニャを紙幣に切り替え、漸次、大量発行していった。僧侶自身については政府から俸給を払われる役人とし、これを定めた僧侶民事法への宣誓を強制された。こうして聖界は立憲僧と宣誓拒否僧に分裂し、宣誓拒否僧は革命に敵対し始めた。立憲議会はこのほか、県制の施行、司法制度の整備、農事法の制定、ギルドの廃止など近代的改革を行ったが、納税額によって能動市民と受動市民との差別を設け、3日分の労賃に相当する直接税を納める市民にのみ、予選会での投票権、集会権、請願権を認め、国民衛兵からも受動市民を排除した。またル・シャプリエ法によって、職人・労働者の団結を禁止した。要するに立憲議会は、自由主義貴族と上層ブルジョアジーを主体としながら、領主制の地主制への脱皮と商工業の自由というブルジョア革命としての最小限の課題は果たそうとしたのである。ところが、国王一家は、1791年4月のミラボーの死後、革命の成り行きに不安を感じ、大臣任命権への制約に不満なこともあって、6月20日、パリからの逃亡を図りバレンヌで捕らえられた。パリの急進派はこれを怒り、とくにコルドリエ協会の市民は7月シャン・ド・マルスに王制廃止の請願運動を起こし、ラ・ファイエット指揮の国民衛兵はこれを鎮圧した。議会ではバルナーブらが憲法の完成を急ぎ、9月、全編を採択して解散した。

パリ諸区、国民衛兵隊、市総評議会は二つの陣営に分かれ始めたが、立法議会ではジロンド派が優位にたち、1792年7月11日に「祖国は危機にあり」の宣言が出された。同月19日には、国王行政権の停止を目的とした請願運動が、助役ダントンの勧めで民主派区を中心に展開された。ジャコバン協会の解散を企てて失敗したラ・ファイエットは、前線からオーストリアに投降した。ブリュンシュビック宣言が8月1日パリに伝わるや、請願運動は蜂起(ほうき)行動に転じ、同月9日パリ市庁を占拠して蜂起コミューンを樹立し、王党派の国民衛兵指揮官マンダを射殺した。呼びかけに応じて翌10日、場末サン・タントアーヌの国民衛兵を先頭に受動市民の武装隊も加わってチュイルリー宮へ数万が進撃、多数のスイス人傭兵(ようへい)を殺害した(八月十日事件)。国王一家は議会に難を逃れたが、身柄は新パリ市当局に引き渡された。王権は停止され、パリは蜂起コミューンの指揮下に置かれ、王党派の武装解除が断行された。9月初めベルダン陥落の知らせが入ると、マラーの呼びかけもあって激高した民衆は同月2日と3日アベイ監獄などを襲い、宣誓拒否僧を主とする囚人を虐殺した。

【代表】 いや、まだまだですよ。まだまだ足りないなと思います。元々あまり激しい発信をしてきた政治人生ではないところもあるので、もっともっと磨かなければいけないなと思いますが、要は、やはり伝わりやすさが大事でしょうから、その伝わりやすさの中で言葉を吟味していきたいと思います。

1789年7月11日、国王ルイ16世は事態の責任者としてネッケルを罷免した。この知らせがパリに届くと市民は激高し、同月14日約1万人が政治犯を収容していたバスチーユ牢獄(ろうごく)を襲撃、王室親衛隊がこれに加担し占拠した。翌日、旧体制最後のパリ市長ド・フレッセルと守備隊長ド・ローネーは殺され、宮廷の企図は阻まれた。パリは自治制の確立に向かい、選挙人会から市長バイイ、国民衛兵隊総司令官ラ・ファイエットが任命された。

山岳派は平原派の消極的支持のうえに、公安委員会を軸として独裁体制を固めた。1792年8月20日の領主権の無償廃棄をさらに徹底し、農民の不安を取り除いた。1793年7月13日、マラーがジロンド派を信奉する女性コルデーに暗殺されるや、27日、公安委員会にロベスピエールが加わり、恐嚇手段の採用を本格的に検討し始めた。山岳派の共和国憲法は、男子直接普通選挙と選挙人会による議員喚問・法律の再審を原理的に承認した画期的なもので、前文をなす人権宣言も、所有権を否定しないながら平等を前面に出して蜂起権までをうたっていた。これは6月24日可決され、人民投票で圧倒的支持を受けたが、8月10日布告と同時に施行が延期されたのは、反革命の危険が迫っているためと説明された。次に山岳派内の自由経済支持勢力を抑え、買占め取締法と公設貯蔵庫の設置が定められ、8月23日にはカルノーの提議で国民総徴用令が可決された。干天のための飢饉(ききん)がパリ民衆をふたたび行動に駆り、9月5日にはエベール派を先頭に、最高価格令と食糧徴発のための「革命軍」を要求、国民公会はこれらをいれて29日、生活必需品39品目につき、一般最高価格令の制定などを行う一方、これに先だって反革命容疑者令を可決した。公安委員会もビヨー・バレンヌなど山岳派の急進分子を加え、ここに恐怖政治が日程に上った。なお、9月に改暦委員会が発足、11月には共和暦(革命暦)が公布、実施された。

従来、日本の雇用慣行としては正規社員についてみると、職種・業務(ジョブ)を特定して労働契約を結ぶことは多くはなく、ジョブを特定する場合の多くが非正規社員であった。しかし現実には、1985年男女雇用機会均等法制定を期に拡大したコース制の下で、職務を基幹業務とする総合職と事務補助とする一般職ができたが、一般職では職務内容の異なる配転や転勤は予定されていない者も存在する。その人達が、限定正社員に移行するとなれば、かつて日経連が正社員として位置づけていたものを、正社員と限定正社員に分け、労働者を4つに区分することになる。制度が導入されると、企業は少数の正社員、かなりの数の限定正社員、契約更新による長期の有期雇用者、そして非正規労働者という4層構造になる可能性がある。

テルミドールの反動とともに、革命の流れは大きく変わった。それまで革命を推進してきたのはブルジョアジーと民衆や農民との同盟関係であったが、ブルジョアジーは、この同盟を維持しようと努力してきたロベスピエールを倒すことによって、民衆や農民との同盟関係を解消し、みずからの階級的利害を貫徹して、〈持てる者によって統治される国〉を実現しようとした。経済統制は直ちに廃止され、国民公会の左翼議員は追放され、ジャコバン・クラブは閉鎖され、復活した右翼によって報復的な〈白色テロル〉が荒れ狂った。95年8月に制定された新憲法では、普通選挙制も廃止されて、二院制の議会と5人の総裁から成る総裁政府が樹立された。しかし、この総裁政府は左右両翼からの脅威にさらされていた。すなわち、96年には、民衆運動の思想を一種の共産主義にまで高めて〈財産と労働とをともにする共同体〉を実現しようとするバブーフの陰謀が発覚し、その翌年には、王党が勢力を増大して政府を脅かすまでになった。これら左右両翼からの脅威を前にして、権力の座に就いたばかりのブルジョアジーは、みずからの財産を守りブルジョア的な秩序を維持するためには、ただ、軍隊とその指導者の力に頼るほかはなかった。こうして、おりしもイタリア遠征で輝かしい勝利を収めたナポレオン・ボナパルトが登場する。ブルジョアジーだけではなく、革命によって解放されるとともに保守化した広範な小土地所有農民もまた彼を支持し、戦勝によるナショナリズムの高揚がこの国民的英雄を権力へと導く。総裁政府の動揺と第2次対仏大同盟の結成を知って遠征中のエジプトから帰国したナポレオンは、99年11月9日(ブリュメール18日)にクーデタを断行した。ここに国家権力は彼の軍事的独裁にゆだねられ、フランス革命はその幕を閉じた。

週明け31日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発した。米主要企業の堅調な決算内容を好材料視して前週末28日の米ダウ工業株30種平均が大きく続伸したことを好感し、朝方から買い注文が優勢だった。上げ幅は一時400円を超えた。 午前終値は前週末終値比424円13銭高の2万7529円33銭。東証株価指数(TOPIX)は23・66ポイント高の1922・71。 前週末28日のダウ工業株30種平均は6営業日続伸した。米IT大手アップルや半導体のインテルが好決算を背景に大幅上昇した。

【代表】 全ての減税がポピュリズムで、全ての増税がそうではない、ということではないと思います。 この平成の30年間の中で、間違いなく所得税と法人税は減税を続けてきたわけで、そして、消費税は増税を続けてきた。当時は直間比率の見直しとか言われてきたわけですが、一方で、法人税で言えば、国際的な法人税下げ競争は確かに存在していましたが、これもまた国際的にもう行き過ぎであろうということで反転の兆しが出てきている。そして、現に法人税収などは過去にも増して今、増収という状況にはなっているときに、企業にも内部留保がかなりあるとも言われている中で、だからということではありませんが、先ほど言ったように平成の30年間ということで見れば、相当所得税・法人税が減税されてきている流れがありましたので、その流れを一度再検討するべきだと私たちは考えています。 社会保障だから何でも消費税しかないという考え方にも立つ必要はないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました