EV巡り日産・ルノー駆け引き激化

FXブログ
EV巡り日産・ルノー駆け引き激化
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 EV巡り日産・ルノー駆け引き激化

EV巡り日産 ルノー駆け引き激化

ニュースソース「日産・ルノー、交渉難航=EV特許巡り駆け引き激化 | ニュース・コラム | Yahooファイナンス」と関連する可能性が高い順に他のニュースソースを掲載。情報収集の網羅性のため、一定の基準未満の類似スコアであっても関連する可能性があるニュースソースを抽出。

共通の車台は、30年までに各社が開発・発売するEVの90%をカバーする見込み。今のところ4つを開発済み、あるいは一部開発が進んでいる段階で、さらに5つ目をルノーが設計する小型EV用に導入する方針だ。

日産自動車と仏自動車大手ルノーの提携見直し協議が難航している。

ニュースソース「日産・ルノー、交渉難航=EV特許巡り駆け引き激化 | ニュース・コラム | Yahooファイナンス」と関連する可能性が高い順にブログエントリーを掲載。情報収集の網羅性のため、一定の基準未満の類似スコアであっても関連する可能性があるブログエントリーを抽出。

ニュースソース「日産・ルノー、交渉難航=EV特許巡り駆け引き激化 | ニュース・コラム | Yahooファイナンス」と関連する可能性が高い順にブログエントリーを掲載。知財ブログを横断的に検策。情報収集の効率性を上げるため、一定の基準以上の類似スコアがあるものを抽出。

日産・ルノー、交渉難航=EV特許巡り駆け引き激化 - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス お読みいただくには、VIP倶楽部の購入が必要です。初月無料で「プロ向け有料ニュース」が読み放題。投 ...

こうした日産の先端技術はルノーにとって大きな魅力となっている。関係者によると、特許使用料などの話が出ているもようだ。

ルノーは今年2月にEVとエンジン事業を分離する計画を発表。EVの新会社「アンペア」に過半数を出資し、開発資金や設備投資の確保を目的に来年下期の上場を目指している。

日産の広報担当者は、憶測にはコメントしないと述べた。ルノー、三菱自の広報担当者はコメント要請に回答していない。

ニュースソース「日産・ルノー、交渉難航=EV特許巡り駆け引き激化 | ニュース・コラム | Yahooファイナンス」と関連する可能性が高い順に他のニュースソースを掲載。知財ニュースを横断的に検策。情報収集の効率性を上げるため、一定の基準以上の類似スコアがあるものを抽出。

[23日 ロイター] - 仏ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社連合が、電気自動車(EV)の共同開発投資を従来の3倍に引き上げることが分かった。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。新興メーカーとの競争激化やEV需要拡大見通しを背景に、協力関係を深める。

ルノーは今後3年で投入する25車種の半数はEVとし、30年には欧州の新車販売を全てEVにする計画。ただ、生産台数が年300万台に満たないルノーだけでは、研究開発に必要な資金をまかないきれない。このため、新社を通じて外部企業との提携や協業を積極的に進める考え。カギを握るのが日産の協力だ。

ルノーは計画の合意を急いでおり、11月8日に開催予定の投資家説明会までに計画をまとめたい考え。11月15日に日本で3社連合の新たな提携関係の発表を目指している。

日産は「CMFB─EV」と呼ばれる同車台と、他の共通化した部品を使用し、小型車「マイクラ(日本名マーチ)」のEV化を決定。関係者によると、ルノーも同車台を使ったEVを開発する見込みだという。EV版マイクラは2020年代半ばまでに発売されるとみられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました