ドル・円は伸び悩みか、米当局者はタカ派方針も強気ムードは後退

FXブログ
ドル・円は伸び悩みか、米当局者はタカ派方針も強気ムードは後退

f:id:okinawa-support:20190820183959j:plain

 

欧米市場オープニングコメント

「ドル・円は伸び悩みか、米当局者はタカ派方針も強気ムードは後退」
 14日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)当局者のタカ派的な見解で、ドルは売りづらい。ただ、心理的節目の140円を割り込んだ影響で強気ムードは後退し、ドルの上昇は小幅にとどまりそうだ。
 前週末に発表された予想外に低調な11月ミシガン大学消費者信頼感が嫌気され、米10年債利回りの低下でドル売り優勢に。ユーロ・ドルは1.0360ドル台に浮上、ドル・円は2カ月ぶり安値圏の138円半ばまで値を下げた。ただ、週明けアジア市場でウォラーFRB理事が「インフレ率低下の明確で強い証拠がない限り、政策金利は引き下げられない」などとタカ派的な見解を維持。ドルの買戻しでドル・円は139円台に持ち直している。
 この後の海外市場は米FRBの政策方針に思惑が交錯しそうだ。10日の消費者物価指数(CPI)が予想外に低調な内容となり、ドル売りに振れやすい。翌11日には割安感からドルを買い戻す動きが先行したが、節目の140円を割り込んだことで投げ売りにより138円台に水準を切り下げた。今晩はブレイナードFRB副議長がインフレ高止まりのため引き締めに積極的なスタンスを示す見通し。ただ、強気ムードが回復しなければドルの上昇は限定的とみる。

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は伸び悩みか、米当局者はタカ派方針も強気ムードは後退

ユーロは1.0326ドルと 8月以来3カ月ぶりの高水準で推移

きょうのドル/円は、米金利の動向をにらみながら底堅く推移するとみられる。ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事によるタカ派的な発言が材料視され、足元では139円後半と、朝方から1円超上昇している。

暗号資産(仮想通貨)交換業大手のFTXの経営破綻を背景に暗号資産が急落していることから、ドルを見直す動きも出てきやすい。市場では「値ごろ感からドルの買い戻しが入りやすく、 前週の急激なドル安はいったん落ち着くのではないか」 (国内金融機関)との声が出ている。

ドルは朝方に一時139.92円付近まで上昇した。米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事のタカ派的な発言を受けてドル買い/円売りが進行し、138円半ば付近で取引が始まっていたドルは約1円超上昇した。その後、上げ幅は縮小しているものの、時間外取引の米長期金利の上昇が支えとなり足元も139.50円付近で堅調に推移している。

前週末のニューヨーク市場では、米株高で投資家のリスク選好度の高まりからドルが対主要通貨で下落。また、米利上げペースの鈍化を巡る思惑から投機筋によるポジションの巻き戻しが継続し、ドルは一時138.46円付近まで下落する場面があった。ニューヨーク市場の終値は138.79/82円だった。 海外では、9月のユーロ圏鉱工業生産などが発表予定。マックレム加中銀総裁が同中銀主催の会合であいさつするほか、ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が討論会の司会を務める予定となっている。米中首脳会談が開催される。

今後、米国景気が本格的に悪化し、物価が低下してくるとFRBは利上げペースを鈍化させ、場合によっては利上げ停止から利下げ方針に転換してくることも予想されます。そうなると、FRBが行動を移す前に長期金利は低下し、ドル安に転じることが予想されます。ドル/円は130円を割れ、場合によっては120円を割れる動きになるかもしれません。

ユーロは1.0326ドルと、8月以来3カ月ぶりの高水準で推移。ドル安の裏でユーロが上昇した。「パリティ(等価)割れのリスクは軽減したものの、ここからの上昇はユーロ発の買い材料が必要となり、1.05ドル付近で伸び悩むのではないか」(同)との見方が出ている。

「ドル・円は伸び悩みか、米当局者はタカ派方針も強気ムードは後退」 14日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)当局者のタカ派的な見解で、ドルは売りづらい。ただ、心理的節目の140円を割り込んだ影響で強気ムードは後退し、ドルの上昇は小幅にとどまりそうだ。 前週末に発表された予想外に低調な11月ミシガン大学消費者信頼感が嫌気され、米10年債利回りの低下でドル売り優勢に。ユーロ・ドルは1.0360ドル台に浮上、ドル・円は2カ月ぶり安値圏の138円半ばまで値を下げた。ただ、週明けアジア市場でウォラーFRB理事が「インフレ率低下の明確で強い証拠がない限り、政策金利は引き下げられない」などとタカ派的な見解を維持。ドルの買戻しでドル・円は139円台に持ち直している。 この後の海外市場は米FRBの政策方針に思惑が交錯しそうだ。10日の消費者物価指数(CPI)が予想外に低調な内容となり、ドル売りに振れやすい。翌11日には割安感からドルを買い戻す動きが先行したが、節目の140円を割り込んだことで投げ売りにより138円台に水準を切り下げた。今晩はブレイナードFRB副議長がインフレ高止まりのため引き締めに積極的なスタンスを示す見通し。ただ、強気ムードが回復しなければドルの上昇は限定的とみる。

2022年上期の月間終値の平均は124円台です。現在のドル/円は上期の平均よりも10円超の円安水準であるため、貿易赤字額は拡大する可能性があります。

黒字とは、外貨の支払いよりも受け取りが多いことであり、赤字とは、外貨の支払いの方が多いということになります。黒字の場合、受け取ったドルを日本国内で使うために、そのドルを為替市場で売って円に換える必要があります。

逆に赤字は、ドルを買って海外に支払う必要があるため、そのドルを買うため為替市場で手持ちの円を売って、もしくは円を調達してドルに換える必要があります。この円売り・ドル買いによって円安圧力が高まることになります。

きょうの予想レンジはドル/円が138.80―140.80円、ユーロ/ドルが 1.0240─1.0390ドル、ユーロ/円が142.40―144.40円。 現在、ドル/円は139.75円付近、ユーロ/ドルは1.0319ドル付近、ユーロ/円は143.78円付近で推移している。

前週の米消費者物価指数(CPI)発表後、ドルは2日間で約8円近く急落。市場では「ドルは値ごろ感から買い戻しが入りやすいものの、再び売られるリスクも払拭されておらず、上値追いには慎重になりそうだ」(国内金融機関)との声が出ている。

このドル売り・円買いによって円高圧力が高まることになります。今年上期の経常収支の黒字の急減とは、円高圧力が急速に減退したということになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました