今日のポンド/円見通し 「ポンドは買いにくいが…米利上げ幅への思惑次第ではポンド上昇もあり得る」トレード戦略 2022/11/14

FXブログ
今日のポンド/円見通し 「ポンドは買いにくいが…米利上げ幅への思惑次第ではポンド上昇もあり得る」トレード戦略 2022/11/14

ポンドのFXデイトレードを行ううえで、インプットしておきたいトレードシナリオなどをギュッとまとめました。

執筆:外為どっとコム総合研究所 中村 勉
Twitter:@gaitamesk_naka
日々、相場情報発信中!

目次 

今日のポンド トレードシナリオ

ここまでの相場

・英7-9月期国内総生産(GDP、速報値)は前期比-0.2%と予想(-0.5%)を上回った。同時に発表された英9月月次GDPは前月比-0.6%(予想:-0.4%)となり2カ月連続のマイナス成長となった(11月11日)。

・11月3日にイングランド中銀(BOE)は0.75%の利上げを実施し、政策金利を3.00%とした。金融政策委員会(MPC)メンバーの9人中2人がそれぞれ0.25%と0.50%の利上げ支持

・英10月製造業/サービス業購買担当者景気指数(PMI、改定値)はそれぞれ、46.2、48.8となり、速報値(45.8、47.5)から上方修正。製造業は2020年5月以来の低水準となった(11月3日)。

・英9月小売売上高(除自動車燃料)は前月比-1.5%と予想の-0.4%を大幅に下回る。前月分は-1.6%から-1.7%へ下方修正(10月21日)。10月分は11月18日発表。

英9月消費者物価指数(CPI)は前年比+10.1%(予想+10.0%)と7月に記録した約40年振りの記録に並んだ(10月19日)。10月分は11月16日発表。

・10月11日に発表された、英6-8月失業率(ILO方式)は3.5%と前回(3.6%)から低下。賃金上昇率(除賞与、3カ月平均、前年比)は+5.4%と堅調な伸びを継続していた。次回は11月15日発表。

今日のメインシナリオ

ポンドは買いにくいが…米利上げ幅への思惑次第ではポンド上昇もあり得る

11月11日に発表された、英7-9月期GDP前期比-0.2%と予想(-0.5%)を上回った。しかし、かねてからBOEが予想していた通りマイナス成長となったことや、9月の月次GDPが8月に続いてマイナス成長となったことポンドにとってネガティブ要因と言える。米国の利上げ幅縮小期待が急速に高まったことで、米ドル売り圧力が強くポンドは対米ドルで買われたが、経済状況を見るとポンドを買える状況ではないとみている。インフレは10%台で高止まりしており、BOEは大幅利上げを続けるしかない状況下で、経済は既に減速を始めているからだ。

本日は英国や米国の経済指標の発表が予定されていない。そのため、米国の利上げ幅に関する憶測が相場を主導するものと見ている。10日に発表された米10月CPIの結果を受けてドル売りが強まったが、市場では「一つの指標に対する反応としては行き過ぎ」といった声も聞こえる。米ドル売りが継続するのか、それとも売り一服で反発するのか。基本的にはポンドの上値は限定的と見ているが、基軸通貨である米ドルがボラタイル(値動きが激しい)な動きをしているため、方向感を決めずに動いた方に着いていくことが良さそうだ。

個別の想定シナリオ

■米利上げ幅縮小期待が再燃
⇒米ドル売り再開
⇒ここ数日同様に円が対米ドルで一番買い戻される
⇒ポンド/円は下落

チャート分析

注目材料

米国の利上げ幅への思惑

「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」

外為どっとコムのテクニカル分析ツール「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」ではポンド/円は曇り、ポンド/米ドルは雨。13時にポンド/米ドルの移動平均で売りシグナルが点灯。

【情報提供:外為どっとコム】

<「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」 詳細はこちら>

  • ※ 「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」とは、選択した通貨ペア・足種に対して、複数のテクニカル分析を行った結果をパネル形式で一覧表示することにより、直感的に相場状況を把握することができるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(パソコン版)/(スマホ版)では「取引分析」 を選択することで、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況をチャート上に表示が可能です(「外為注文情報」)。
  • ※ なお「ぴたんこテクニカル」の「お天気シグナル」や、「外為注文情報」は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家ご自身でなさるようお願い致します。

経済指標カレンダーはコチラ

 
nakamura.jpg

外為どっとコム総合研究所 調査部 研究員
中村 勉(なかむら・つとむ)
米国の大学で学び、帰国後に上田ハーロー社へ入社。8年間カバーディーラーに従事し、顧客サービス開発にも携わる。2021年10月から(株)外為どっとコム総合研究所へ入社。優れた英語力とカバーディーラー時代の経験を活かし、レポート、Twitterを通してFX初心者向けの情報発信を担当している。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 今日のポンド/円見通し 「ポンドは買いにくいが…米利上げ幅への思惑次第ではポンド上昇もあり得る」トレード戦略 2022/11/14

今日のポンド 円見通し ポンドは買いにくいが米利上げ幅への思惑次第ではポンド上昇もあり得る

1,000通貨までであれば、ポンド/円は0.69銭、米ドル/円も0.09銭と非常に狭いスプレッドで取引できます。1万円に満たない資金でFXを始められる、超少額投資を気軽に始められるのは大きなメリットです。すぐに大きな利益を狙うのではなく、まずは実際にリアルマネー取引を少額からでも体験してみたい方にもおすすめです。

そして、ポンド/円のレートは、米ドル/円とポンド/米ドルのレートを掛け合わせて生成されています。

ポンドが含まれる通貨ペアは、もちろんポンド/円だけではありません。相手が変わればファンダメンタルズも違ってきて、チャートの形も別のものになります。

ポンド/円といえば「殺人通貨」とすら呼ばれることもあり、値動きが激しく、ギャンブル性が高い危険な存在とイメージしている方も多いのではないでしょうか。

ポンド/円というと、日本円でポンドを直接売買しているように感じるかもしれませんが、実際はそうではありません。ポンドと円を交換する固有の市場が存在するわけではなく、基軸通貨である米ドルを介して取引が成立しています。

ポンドのFXデイトレードを行ううえで、インプットしておきたいトレードシナリオなどをギュッとまとめました。

イギリスの正式名称は、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」で、ヨーロッパ北西部のイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国から成り立つ島国です。一般的にはイギリス、あるいは英国と呼ばれています。2022年9月2日エリザベス女王(当時)の崩御に伴い、イギリスはチャールズ国王が新たに君主となりました。イギリスは立憲君主制をとっており、議会は二院制を採用しています。また、ロンドン中心地の「シティ」は金融街として広く知られ、金融立国イギリスの象徴的存在です。 EU(欧州連合)からの離脱により、ロンドンの世界最大の金融センターとしての地位に変化があるとの懸念もありましたが、依然としてその地位は揺るがずロンドンはマーケットの中心であり続けています。イギリスポンドは誕生から長い歴史を持つ由緒ある通貨の一つで、第二次世界大戦まで基軸通貨として広く使用されていました。EUに加盟した際も「ユーロ」導入をせず、イギリスは自国通貨を使い続ける選択をしました。金融政策は、イギリスの中央銀行にあたるイングランド銀行(BOE)が英ポンド(UKポンド)の発券銀行として、金融政策委員会(MPC)を通じて決定します。

英国でも都市封鎖(ロックダウン)など規制が続いていましたが、ワクチン接種が先進国の中でも早く進み、規制緩和後の経済活動の再開と共にポンド/円も上昇を続け、年末には140円台へと到達します。

ここではポンド/円に対する誤解を解こうと思います。

しかし、ポンドはボラティリティの高い通貨です。ドル円の120円に対しポンド円は195円と値位置が高いことから値幅も大きくなるのは仕方がないのですが、レバレッジを上げて取引すれば、あっという間に資金を失うリスクの高い通貨です。経済指標を受けて真っ逆さまに想定を超える下落を見せることがありますが、そこが買い場となることが多いのが特徴。上昇トレンドの中で急落があっても売りでついて行かず、安値を拾うスタンスを徹底することがトレンドフォローの鉄則です。また、何も材料がない凪相場では手を出さず、急落した時に拾うことを徹底するのも勝ち残るポイントです。現在のポンド円は移動平均からのかい離が大きく、修正はそれなりに入りそうなチャート。192~193円くらいまでの急落、押し目があれば理想ですが、特にポンド取引の場合、レバレッジを上げず、急落時に細かく拾うスタンスが肝要です。

2021年初もポンド/円は上昇トレンドを続け、3月には150円台を突破します。その後は変異種株による感染再拡大などの影響で調整気味に推移しますが、年間を通し148円台が下支えとなります。

ポンド/円はFX取引で根強い人気のある通貨ペアの一つです。その最大の特徴はそのボラティリティの高さ(価格変動の大きさ)で、他の通貨ペアと比べて値動きが大きい分、大きな利益を狙うことができます。この点、ハイリスク・ハイリターンであるため取引数量を調整するなど、しっかりとリスク管理をしながら取引に臨む必要があります。欧州勢が参入するロンドン時間(日本時間夕方)以降にポンドは値動きが活発になり、日本時間25時(夏時間24時)のロンドンフィックス(フィキシング)に向けて値動きが出ることから、日本人投資家がデイトレードといった短期売買がしやすい通貨ペアと言えます。ユーロ圏各国と結びつきが強いことから、マーケットテーマが欧州通貨買いもしくは売りといった場面ではユーロとの相関性が高まることもあります。一方で、ユーロ圏の材料に遅れて反応することもあり、ユーロ相場を参考にトレードすることでヒントが得られるかもしれません。

イギリスではボリス・ジョンソン前首相の辞任により、リズ・トラス首相が新たに就任し、政策スタンスや舵取りの行方に注目が集まっています。EUからの離脱、いわゆる「ブレグジット(Brexit)」に際して大きなリーダシップを発揮したジョンソン前首相ですが、2022年7月に辞任を表明しました。そして、後任を決める与党・保守党の党首選を経て、2022年9月にトラス首相が首相に就任し、英国史上3人目となる女性首相が誕生となりました。 トラス首相はこれまでの政権で要職を歴任し、過去にはEU離脱における交渉を担当したほか、国際貿易相時代に日本との経済連携協定の交渉も纏め上げるなど経験豊富な人物です。一方で、保守党・党首選においては当初より減税推進を強調しており、財源確保の問題など減税策による弊害を不安視する声がありました。そのような中で、トラス政権から党首選の公約を上回る大規模な減税政策と国債の増発計画が発表されると、イギリスではポンド安・株安・債券安の「トリプル安」になるなど、マーケットは混乱の様相を呈しました。財源に関しては国債に依存しており、2023会計年度で624億ポンドの増発計画となる見通しのほか、一連の財政政策の対策費用は5年間で1,610億ポンド(約25.5兆円)に上るなどの内容が財政悪化懸念を高めました。予想外のマーケットの混乱を受けて、トラス政権は減税方針を一部撤回することで事態の収束を図りました。イングランド銀行も国債市場への介入と保有債券の売却延期に動き、ポンド相場は回復基調をみせています。今後はトラス政権の規制緩和や中期財政計画の発表が控えており、ポンド相場のボラティリティを拡大させる材料となりそうです。

2021年のポンドはEU離脱の移行期間が終了し、「合意なき離脱」の回避からスタートとなりました。ポンド円は、コロナショックからの景気回復及び他国に先んじたワクチン接種の進展により年初から上昇トレンドを形成しました。年央からは新型コロナウイルス・デルタ株の感染拡大などが重しとなるも、世界的な景気回復に伴い、金融正常化に向けた動きや金利先高観がポンド相場を支えました。そして12月、同年最後のMPC(金融政策委員会)で3年4か月ぶりとなる利上げが決定されました。 ただ、2022年に入るとウクライナ情勢緊迫化による市場のリスクセンチメントの悪化や資源・エネルギー価格の高騰を受けて、ポンド円は上値の重たい展開となりました。一方で、3月にはアメリカのFRB(米国連邦準備制度理事会)が物価高抑制のために利上げに踏み切りました。マーケットではアメリカの金融正常化を転機に、日本との金利差及び金融政策の方向性の違いに着目した円売りが活発化し、ポンド円は3月~4月のおよそ2か月間で150円序盤から一時168円台まで急上昇しました。足元ではトラス新首相の誕生から、マーケットにおけるポンドの存在感が際立っています。9月にトラス新政権は、過去50年間で最大規模の減税政策と財源となる国債の増発計画を発表し、財政悪化への懸念などからポンドは全面安の展開となりました。ポンド円も一時148円台まで一時急落しましたが、トラス政権の減税方針の一部撤回とイングランド銀行(BOE)の国債市場への介入を受けて、一旦は回復する動きとなっています。今年だけで20円程度の値幅で上下しており、ポンドの魅力と言えるボラティリティの高さを存分に見せつけています。 ンドはEU離脱の移行期間が終了し、「合意なき離脱」の回避からスタートとなりました。ポンド円は、コロナショックからの景気回復及び他国に先んじたワクチン接種の進展により年初から上昇トレンドを形成しました。年央からは新型コロナウイルス・デルタ株の感染拡大などが重しとなるも、世界的な景気回復に伴い、金融正常化に向けた動きや金利先高観がポンド相場を支えました。そして12月、同年最後のMPC(金融政策委員会)で3年4か月ぶりとなる利上げが決定されました。 ただ、2022年に入るとウクライナ情勢緊迫化による市場のリスクセンチメントの悪化や資源・エネルギー価格の高騰を受けて、ポンド円は上値の重たい展開となりました。一方で、3月にはアメリカのFRB(米国連邦準備制度理事会)が物価高抑制のために利上げに踏み切りました。マーケットではアメリカの金融正常化を転機に、日本との金利差及び金融政策の方向性の違いに着目した円売りが活発化し、ポンド円は3月~4月のおよそ2か月間で150円序盤から一時168円台まで急上昇しました。足元ではトラス新首相の誕生から、マーケットにおけるポンドの存在感が際立っています。9月にトラス新政権は、過去50年間で最大規模の減税政策と財源となる国債の増発計画を発表し、財政悪化への懸念などからポンドは全面安の展開となりました。ポンド円も一時148円台まで一時急落しましたが、トラス政権の減税方針の一部撤回とイングランド銀行(BOE)の国債市場への介入を受けて、一旦は回復する動きとなっています。今年だけで20円程度の値幅で上下しており、ポンドの魅力と言えるボラティリティの高さを存分に見せつけています。

たとえば、ポンド/円を買うなら、まず日本円を売ってドルを買う取引を行い、次にドルを売ってポンドを買うという二つの取引を行っています。つまり、ポンド/米ドルの取引と米ドル/円の取引を組み合わせて成立させています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました