任天堂キャラ リアル進出の効果は

任天堂キャラ リアル進出の効果は
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 任天堂キャラ リアル進出の効果は

任天堂キャラ リアル進出の効果は

このゲームは、3人または2人1組のチームでマップに降り立ち、最後の1部隊になるまで戦うバトルロワイアルです。リアルな銃撃戦はもちろん、キャラクター固有のアビリティ(能力)を活かした戦闘を楽しめるのが魅力。味方と協力して敵部隊を倒したときの爽快感は他のゲームでは味わえません。

シリーズ1作目の洋館事件につながる事件を描いた、はじまりのストーリーです。「生の感覚」を意識してCGを作り上げており、ゾンビの恐ろしさや極限状態で戦い抜くサバイバル感をよりリアルに表現しています。バイオハザードシリーズを時系列順に遊びたい人は、ぜひ最初にプレイしてみてください。

──『ニンテンドーラボ』や『リングフィット アドベンチャー』など、宮本さんとの距離は以前よりは少し遠いのかもしれませんが、僕らから見たら、あれらは任天堂らしい新しい発想のものです。

ゲームが苦手な方の場合、最初のボスでさえクリアできない可能性があります。万人向けではありませんが、歯ごたえのあるアクションゲームが好きな方にはおすすめのPS4ソフトです。

PS専用ソフトとして発売された初代バイオハザードをよりパワフルな演出・グラフィックで作り直したリメイク作品。3Dモデリングの向上により恐怖演出の質をさらに引き出しており、リアルな恐怖を体感できます。ECサイトでは、細部まで非常によく作り込まれているとの声が見受けられました。

スーパーマリオのキャラクターが多く登場し、クッキーを揃えて消すというパズルゲームです。同じ模様のクッキーを縦横1列に並べて消して、フィールド内のクッキーをすべて消すとクリアとなります。また、各種類のクッキーゲージが貯まるとオールマイティのヨッシークッキーが出現します。2人対戦も可能で、お互いに邪魔し合えることも楽しいポイント。簡単なルールで単純なゲームですが、奥の深さが大きな魅力です。

RPGを一般の人にもわかりやすく伝えた、ドラクエの原点。基本システムは完成しつつも、未熟な部分もあります。しかし、宿に泊まると体力が回復・お姫様を救出する、といったRPGの基礎が詰まっています。常に正面を向いて相手と喋る、話すか決めるときに話す向きも決めるなど、不自然な部分もありますが、それはご愛嬌。特にダンジョンでは、『ドラゴンクエストⅡ』や『ドラゴンクエストⅢ』では暗闇がなく全体が見えますが、本作では洞窟は真っ暗で、たいまつをつけても自分の周りだけしか明るくならないなど、続編にはない表現でドキドキ感も味わえます。ほぼ1本道のストーリーで、戦闘は1対1ですが、誰もが理解しやすく1日でクリアできるボリューム感も魅力。ちょっとした空き時間にも手軽に遊べます。

前作と主人公が変わっているため、本作『リトルナイトメア2』からでもストーリーを楽しむことは可能。しかし、前作は5時間程度でクリアできる短めの作品なので、遊んだことがない方はセットでプレイするのもおすすめです。

オープンワールドならではの探索要素も充実。ミッションをクリアしたり、アイテムを見つけたりすることでスパイダーマンが強化されていきます。ファンはもちろん、アメコミに詳しくない方も楽しめるおすすめのPS4ソフトです。

開発は、映像美に定評があるスクウェア・エニックス。山手線内回りの30駅と、沿線の町並みをリアルなグラフィックで再現しています。アーケード版のようにミッションに挑めるほか、フリー走行モードにすれば自由に操作することも可能です。

世界中で人気を集める「ポケットモンスター」シリーズの最新作。物語の舞台は、ポケモンを捕まえる・育てるといった概念がまだない遥か昔のシンオウ地方です。主人公ははじめてのポケモン図鑑を作るために、さまざまなエリアを調査員として冒険します。

まるで絵本を読み進めるようなストーリー進行が特徴のペーパーマリオ。紙のようにペラペラのマリオが、ギミックをクリアしていく特殊なアクション操作が可能です。戦闘システムはマリオシリーズでは珍しいコマンド式バトルで、従来とは一味違うマリオを堪能できますよ。

宮本僕らが作ってきたものを見て、これが任天堂らしさだといまの開発者たちが思ってくれたんでしょう。彼らは自由に作り、僕も安心して見ているだけでいいので、うれしいですね。

SFチックな武器が登場したり、超人的なスキルを使えたりするFPSも増えていますが、本作はリアリティ重視のタイプ。一人の兵士として、地に足のついた等身大の戦いが楽しめます。FPS初心者の方にもおすすめのソフトです。

『ドラゴンクエスト』の堀井雄二氏がシナリオを描いた、ファミコン初の本格的アドベンチャーゲーム。シンプルで遊びやすく、短時間でクリアできることが魅力。ゲームでは主人公のボスが部下のヤスに命令し、殺人事件の謎を解いていきます。事件の起きた屋敷の地下には3Dの迷路があり、わずかな効果音が緊迫感のあるシーンを演出してくれます。遊び心も散りばめられていて、虫眼鏡で太陽を見て怒らることや、大人なお店でムフフな体験をすることも。犯人の意外性も当時話題となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました