FX週間テクニカル分析 2022/11/14〜11/18の見通し 米CPIの市場予想を下回る結果に対して米長期金利の急降下でドル安トレンドへ転換か。12月FOMCに注目。豪ドル円も調整局面か

FXブログ
FX週間テクニカル分析 2022/11/14〜11/18の見通し 米CPIの市場予想を下回る結果に対して米長期金利の急降下でドル安トレンドへ転換か。12月FOMCに注目。豪ドル円も調整局面か

▼USD/JPY 米CPIの市場予想を下回る結果に対して米長期金利の急降下でドル安トレンドへ転換か。予想レンジは132.710〜144.830
▼EUR/USD 中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは1.0048〜1.0660
▼EUR/JPY +1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは140.400〜146.970
▼AUD/JPY 中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは91.540〜94.620
▼GBP/JPY 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは161.270〜167.160
▼ZAR/JPY 中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.900〜8.200
▼TRY/JPY −2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.270〜7.650
▼MXN/JPY 短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは6.790〜7.440

  1. USD/JPY
    1. USD/JPY 週足の見通し:米CPIの市場予想を下回る結果に対して米長期金利の急降下でドル安トレンドへ転換か。予想レンジは132.710〜144.830
    2. USD/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. USD/JPY サマリー
  2. EUR/USD
    1. EUR/USD 週足の見通し:中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは1.0048〜1.0660
    2. EUR/USD 日足の見通し:中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯
    3. EUR/USD サマリー
  3. EUR/JPY
    1. EUR/JPY 週足の見通し:+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは140.400〜146.970
    2. EUR/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. EUR/JPY サマリー
  4. AUD/JPY
    1. AUD/JPY 週足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは91.540〜94.620
    2. AUD/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. AUD/JPY サマリー
  5. GBP/JPY
    1. GBP/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは161.270〜167.160
    2. GBP/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. GBP/JPY サマリー
  6. ZAR/JPY
    1. ZAR/JPY 週足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.900〜8.200
    2. ZAR/JPY 日足の見通し:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. ZAR/JPY サマリー
  7. TRY/JPY
    1. TRY/JPY 週足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.270〜7.650
    2. TRY/JPY 日足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
    3. TRY/JPY サマリー
  8. MXN/JPY
    1. MXN/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは6.790〜7.440
    2. MXN/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
    3. MXN/JPY サマリー
  9. FX週間テクニカル分析 2022 11

USD/JPY

USD/JPY 週足の見通し:米CPIの市場予想を下回る結果に対して米長期金利の急降下でドル安トレンドへ転換か。予想レンジは132.710〜144.830

USD/JPY 週足の見通し

USD/JPY 週足の見通し

 

・2017年1月より長期的に下落基調だったがバイデン政権になって反発
・2022年3月米FOMCにて米国政策金利利上げ決定。ドル高トレンド加速
・先週のドル円週足は、米CPIの結果が市場予想を下回ったことによる長期金利の急降下を反映して大幅下落
・今週は米当局者発言に注目。米CPIの結果に対してどのような評価をするのかに注意
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は6.061
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))132.710〜144.830

USD/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

USD/JPY 日足の見通し

USD/JPY 日足の見通し

 

・先週のドル円日足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

USD/JPY サマリー

・米CPIの市場予想を下回る結果に対して米長期金利の急降下でドル安トレンドへ転換か。予想レンジは132.710〜144.830

EUR/USD

EUR/USD 週足の見通し:中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは1.0048〜1.0660

EUR/USD 週足の見通し

EUR/USD 週足の見通し

 

・世界の外国為替市場で取引量世界2位のユーロ。ドイツの経済指標で相場が変動。周辺国である中東・東欧・アフリカで有事が起こった際には売りが出る傾向がある
・2021年半ばよりドル高ユーロ安トレンドが継続
・先週のユーロドル週足は中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯
・今週は上昇継続を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は0.03059
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))1.00480〜1.06600

EUR/USD 日足の見通し:中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯

EUR/USD 日足の見通し

EUR/USD 日足の見通し

 

・先週のユーロドル日足は中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯
・今週は上昇を予想

EUR/USD サマリー

・中期移動平均線をゴールデンクロス。買いサイン点灯。予想レンジは1.0048〜1.0660

EUR/JPY

EUR/JPY 週足の見通し:+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは140.400〜146.970

EUR/JPY 週足の見通し

EUR/JPY 週足の見通し

 

・取引量世界2位のユーロ、3位の日本円による通貨ペア。EURUSDとUSDJPYのそれぞれの通貨ペアのトレンドの把握が大切
・コロナ禍対応の金融緩和政策の出口が模索されつつあり、3本の移動平均線は上昇トレンドの兆しを示す
・先週のユーロ円週足は+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は3.282
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))140.400〜146.970

EUR/JPY 日足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

EUR/JPY 日足の見通し

EUR/JPY 日足の見通し

 

・先週のユーロ円日足は短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

EUR/JPY サマリー

・+1σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは140.400〜146.970

AUD/JPY

AUD/JPY 週足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは91.540〜94.620

AUD/JPY 週足の見通し

AUD/JPY 週足の見通し

 

・オーストラリアは世界有数の資源国。輸出品目は1位から鉄鉱石、石炭、天然ガス。輸出相手は1位から中国、日本、韓国
・そのため、中国の鉱工業生産指数や小売売上高にも注目
・先週の豪ドル円週足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は1.539
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))91.540〜94.620

AUD/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

AUD/JPY 日足の見通し

AUD/JPY 日足の見通し

 

・先週の豪ドル円日足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

AUD/JPY サマリー

・中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは91.540〜94.620

GBP/JPY

GBP/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは161.270〜167.160

GBP/JPY 週足の見通し

GBP/JPY 週足の見通し

 

・イギリスの通貨であるポンドは第二次世界大戦前は基軸通貨として流注しており、現在も世界第4位の取引量のメジャー通貨。
・ドルやユーロに比べれば取引量が少ないため投機の対象になりやすくボラティリティ(変動幅)が大きいという特徴を持つ。
・先週のポンド円週足は短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は2.947
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))161.270〜167.160

GBP/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

GBP/JPY 日足の見通し

GBP/JPY 日足の見通し

 

・先週のポンド円日足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

GBP/JPY サマリー

・短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは161.270〜167.160

ZAR/JPY

ZAR/JPY 週足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.900〜8.200

ZAR/JPY 週足の見通し

ZAR/JPY 週足の見通し

 

・南アフリカ共和国は金やプラチナ、ダイヤモンドが算出する資源国。南アフリカ中銀は消費者物価指数を調整するために高い政策金利を設定。
・2020年3月15日の米国政策金利利下げ時点から上昇トレンド
・先週の南アランド円週足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は0.151
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))7.900〜8.200

ZAR/JPY 日足の見通し:長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

ZAR/JPY 日足の見通し

ZAR/JPY 日足の見通し

 

・先週の南アランド円日足は長期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

ZAR/JPY サマリー

・中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.900〜8.200

TRY/JPY

TRY/JPY 週足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.270〜7.650

TRY/JPY 週足の見通し

TRY/JPY 週足の見通し

 

・トルコは若年層の労働者人口が増加中で、長期的な経済成長が期待
・エルドアン大統領はリラ安政策を継続しておりTRY/JPYは長期的な下落トレンド継続中
・先週のトルコリラ円週足は−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落継続を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は0.189
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))7.270〜7.650

TRY/JPY 日足の見通し:−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯

TRY/JPY 日足の見通し

TRY/JPY 日足の見通し

 

・先週のトルコリラ円日足は−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

TRY/JPY サマリー

・−2σラインをデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは7.270〜7.650

MXN/JPY

MXN/JPY 週足の見通し:短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは6.790〜7.440

MXN/JPY 週足の見通し

MXN/JPY 週足の見通し

 

・石油や天然ガス、銀などの鉱物資源が算出されるのでメキシコペソは資源国通貨。最大の貿易相手国であるアメリカとの関係が材料に。
・2020年3月15日の米国政策金利利下げ時点から上昇トレンド
・先週のメキシコペソ円週足は短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想
・週足終値の26週移動標準偏差σ(26)は0.324
・今週の予想レンジ(終値±週足終値のσ(26))6.790〜7.440

MXN/JPY 日足の見通し:中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯

MXN/JPY 日足の見通し

MXN/JPY 日足の見通し

 

・先週のメキシコペソ円日足は中期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯
・今週は下落を予想

MXN/JPY サマリー

・短期移動平均線をデッドクロス。売りサイン点灯。予想レンジは6.790〜7.440

 

※外為どっとコムのFX口座「外貨ネクストネオ」よりチャートを参照しています。
sakou.jpg 岩田仙吉(いわたせんきち)氏
株式会社タートルズ代表/テクニカルアナリスト
2004年、東京工業大学から一橋大学へ編入学。専門は数理経済学。卒業後、FX会社のシステムトレードプロジェクトのリーダーになり、プラットフォーム開発および自動売買プログラムの開発に従事。その後、金融系ベンチャーの立ち上げに参画。より多くの人に金融のことを知ってほしいと思い金融教育コンテンツの制作に集中するために会社を創業。現在は、ハイリスク・ハイリターンの投資手法ではなく、初心者でも長く続けられるリスクを抑えた投資手法を研究中。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX週間テクニカル分析 2022/11/14〜11/18の見通し 米CPIの市場予想を下回る結果に対して米長期金利の急降下でドル安トレンドへ転換か。12月FOMCに注目。豪ドル円も調整局面か

FX週間テクニカル分析 2022 11

ただ、2022年5月時点、豪州は積極的に利上げを行っているので、今後に注目しましょう。

関東財務局は11月10日、FTX Japanに対して行政処分を行い、暗号資産交換業の1カ月の業務停止などを命じた。 FTX Japanは親会社のFTXトレーディン ...

豪ドル/円の取引でオススメのFX会社は、以下の3社です。

まずは豪ドル/NZドルです。2014年からの長期チャートを見てみると、上限は1.14NZドル、下限は1.02NZドルのレンジ相場が続いています。直近だと1.12NZドルに到達できるかに注目です。

スプレッドはFX会社によって異なるため、取引するFX会社を選ぶ条件の一つにスプレッドが狭いことを挙げるトレーダーも少なくありません。現在では、FX会社のほとんどが「取引自体の手数料は0円」なので、このスプレッドが実質的な手数料となっています。

早朝や深夜など、時間帯によってスプレッドを広げているFX会社もあります。FX会社のホームページで提示しているので、確認しましょう。

経済指標の発表結果が外国為替市場に大きな影響を与えるとは言っても、主要国のすべての経済指標をチェックするのは困難です。そこでここからは、FXを取引する際に必ず押さえておきたい経済指標とその内容について説明します。

そこからは上昇基調となり、2020年7月には0.7米ドルを上抜き、2022年現在は下限0.7米ドル、上限を0.75米ドルで推移しています。直近だと、0.7米ドルを下抜くかに注目したいところです。

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】 店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】 店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。 【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】 店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。【共通】 店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

0.2銭というと、現在のFX業界では米ドル円並みの低スプレッドです。豪ドル円を高頻度に取引したい場合でも、さほどコストを気にせず取引することが可能です。

また裁量取引だけでなく、「みんなのシストレ」では自動売買の運用も可能です。FX以外にも「みんなのオプション」でオプション取引、「みんなのコイン」ではビットコインとイーサリアムを取引できます。

豪ドル/円の月足チャートを見ると、2015年から2020年にかけて下落基調でしたが、2020年4月からは上昇を続けています。直近は95円に何度もチャレンジしており、95円を上抜けるかに注目したいところです。95円を上抜けた場合は、2013年と2014年の高値100円が目安になりそうです。

サム・バンクマン-フリード氏の巨大暗号資産帝国にとって、11月の1週間は目が眩むような急展開であった。バンクマン-フリード氏が率いる取引所のFTXは引き出しを停止し、バ ...

暗号資産には安全装置が必要だろうか?後から考えれば当然に思えるが、バイナンスは11月9日、取り付け騒ぎ後にほとんどすべてを失った競合のFTX買収の方針を撤回した。...

FXで利益を出す方法には売買以外に、ポジションを保有し続けてスワップポイントを受け取る方法もあります。一方で、受け取るのではなく支払う場合もあるので、注意しましょう。ここでは豪ドル/円のスワップポイントについて解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました