新型プリウス 開発した「愛車」

FXブログ
新型プリウス 開発した「愛車」
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 新型プリウス 開発した「愛車」

カッコ良くて 楽しくて 燃費の良い新型プリウス

新型プリウスでは熟成を重ねたTNGAプラットフォームをベースに、新型プリウスのエモーショナルなデザイン・走りを実現するための改良を施した第2世代TNGAプラットフォームを開発し、低重心化や大径タイヤの採用を実現。

新型プリウスは、プリウスのアイコンとも言える「モノフォルムシルエット」を継承しながら、第2世代TNGAプラットフォームを採用。

新型プリウスは、ハイブリッド車は今冬、プラグインハイブリッド車は2023年春頃の発売を予定しています。

これまでハイブリッド車は退屈だと言われてきましたが、この新型プリウスの放つオーラは間違いなく、高いスポーティ性能によるものです。

さらに新型プリウスは、「一目惚れするデザイン」「虜にさせる走り」をキーワードとして掲げることで、数値や理屈ではなく、感性で選ばれるエモーショナルな愛車となるように開発がおこなわれてきました。

新型プリウスの開発コンセプトは「HYBRID Reborn」。これは100年に一度の変革期といわれる時代にプリウス自らが生まれ変わり新たなHYBRIDの象徴となるという決意が込められているといいます。

そんな新型プリウスの車両概要は、「Hybrid Reborn」のアイコンとしてエモーショナルなデザインへシフト。内装デザインは「アイランドアーキテクチャー」コンセプトを打ち出し、圧迫感のない空間と運転に集中しやすいコックピットを両立。

また従来ラゲージ部にあった電池パックを、リヤシート下部に搭載することで、低重心化とラゲージスペースの拡大を実現。新型プリウスのスポーティな走りと、利便性の向上を両立している。

カッコ良くて、楽しくて、燃費の良い新型プリウス。実車を見て、早く乗ってみたくなりました。

そうして、1997年の初代誕生から25年目となる2022年、新型プリウスとフルモデルチェンジを遂げました。

世界初公開された新型プリウスは「Hybrid Reborn」をコンセプトに、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を併せ持つエモーショナルなモデルへと進化しています。

新型プリウスに搭載されるパワートレインは、従来の1.8Lエンジンのハイブリッドシステムに加えて、システム最高出力193psを発生する2Lエンジンのハイブリッドシステム、そしてシステム最高出力223psを発生する2Lエンジンのプラグインハイブリッドシステムの3種類を用意。

新型プリウス初公開! 豊田社長「タクシー専用車でいいのでは?」開発陣「否!」

結果、新型プリウスの開発チームは車両コンセプトをコモディティ化へ振るのではなく、ハイブリッド車としての魅力をもっと強く押し出す事にした。それが同社の言う「Hybrid Reborn」だという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました