[米ドル円]雲の下限で下げ止まる

[米ドル円]雲の下限で下げ止まる
(米ドル円日足)

東京市場でドル円はゴトービのドル買いもあり140円62銭まで上昇。しかし、前日の高値140円80銭には届かなかった。欧州市場でユーロが上昇したことでドル売りが強まると138円95銭まで下落。その後発表された米10月PPIの結果を受け米長期金利が低下。ドル全面安となりドル円は損切りを巻き込みながら8月29日以来の安値137円66銭まで下落。その後は買い戻しが入り下落前のレベルを上抜け139円68銭まで上昇するなど荒っぽい動きが目立った。
目先は短期の買い戻しが一巡するまで昨日の安値137円66銭が底値として意識されるとみる。ただ、140円80銭付近でのダブルトップを形成するなどドルの上値は確実に切り下げており最終的に一段の下値を探る展開を予想する。

ドル円予想レンジ:140円60銭(61.8%)~138円50銭(雲の下限)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]雲の下限で下げ止まる

雲の下限で下げ止まる”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました