インボイス 激変緩和措置を検討

FXブログ
インボイス 激変緩和措置を検討
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 インボイス 激変緩和措置を検討

「インボイス」とは?

さて、インボイス制度について、まだ先のことだからと今まで研究を避けてきましたが、 少し触れてみるとその影響範囲が大きかろうことに気づかされます。

インボイスを発行することができるのは「適格請求書発行事業者」の登録が済ませてある事業者のみで、登録ができるのは課税事業者のみです。つまり、免税事業者のままでは登録ができません。

なお、不動産の賃貸借のように請求書等が発行されない取引については、中途で貸主が適格請求書発行事業者でなくなることも想定されますので、国税庁のホームページで貸主の状況を確認したうえで仕入税額控除の計算をする必要があります(インボイスQ&A問65)【国税庁HP:インボイスQ&A】。

「インボイス」とは?

インボイス制度は2023年10月からスタートしますが、激変緩和措置として経過措置期間が設けられています。経過措置期間は、インボイス制度開始までの期間は全額控除、開始後の6年間は50%以上の控除が受けられます。そのため、各事業者は経過措置期間中にインボイス制度に対して、どういった対応を取るべきか検討しておきましょう。

インボイス制度に対応すると軽減税率の計算や、適格請求書とそうでない請求書の仕訳など経理事務の負担増加が想定されます。実際に制度が導入されるにあたり、どの程度の負担が想定されて、負担に対して既存の人数でどの程度対応できるのか確認しおきましょう。

インボイス制度には経過措置があり、制度が開始してから6年間は50%以上の仕入税額控除が受けられます。当記事ではこの経過措置にスポットをあて、今後どういった対応をしていくべきかを説明していますので、参考にしていただければ幸いです。

インボイス制度とは、2023年10月からスタートする「適格請求書保存方式」のことを言います。この制度はインボイスという「適格請求書」を発行して、軽減税率等で影響を受ける消費税額を正確に把握することを目的としています。これにより、免税事業者が消費税を納付しない場合や、中小事業者が概算払いをする場合、本来納付すべき消費税額との差額が合法的に生じる事態を防ぐことが可能です。

課税事業者側は制度が開始後、取引先からインボイスが発行されないと仕入税額控除が受けられません。そのためインボイス制度が開始すると、仕入額控除を利用したい課税事業者は取引先に対してインボイスの発行を要求する場面が増えてくることでしょう。

政府、与党が来年10月のインボイス(適格請求書)制度導入で消費税を新たに納めることを選んだ中小事業者に対し、税負担を和らげる激変緩和措置の導入を検討していることが17日、分かった。18日に正式に始動する与党の税制調査会で年末までに詳細を詰め、2023年度税制改正大綱に盛り込む。

なお、激変緩和の趣旨から、インボイス制度の導入後6年間は、インボイス制度において仕入税額控除が認められない課税仕入れであっても、区分記載請求書等保存方式において仕入税額控除の対象となるものについては、次の割合で仕入税額控除が認められています(平成28年改法附則52、53)。

「適格請求書保存方式」とは、インボイス制度ともよばれ、原則として「適格請求書発行事業者」から交付を受けた「適格請求書」等の保存および帳簿の保存を、仕入税額控除の要件とするものです(新消法30①⑦,57の4①)簡単に言えば、適格請求書(インボイス)発行事業者には、取引の相手方の求めに応じたインボイスの交付義務が課せられ、交付しなければ取引の相手方は仕入税額控除ができなくなるということだと思われます。

元来、広く不動産業では、課税売上や非課税売上が混在し、「課税売上割合」の算出など、他業種に対して比較的消費税に関する検討項目が多いという認識でしたがインボイス制度の導入にあたってさらに検討対象が増えると想定しています。個別対応方式に係る論点についてはこちら。

政府、与党が来年10月のインボイス制度導入で消費税を新たに納めることを選んだ中小事業者に対し、税負担を和らげる激変緩和措置の導入を検討していることが17日、分かった。

各種制度上の詳細な取り扱いの説明については、他に譲るとしまして本稿では、不動産業者(主に本稿では宅建業者登録している事業者や貸家業を営んでいる事業者をイメージしています)とインボイス制度について記載してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました