ドル円の買い時?売り時?が、スマホアプリで分かっちゃう!?新しくなった『外貨ネクストネオ「GFX」』で個人投資家の心理を読み取れ! まんが!週刊FX 2022年11月17日

FXブログ
ドル円の買い時?売り時?が、スマホアプリで分かっちゃう!?新しくなった『外貨ネクストネオ「GFX」』で個人投資家の心理を読み取れ! まんが!週刊FX 2022年11月17日

と~っても忙しい人に、まんがでお届けするFX。
今回おさえておきたいネタはこれだ!

f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
今回は外為どっとコムのFXスマホアプリ外貨ネクストネオ「GFX」が、バージョンアップしたということで、開発を担当した営業部Wさんにお越しいただいたのだ!よろしくなのだ~
f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
よろしくお願いします
開発メンバーを代表して、私がしっかりと『外貨ネクストネオ「GFX」』はどう進化を遂げたのか皆さまにご紹介いたします
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
お願いしますなのだ~
f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
この度、お取引に役立つ複数の機能がバージョンアップしましたが、特におすすめの機能「外為注文情報」「売買比率情報」「ポジション比率情報」の3つをご紹介します
「外為注文情報」「売買比率情報」「ポジション比率情報」
※外為どっとコムのFX口座「外貨ネクストネオ」でお取引をされているお客様の取引情報です
※いずれも提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します

 

f:id:gaitamesk:20190906142652p:plain
でも、外為注文情報売買比率情報ポジション比率情報もこれまで、外為どっとコムのHPから確認することは出来たのだ~
f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
ベレーちゃん、FXトレードは1分、1秒が勝負です
アプリ内で情報収集からFXトレードまで完結できれば、お客様にもっと喜んでいただけると思い、頑張って組み込みました!
f:id:gaitamesk:20190816145611p:plain
そっそうだったのだ!失礼しましたなのだ~
f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
では、さっそく外貨ネクストネオ「GFX」の画面を開いてみます

ログイン後に画面下部の中央あたりにある「マーケット」をタップします
まず、『外為注文情報』ですが、外為どっとコムでお取引をされているお客様の指値・ストップ注文が、売り・買いそれぞれどのレートにどのくらい入っているのかここから一目で確認できます

外為注文情報

f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
価格帯ごとの売買注文状況を把握できるから、相場分析や売買判断がやりやすいとあって、ベレーちゃんも日頃からFXトレードで見通しを立てるときに重宝しているのだ!
簡単に説明すると、買いの指値注文が多ければ「この先は上昇すると見通しを立てている人が多いかな?」って感じなのだ~
f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
そのとおりです!
あとは、買い(売り)の指値注文のエリアをタップすると、買いの指値(売りの指値)の新規注文画面を開くことも出来ますので、画面の切り返しが少なくトレードもスムーズです

より具体的な活用については、以前にベレーちゃんにしっかり説明いただいていますね

f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
『外為注文情報』は『売買比率情報』や『ポジション比率情報』と合わせて使うことで、為替相場を読む精度をあげることが出来ると思います
続いて、この2つがどういったツールなのかご紹介します

売買比率情報

f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
『売買比率情報』は外為どっとコムでお取引をされているお客様より発注された、売買注文の新規・決済別の比率が表示されます
新規注文で「買う」人が多いのか、保有している買いポジションの取引を終了させるために「売り」の決済注文を出している人が多いのかなどがわかります
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
つまり、トレンド(上がる?それとも下がる?)やスタンス(買う?それとも売る?)を読み取ることができるのだ~
f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
さすが、ベレーちゃんです!!
最後に『ポジション比率情報』ですが、こちらは外為どっとコムのお客様が毎営業日クローズ時点で保有されている売り・買いポジションのバランスです

例えば、買いポジションが多ければ、「上昇すると見通しを立てている方が多い」と読み取れます
あとは、ポジションが極端に片方に大きく膨らんでいる場合には、今後は反対方向に大きく動きだす可能性があるかも?とも考えられます

ポジション比率情報

f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
ようするに、買いのポジションを持っていれば、利益確定の場合にも損失確定の場合にも必ず「売り」の決済注文を行うことになるのだ~

だから、買いポジションの比率が多いということは、通貨の価格が上昇すれば「利益確定の売り注文」、反対に下落すれば「損切りの売り注文」が一気に入ると、ドル/円は「下落」に転じる可能性があるかもってことなのだ!

f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
補足の説明ありがとうございます!
つまり、売買比率が「買い」あるいは「売り」のどちらかに傾いている場合、そのトレンドが継続すると読むか、そろそろトレンドの転換点と読むかというように2通りの読み取りができるのです
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
『売買比率情報』では「買い注文」が多いのか、「売り注文」が多いのかはわかるけど、それが「新規注文」なのか「決済注文」なのかは解らないから、単体で使うよりも『売買比率情報』や『ポジション比率情報』の合わせ技で為替相場の予測の精度が上がるってことなのだ~
f:id:gaitamesk:20190816161523p:plain
「売買のタイミングがわからない」とお悩みの方は、ぜひFX取引の売買判断に活用いただければ嬉しいです!
進化した『外貨ネクストネオ「GFX」』をよろしくお願いします
f:id:gaitamesk:20190906142419p:plain
外為どっとコム総研の神田調査部長が以前に『外為注文情報』と『ポジション比率情報』を使った分析方法を解説してくれているから、プロならではの活用術を皆さんも参考にして欲しいのだ~

外為どっとコム総研 神田卓也のTwitterアカウントはこちら

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円の買い時?売り時?が、スマホアプリで分かっちゃう!?新しくなった『外貨ネクストネオ「GFX」』で個人投資家の心理を読み取れ! まんが!週刊FX 2022年11月17日

コメント

タイトルとURLをコピーしました