ドル円139円台で推移 レンジ相場へ移行か

FXブログ
ドル円139円台で推移 レンジ相場へ移行か

ドル円139円台で推移

16日のドル円は、昼過ぎにかけてウクライナ情勢に関する地政学リスクの後退などを背景に140円台まで上昇しましたが、その後夕方には139円台前半まで押し戻されました。以降はアメリカの指標発表や要人発言を受けて上下する場面もありましたが、本日にかけて大きな方向感のない動きが続きました。

16日は朝からウクライナの隣国ポーランドにロシアのミサイルが着弾し死者が出たとの報道が行われ、一時国際社会の緊張が高まりました。アメリカのバイデン大統領がミサイルについて「ロシアから発射された可能性は低い」との見解を示したことが伝わると、地政学リスクの後退を背景にドル円は140.29円付近まで上昇しましたが、その後139円台まで押し戻されました。

日本時間の22時半には米10月小売売上高が発表され、結果が堅調であったことから再びドル円は上昇し140円台を回復しましたが、その後23時過ぎに発表された米10月鉱工業生産が市場予想を下回ったことなどを受けて139.04円台まで反落しました。

その後は米FRB高官の発言を受けて小幅に変動する場面などがありつつも、本日にかけて139円半ばを挟んだレンジ内で推移しました。

ドル円はレンジ相場へ移行か

ウクライナ情勢をめぐる地政学リスクが一旦後退し、アメリカの利上げペースの減速を意識したドル売りは一服したとの見方もある中、ドル円は今後レンジ相場に移行する可能性が高いと見られています。

直近の材料としては、本日22時半にアメリカの失業保険の申請件数等に関する指標や、11月フィラデルフィア連銀製造業景気指数などの発表が予定されており、これらの結果に相場が反応する可能性に注意が必要です。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円139円台で推移 レンジ相場へ移行か

ドル円139円台で推移 レンジ相場へ移行か

外国為替レートが、固定相場制から変動相場制に変わったのは1971年のことですが、変動相場制に移行してからのドル円の値動きを見ると、バブル経済真只中の1987年まで、円高が進んだ後、1ドル=76円から150円の間のレンジで推移しているからです。かなりワイドなレンジではあるのですが、ドル円は35年間という非常に長い期間、このレンジ内で行ったり来たりを繰り返しているだけなのです。

16日のドル円は、昼過ぎにかけてウクライナ情勢に関する地政学リスクの後退などを背景に140円台まで上昇しましたが、その後夕方には139円台前半まで押し戻されました。以降はアメリカの指標発表や要人発言を受けて上下する場面もありましたが、本日にかけて大きな方向感のない動きが続きました。 16日は朝からウクライナの隣国ポーランドにロシアのミサイルが着弾し死者が出たとの報道が行われ、一時国際社会の緊張が高まりました。アメリカのバイデン大統領がミサイルについて「ロシアから発射された可能性は低い」との見解を示したことが伝わると、地政学リスクの後退を背景にドル円は140.29円付近まで上昇しましたが、その後139円台まで押し戻されました。 日本時間の22時半には米10月小売売上高が発表され、結果が堅調であったことから再びドル円は上昇し140円台を回復しましたが、その後23時過ぎに発表された米10月鉱工業生産が市場予想を下回ったことなどを受けて139.04円台まで反落しました。 その後は米FRB高官の発言を受けて小幅に変動する場面などがありつつも、本日にかけて139円半ばを挟んだレンジ内で推移しました。

■長期のドル円レートを俯瞰すると、1973年のフロート制移行から1990年代半ばまで、購買力平価(PPP)にそって一貫して大きな円高トレンドが続いていました。しかし、バブル崩壊以降の日本の景気停滞が目立ち始めた1995年以降は一方通行の円高トレンドは影を潜め、2000年以降は100円を中心としたプラスマイナス約20円のレンジで推移しています。

ウクライナ情勢をめぐる地政学リスクが一旦後退し、アメリカの利上げペースの減速を意識したドル売りは一服したとの見方もある中、ドル円は今後レンジ相場に移行する可能性が高いと見られています。 直近の材料としては、本日22時半にアメリカの失業保険の申請件数等に関する指標や、11月フィラデルフィア連銀製造業景気指数などの発表が予定されており、これらの結果に相場が反応する可能性に注意が必要です。

逆にいえば、1ドル=139円から132円へと円高が進むなか、「こんなに急激な円高を見てしまうと、やはり外貨建ての金融商品はリスクが高い」などと考える人もいるかも知れませんが、その認識も間違いです。

■いずれも足元の水準とは大きな乖離がありますが、トレンドが出ると行き過ぎることも多い外為市場の特性を考えると、一つの参考値として頭の片隅に置いておいたほうが良さそうです。

実際、年初からのドル円レートの推移は、米国10年国債利回りの推移と連動していた(図表1)。日本銀行のイールドカーブ・コントロールのもとで、日本の10年国債利回りの変化幅はかなり小さいことから、米国10年国債利回りの水準が日米間での10年国債利回り格差を決めることになる。

ところが、4月下旬に米国10年国債利回りが一時3.5%まで急激に上昇した時期を境に、米国10年国債利回りとドル円レートの関係は薄れていく。先行きの経済の悪化観測、来年の利下げ観測などを背景に、米国10年国債利回りは3.5%から再び3%程度まで下落した。それ以前の関係が維持されていれば、ドル円レートは130円程度にまで戻っているはずだが、実際には139円まで円安が進んだのである。

本日は、ETHUSDの日足から見ていきます。現在、1822ドル前後で推移しており、ドル建てでは並行チャネルレンジの下限ラインで推移をしている状況です。このテクニカル分析ですと、まさに買い場になります。またRCI26と52も+80ラインを超えて天井に貼り付いているため、強気相場を示唆しております。もしかすると、まさに今が絶好の押し目のタイミングかもしれません。ここで反発をするならば、今度は並行チャネルの上限ラインに向けて進むことになります。それでは円建てで見ていきましょう。

■また、為替レートの長期的な水準を決めるのは「各国の生産性の動向である」、という実証研究もあります。そこで、ドル円レートが初めて1ドル100円に到達した1994年の年末の終値(99円58銭)を基準に、日米の労働生産性(一人当たり実質国内総生産)の推移からドル円レートを推計すると、足元の推計値は124円34銭となります(1995年から2022年の米国の労働生産性は53.6%改善、日本は同23.0%)。現状の為替レートから見ると若干の円高水準となりますが、こちらも同じく2標準偏差の幅を持たせて考えると、相場が行き過ぎた局面では156円程度まで円安が進んでもおかしくないと言えそうです。

■現在のように、外為市場で明確な「円安トレンド」が現れた場合、通貨価値の下落が「悪い円安論」で語られるような実体経済の悪化をもたらすことで、もう一段の円安を引き起こす「悪循環」が生じるリスクについても、意識しておく必要がありそうです。このため、レベル感に頼った安易な逆張りはケガの元ともなりかねず、当分は注意深く市場の動向を見ていく必要がありそうです。

■過去5回の円安局面の平均値を見ると、期間は10.4カ月、値幅は29円3銭、そして変動率は30.4%となっています。こうした数字を今回の円安局面に当てはめると、2020年3月につけたドルの高値112円23銭を上抜けた2021年10月11日を起点に考えた場合、円安余地は期間で残り3カ月、値幅で見たドルの上値のメドは141円、変化率で見た場合は146円となります。

ドル円レートは150円まで進むとの見方もあるが、そこまで円安が進むためには、図表1、図表2で示唆される2年国債利回り、10年国債利回りが4%半ば近くまで上昇することが必要となる。それは4月のピークを1%近くも上回る水準だ。既に米国の景気悪化観測、来年の利下げ観測が市場に織り込まれる中、予想外の物価高を確認しても、その水準まで利回りが上昇する可能性は低いのではないか。

■そこで、あらためてPPP(生産者物価指数基準)の示唆するドル円レートを確認すると、2022年3月末時点では86円80銭となっており、足元の水準は既に大きく円安に乖離しています。ただし、過去に相場が大きく動意づく局面ではPPPと実際のドル円レートは概ねプラスマイナス2標準偏差(σ)程度の乖離が生じており、今回も相場が行き過ぎる局面では147円近辺まで円安が進んでもおかしくない計算となります。

そもそも固定相場制のもとで、1ドル=360円だったドル円が、変動相場制への移行を経て、1987年に1ドル=150円まで円高が進んだのは、日本経済が1960年代の高度経済成長と、1980年代のバブル経済があったからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました