FX/為替「ドル/円、徐々にレンジへ移行」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月17日号

FXブログ
FX/為替「ドル/円、徐々にレンジへ移行」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月17日号

外為どっとコム トゥデイ

主要通貨ペア(ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円)について前営業日の値動きをわかりやすく解説し、今後の見通しをお届けします。

作成日時 :2022年11月17日9時00分
執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

目次

▼16日(水)の為替相場
(1):豪7-9月期賃金指数 予想を上回る
(2):露・NATOの衝突は避けられるとの公算高まる
(3):英CPI 41年ぶりの高水準
(4):米小売売上高 予想を上回る
(5):複数の米要人発言

▼16日(水)の株・債券・商品市場

▼外為注文情報/ ▼本日の見通し/ ▼ドル/円の見通し:徐々にレンジへ移行/ ▼注目の経済指標/ ▼注目のイベント

16日(水)の為替相場

期間:16日(水)午前7時10分~17日(木)午前6時55分 ※チャートは30分足(日本時間表示) 出所:外為どっとコム

(1):豪7-9月期賃金指数 予想を上回る

豪7-9月期賃金指数は前年比+3.1%と予想(+3.0%)を上回り、4-6月期(+2.6%)から伸びが加速した。7月から最低賃金の引き上げが実施された事などが影響した模様。

(2):露・NATOの衝突は避けられるとの公算高まる

米国のバイデン大統領は、前日にポーランドに着弾したミサイルについて「軌道を見る限りロシアから発射された可能性は低い」との見解を示した。ロシアと北大西洋条約機構(NATO)の衝突は避けられる公算が高まったとの見方からユーロが上昇。リスク選好の円売りも相まってユーロ/円を中心にクロス円が上昇した。ドル/円も上昇したが、ユーロに対するドル安の影響などから上げ幅は小さかった。

(3):英CPI 41年ぶりの高水準

英10月消費者物価指数(CPI)は前年比+11.1%と予想(+10.7%)を上回り、41年ぶりの高水準となった。エネルギー・食品・アルコール飲料・タバコを除いたコアCPIも前年比+6.5%と予想(+6.4%)を上回る伸びとなった。ただ、市場の反応は限定的だった。その後、ベイリー英中銀(BOE)総裁は「冬以降のインフレの顕著な低下を見込む」などと述べた。

(4):米小売売上高 予想を上回る

米10月小売売上高は前月比+1.3%と予想(+1.0%)を上回った。自動車を除いた売上高も前月比+1.3%と予想(+0.5%)を上回る伸びとなった。自動車とガソリンを除けば+0.9%だった(予想+0.2%)。高インフレや金利上昇の中でも消費が堅調であることを示す結果となり、一時ドル買いが強まった。ただ、140円台に乗せると戻り売りが強まり、139円台前半へと反落した。米10月鉱工業生産が前月比-0.1%と予想(+0.1%)を下回ったことも重しとなった。

(5):複数の米要人発言

米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は「50bpの利上げ減速に対する違和感は薄れた」と発言。これを受けてドルはやや下落した。これより前にカンザスシティ連銀のジョージ総裁は「利上げを継続する必要があるが、利上げペースを緩めるべき」、サンフランシスコ連銀のデイリー総裁は「現在、利上げの一時停止は検討されておらず、ペースは議論中」などと述べた。

16日(水)の株・債券・商品市場

ドル/円 外為注文情報(FX板情報・オーダー状況)

<外為注文情報はこちら>

【情報提供:外為どっとコム】

  • ※ 「外為注文情報」とは、外為どっとコムの『外貨ネクストネオ』でお取引をされているお客さまの指値やストップ注文の状況を確認できるツールのことを指します。
  • ※また、高機能チャート(無料)では「取引分析」 を選択することで、チャート上に注文情報の表示が可能です。
  • ※ 尚、この外為注文情報は情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。

 

人気通貨ペア 本日の予想レンジ

ドル/円の見通し:徐々にレンジへ移行

昨日のドル/円は終値ベースで約0.2%上昇。138.70円台まで下落する場面もあったが、140.20円台へと切り返すなど底堅く推移した。一方で、米10月小売売上高が予想を上回る伸びとなったにもかかわらず140円台に定着できず139円台へ押し戻されるなど上値は重かった。

来週に米感謝祭休暇を控える中、米国の利上げペースダウンを見越したドル売りは一巡したと見るが、ドルをあらためて買う動きは強まりにくいようだ。ドル/円は来週にかけて徐々にレンジ色の強い相場展開へ移行すると見られ、本日も落ち着きどころを探る動きが続くだろう。

注目の経済指標:米新規失業保険申請件数

注目のイベント:英秋季財政計画発表

※時間は日本時間での表示になります。
※「注目の経済指標」「注目のイベント」は注目度が高い順に「◎」「○」「無印」で表示しております。
※発表時刻は予告なく変更される場合があります。また、予定一覧は信憑性の高いと思われる情報を元にまとめておりますが、内容の正確性を保証するものではございませんので、事前にご留意くださいますようお願いいたします。

 
kanda.jpg

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「ドル/円、徐々にレンジへ移行」 外為どっとコム トゥデイ 2022年11月17日号

FXは 社会情勢によって相場が大きく動きます

FX市場は東京だけではなく、ウェリントン・シドニー・ロンドン・ニューヨークなど、世界各国で開かれています。

FXでは取引ツール上において、為替レートがどのような形式で表示されているのでしょうか? その見方はとても簡単で、みんなのFXのパソコン用ツールとスマートフォン用アプリを例に説明していきます。

下記は、SBI FXトレードの取引可能時間です。

これがトレンドと呼ばれるものです。FXではこうしたトレンドを観察することが重要で、流れに上手く乗ることができれば、より利益を伸ばせるようになります。

FXは、社会情勢によって相場が大きく動きます。

Aさんは米国株式Bを株価:100米ドル、1米ドル=80円で100株購入すると同時に、FXで株式購入金額と同額分の為替ヘッジを行なうことにしました。

FXは売りからも取引できるため、円安傾向の時のみならず円高傾向の時においても、為替ヘッジをすることができます。

FXは平日であれば基本的に自分の好きなタイミングで取引が可能ですが、注意点もあります。

そこでCさんは豪ドル建債券Dの購入予定代金(200万円)とは別に20万円を用意し、1豪ドル=80円にてFXで為替ヘッジを行なうことにしました。

注文の際に必要となる証拠金は、DMM FXでは各通貨ペアとも取引の額に対して、個人口座、法人口座とも最低4%以上の証拠金が必要となります。なお、法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額と、取引の額に4%を乗じて得た額のどちらか高い額以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

2017年以降のように狭いレンジ(値幅)で上下動を繰り返すもみ合い相場においても、自身の判断で機動的な売買が可能なFXならこまめに利益を積み重ねることも可能です。その安値付近で買って高値付近で売る一方、高値付近で売って安値付近で買い戻すというトレードを繰り返していくのです。

FXには「米国サマータイム制度」があり、夏の間は時計の針を1時間進めた時刻を使います。そのため、夏時間と冬時間で取引可能時間が変わることに注意しましょう。

FXは一般的な外貨商品に比べ、スプレッド(買値と売値の幅)が比較的狭く設定されていますので、為替ヘッジコストが割安です。

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】 店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】 店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。 【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】 店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。【共通】 店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

日本円を売って外国通貨を買うというパターンの取引では、エントリー時よりも円安になった時点で決済すると利益が出ると前述しました。FXの場合、為替差益が得られるのはそのパターンだけにとどまりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました