ドル円140円台へ上昇 今後は米感謝祭を控え様子見ムードか

FXブログ
ドル円140円台へ上昇 今後は米感謝祭を控え様子見ムードか

ドル円140円台へ上昇 指標発表や米連銀総裁発言を受けて

17日のドル円は夕方にかけて139円台で大きな方向感なく推移した後、米長期金利の上昇や指標発表、米セントルイス連銀総裁の発言などを受けて上昇し、本日未明に一時140.73円台を付けました。

17日は夕方にかけて139円台で小幅な値動きが続きましたが、17時半頃から米長期金利の上昇を背景にドル買いの動きが強まりました。

22時半にはアメリカの複数の指標が発表され、新規失業保険申請件数が予想を下回り、10月住宅着工件数が予想を上回ったことから利上げの継続が意識され、ドルは続伸しました。米セントルイス連銀のブラード総裁が利上げの継続を示唆する発言を行ったことも材料となり、ドル円は一段高く上昇し本日未明に140.73円台となりました。

今後は米感謝祭を控え様子見ムードか

本日午前8時半頃に日本の10月全国消費者物価指数(CPI)が発表され、変動が大きい生鮮食品を除いた指数は前年同月比で3.6%の上昇となり、市場予想を上回りました。相場への影響は限定的だったものの、1982年2月以来およそ40年ぶりの上昇率となり、急速な円安により物価が押し上げられていることがあらためて意識されました。

本日は24時に米10月中古住宅販売件数、米10月景気先行指標総合指数が発表されます。来週にはアメリカの感謝祭を控えており、ドルが大きく上昇する動きは出づらいと見られていますが、引き続き突発的な動きに注意が必要です。

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル円140円台へ上昇 今後は米感謝祭を控え様子見ムードか

ドル円140円台へ上昇 今後は米感謝祭を控え様子見ムードか

より厳密に考えると、筆者は、この150円に至るまでに円安のピークを付けるとみる。今次の円安局面は、12月末よりも手前の11月末までに1ドル148円に向かい、そこが円安の天井になって、その後は円高方向に切り返すと考えている。1998年8月の円安水準を僅かに超えるところが天井とみられる。

まぁ個人ではどうにもならない話なので、かねてからセミナーでも話してきたように、私は財産の半分をドル建て資産(含む金)で運用している。自らプロでリスクを痛感しているから、FXなどという投機は一切やらない。プロの個人資産運用は地味なものだ。外貨アレルギーの強い日本人には、ドルやユーロと言っても為替リスクが怖いと言うが、私は円だけを持つリスクの方が怖い。円安で円の購買力が50年ぶりの低さに低下していることの方が怖い。それでも日本人の多くは「円なら安心。外貨は不安」と言う。資産を円だけで持つリスクも考えるべきだろう。20年後、日本の通貨は人民元になっているかも。そういう歴史を多くの国は経てきているのだ。日本は元寇の時「神風」(台風)が吹いてくれて助かったけど、あれはラッキーだった。でも今回のウクライナ侵攻で、台湾に中国人民解放軍が侵攻という有事や北朝鮮ミサイルが日本領土内に落下など、これまでは「まさか」と思われていたシナリオのハードルが低くなった。金価格が1800ドルに下がったとか、2000ドルに上がったとか、短期的な話ではなくて、長期資産としての金も、これからが日本における本格デビューだと感じている。

2021年10月の時点で、NY市場の雰囲気を察した筆者があちこちに118円説を書いた時、日本の主流は115円まで到達するにはハードル高しという見解だった。実質実効為替レートなどを持ち出し、それとの乖離などを論じ、円安行き過ぎなどと説いていた。思わず「あなたには行き過ぎかもしれないけど、全く違った価値観で売買する人たちが、NYでは更なる円売りに動く気配だよ」と言ったものだ。更に、長期的に為替レートは国が稼ぐ力で決まる。残念ながら少子高齢化で、移民も拒む日本の企業は、米国企業のダイナミズムには勝てない。願わくは日本の優れた技術力を持って、日本にも米アップルやグーグルのような大企業が出現して欲しいのだけど。

こうした日本側の事情を概観すると、9~11月は円安が進みやすく、12月には円高方向のイベントが予想される。今後、9~12月は様々な思惑によって為替相場が動きやすくなるだろう。

タイミングを考えると、11月にFOMCが終了してからしばらくすると、ドル高基調は天井を打つだろう。米長期金利も、そこでは低下するだろう。

それが生じるタイミングは最短で12月のFOMC後、遅くとも来年1-3月期とみておきたい。それまでの間にドル円が再び150円台に突入する可能性は残されているだろう。しかし、もはや160円台に入る可能性はかなり低下したと言えるのではないか。

18日午前の東京市場でドル円は140円台から失速。

今後、ドル円レートはどこまで円安が進むのだろうか。1998年8月は、最安値1ドル147円66銭まで行った。9月初の米雇用統計は堅調だった。次は、8月の消費者物価(9月13日発表)が注目される。そして、9月20・21日にFOMCが開催される。そこでは+0.75%の追加利上げが予想される。

17日のドル円は夕方にかけて139円台で大きな方向感なく推移した後、米長期金利の上昇や指標発表、米セントルイス連銀総裁の発言などを受けて上昇し、本日未明に一時140.73円台を付けました。 17日は夕方にかけて139円台で小幅な値動きが続きましたが、17時半頃から米長期金利の上昇を背景にドル買いの動きが強まりました。 22時半にはアメリカの複数の指標が発表され、新規失業保険申請件数が予想を下回り、10月住宅着工件数が予想を上回ったことから利上げの継続が意識され、ドルは続伸しました。米セントルイス連銀のブラード総裁が利上げの継続を示唆する発言を行ったことも材料となり、ドル円は一段高く上昇し本日未明に140.73円台となりました。

逆に言えば、追加利上げが米経済を悪化させる見方になれば、先々の利下げ予想が連想されて、為替相場の流れはドル安に転じるだろう。8月26日のジャクソンホール会議では、パウエル議長がたとえ痛みを伴ってでも追加利上げの手綱を緩めないとメッセージを送った。そのことは、2023年内にも利下げに転じるという見方を否定するものだった。

FRBは、ドル高が天井を付けたとしても、消費者物価が5~8%とまだまだ高く、目標の2%まで遠いとメッセージを発するだろう。それも、ドル安を後押しする要因になりそうだ。

しかし、0.5%はなお大幅な利上げである。FRBの利上げ姿勢が従来と比べて明確に後退し、それを受けて米国の長期金利が明確にピークをつけるまでドル高円安の流れが転換したとは言えないだろう。

2022年内のドル円レートの展開を予想すると、趨勢として円安に進んでいく見通しだ。1ドル148円まで円安が進むと予想されるが、年内3回のFOMCで追加利上げが行われると、どこかで引き締めが効いて、米景気見通しが悪化するだろう。そこでは、相場の流れがドル高円安からドル安円高へと転換していくとみられる。

ドル売りは、対円だけではなく、ユーロやポンドもドルに対して上昇した。ユーロ/ドルは7営業日ぶりにパリティ(1ユーロ=1ドル)を超え、終値でも1.00ドル以上を保っている。ポンド/ドルも1.15ドル台へ。

しかし、3月上旬から9月初までのトレンドが必ずしも一本調子であった訳ではなかった。5月初から中旬と7月後半から8月初までの2回は、ドル円レートの動きは踊り場的な様相になった。これは、FOMCの手前のタイミングである。6月14・15日のFOMCでは+0.75%の利上げ、7月26・27日のFOMCでも+0.75%の利上げが行われている。結局、+1.50%の追加利上げで▲6円ほどトレンド線は円高方向に下方修正されている。利上げによって、マクロ景気が悪化する懸念があると、円安ペースは攪乱される。おそらく、9月、11月、12月のFOMCでも同じような攪乱が起こり、円安ペースは一時的に鈍るだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました