米ドル/円 週間為替見通し「市場の思惑は少しハト派寄り!ドル/円は転換線トライか」ハロンズ2022/11/19

FXブログ
米ドル/円 週間為替見通し「市場の思惑は少しハト派寄り!ドル/円は転換線トライか」ハロンズ2022/11/19

f:id:gaitamesk:20210907122100p:plain

執筆:外為どっとコム総合研究所 小野 直人

目次

執筆日時 2022年11月18日 17時00分

市場の思惑は少しハト派寄り!ドル/円は転換線トライか

11月14日週の米ドル/円は安値から切り返す展開

米国の利上げペース鈍化観測から、ロング勢のストップロスを巻き込んで137.673円まで下げ幅を広げました。しかし、少しやり過ぎ感があったほか、ブラード米セントルイス連銀総裁がFF金利の最終到達点であるターミナルレートが5-7%になるとの見解を示すと、140.733円まで戻しました。もっとも、米金融当局者の利上げの道筋に対する見解が分かれる中で、ドル/円の反発も限定的でした。(各レート水準は執筆時点のもの)

※相場動向については、外為どっとコム総研のTEAMハロンズが配信している番組でも解説しています。

f:id:guh202109:20220728184343p:plain

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が、平日21時より配信するFXライブ番組

FX、米CPI Live、ドル円155円到達の条件、FTX:為替市場に与える影響(2022年11月10日)- YouTube

米金利到達点はまだ高水準を維持

来週も、各種イベントを通じて引き締めに対する米金融当局の方向性を探る格好になりそうです。注目されそうなのは、23日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨でしょう。米金融政策を巡っては、これまでの超タカ派から少しトーンダウンしているものの、FRBの焦点はインフレ対応との立場は変わっていません。そのため、FOMCでも、米金利の最高到達点見通しが直ちに引き下げられるような、議論にはなっていないと思われ、今回の議事要旨でもそれほどタカ派色が薄くなった感じにはなりづらそうです。足許の市場の利上げペース鈍化観測には、金利の到達点低下期待も少し紛れ込んでいる様子で、この部分が議事要旨を受けて剥落すれば、米ドル/円は底堅さを増しながら急落からの戻りを試すことになりそうです。

もっとも、金融引き締めの長期化が米国の景気後退を招くとの見方はこれまで以上に強く想起されているため、ドル反発も限定的と思われます。また、来週は感謝祭の休暇を控え、市場参加者が減少するなかで値が飛びやすく、相場の急変時には想定以上に値幅が広がる危険があるため、ストップはこまめに設定して短期売買に注力したいです。それと、感謝祭の翌日のブラックフライデーの行方も一応、気にかけておきたいです。

100日線ではなく、転換線突破がポイント

1月24日示現した今年のこれまでの安値(113.466円)からの上昇幅の61.8%レベルを維持しており、上昇トレンドが終了したとの見方は早計でしょう。140.970円付近を推移する100日移動平均線も、右肩上がりで強い抵抗感はありません。時間経過とともに、100日線を突破して戻りを試すことになるのではないでしょうか。その上で、142.305円付近を低下中の日足一目均衡表・転換線を突破できるかどうかがポイントでしょう。

【米ドル/円チャート 日足】

USDJPYチャート

出所:外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
予想レンジ:
USD/JPY:138.500-142.500

11/21 週のイベント:

11/22(火) 米国 11月リッチモンド連銀製造業指数
11/23(水) 米国 MBA住宅ローン申請指数(前週比)
11/23(水) 米国 新規失業保険申請件数
11/23(水) 米国 10月耐久財受注
11/23(水) 米国 10月耐久財受注・輸送用機器除く
11/23(水) 米国 11月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)
11/23(水) 米国 11月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)
11/23(水) 米国 11月総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)
11/23(水) 米国 11月ミシガン大学消費者態度指数・確報値
11/23(水) 米国 10月新築住宅販売件数
11/23(水) 米国 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
11/24(木) 日本 9月景気先行指数(CI)・改定値
11/24(木) 日本 9月景気一致指数(CI)・改定値
11/25(金) 日本 11月東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)
11/25(金) 日本 対外対内証券売買契約等の状況

一言コメント

外為どっとコム総合研究所のTEAMハロンズ(@TeamHallons) が平日毎日21時よりライブ配信しています。番組では、注目材料の紹介、テクニカル分析でエントリーポイントや利食い・損切りポイントを解説し、実際にリアルトレードも行っています。ご興味のある方は、一度、こちらにアクセスしてみてください。

 
●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 米ドル/円 週間為替見通し「市場の思惑は少しハト派寄り!ドル/円は転換線トライか」ハロンズ2022/11/19

米ドル/円は経済指標の強弱に一喜一憂することになりそうです

この特徴があてはまるのであれば、米ドル陰線は先週だけにとどまらず、今週以降も続く可能性があるでしょう。

ところで、米ドル/円は、8月に入って早々に130円割れ寸前まで急落しましたが、上述のように137円まで戻ってきたことで、米ドル安・円高への警戒感も大きく後退したようです。むしろ、7月に記録したこの間の米ドル高値である139.4円近辺を更新する可能性も視野に入ってきました。

それにしても、先週の米ドル/円が比較的大きく反落し、上述のように8週間ぶりの米ドル陰線引けとなったのは、直接的には米景気懸念を示す経済指標に反応し、米金利が低下したことに連れた結果だったでしょう。

そうなると、この間の高いボラティリティを考えた場合、米ドル高値を更新し140円の大台をトライする可能性も十分あるでしょう。米ドル/円の週間値幅が先週のように4円以上となるなら、今週の予想レンジは135.5~140円中心となるのではないでしょうか。

そもそも、一時140円に急接近した米ドル高・円安は、米金利との関係では「行き過ぎ」懸念も目立ち始めていましたが、先週末にかけて米金利が低下すると、それに米ドルも連動、比較的大きな米ドル反落となりました(図表2参照)。

日足チャートでは、米ドル/円は1998年の高値を上抜け、前回は1990年代前半に見られた水準まで上昇している。この上昇トレンドにより、価格はフィボナッチ・エクステンション61.8%の水準149.93に到達している。この水準を確実に上抜けた場合、上昇トレンドは続き、78.6%の水準152.54が視野に入ってくる可能性がある。下落に転じた場合でも、恐らく20日単純移動平均線(SMA)がサポートとなり、再び上昇に転じそうである。

今週は、25~27日にジャクソンホール会議が開かれ、そのなかで26日にパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の発言が予定されています。このシンポジウムではこれまで何度か金融政策に関する重要発言が飛び出しており、注目のイベントです。このためパウエル議長のジャクソンホール「タカ派発言」を警戒した米ドル買いを試す展開が予想されます。

それが、FOMC議事録公表などをきっかけに修正に向かったことが米ドル買いをもたらしたということでしょう。ちなみに先週の米ドル高は対円に限ったものではなく、対ユーロなどでも同様でした。結果として、ユーロ/米ドルは再び1ユーロ=1米ドルといったパリティ(等価)割れの可能性が出てきました。

先週の米ドル/円は、週初こそ132円台を付ける場面もありましたが、その後はほぼ一本調子で米ドル高・円安の展開となり、一時は137円台を付けるまで米ドル一段高となりました[図表1参照]。

先週米ドル高・円安へ大きく戻す展開となった要因は、前回も指摘したように米金利からみて米ドルが「下がり過ぎ」となっていた分の修正が入ったという考え方が基本でしょう[図表2参照]。

それにしても、先週の米ドル/円の週間値幅も4円以上となり、相変わらずの高いボラティリティでよく動く相場が続きました。

来週は11/1(火)に米10月ISM製造業景況指数、11/2(水)に米連邦公開市場委員会(FOMC)、11/3(木)に米10月ISM非製造業景況指数(総合)、11/4(金)に米雇用統計と重要イベントが並んでいます。特に重要なのはFOMCであることに変わりありませんが、FEDウォッチャーのニック・ティミラオス氏の指摘にあった「継続利上げに対しそれが本当に必要か再考する可能性」の真偽を確かめるのであれば、他の指標結果も注視されます。米ドル/円は経済指標の強弱に一喜一憂することになりそうです。 もっとも、筆者は最終的には米国の利上げペースダウンはあっても、利上げサイクルは当面続くとの思いから、米ドル/円は日米金利差拡大を手掛かりに再度上方向を試すことになるのではないかと考えています。ただ、最近の米ドル安の理由が①FRBの利上げペース鈍化観測、②月末のリバランスフロー、③債券市場の流動性低下による財務省による国債買い戻し、④日本・中国当局による自国通貨買い介入、⑤日銀・FOMC前のポジション調整など多岐にわたるため、イベントを通じても米ドル相場が安定しない可能性はあり、金利差だけを頼りに米ドル買いに大きくポジションを傾けるのは危険です。

一方、15日発表の8月小売売上高は前月比横ばいとなる見込み。7月実績の0.0%との比較で改善しなかった場合、リスク回避的なドル売りが強まる可能性がある。なお、欧州中央銀行(ECB)は9月8日開催の理事会で0.75ポイントの大幅利上げを決定したが、ユーロ圏経済への先行き不透明感は消えていない。ECBは追加利上げを計画しているようだが、ユーロ売り・米ドル買いが続いた場合、米ドル・円の取引でも米ドル買い・円売りが優勢となる可能性がある。

米ドル/円、ユーロ/米ドル、メキシコペソ/円に次いで低スプレッドの印象です。

そのなかで、先週を除いた3回の米ドル陰線は、3月から5月にかけて米ドル陽線が9週連続した後に3週連続で起こったものでした。この米ドル高・円安相場には、一方向に動きやすいという特徴があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました