増える小さな遺影 スマホに保存も

FXブログ
増える小さな遺影 スマホに保存も
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 増える小さな遺影 スマホに保存も

増える小さな遺影 スマホに保存も

生前に遺影写真を準備するためには、フォトスタジオを利用するという選択肢もあります。 「終活」が盛り上がる世の中だからこそ、需要に伴い、生前に遺影用の写真を撮影する「遺影撮影サービス」の業者も増えています。

デジカメやスマホの画像データから写真を選ぶ際は、できるだけ画素数が大きい写真を選びましょう。

写真を選ぶ際には『はっきりと写っている』事が重要になります。選んでいただいた写真から引き伸ばすことになる為、ピントが合っていないとボヤけてしまいます。最近ではデジタルカメラやスマートフォンで撮影された『データ形式』でも対応してくれる葬儀社も増えてきています、特にスマートフォンの場合は保存数を増やすために画素数を低く設定している方が多いので引き伸ばしに耐え得るだけの画素数のものを選んでください。

しっかり選んだ遺影写真ですから、故人様が生前お世話になった方々にもご覧いただいてお別れしてもらいたいと願うご家族もいらっしゃるかと思います。しかし、昨今感染症の影響を考慮して身内のみのごく小さなご葬儀が増えています。

近年では終活の一環として、事前に自分の遺影を作成する人も増えてきました。

家族が保管場所を忘れてしまうといったアクシデントも、ないとは言いきれません。複数人に伝えておいたり、あらかじめ「終活」についてまとめたメモを残しておくなど、工夫が必要です。写真をデータで保存している場合は、PCやスマホのパスワードもあわせて伝えておくと良いでしょう。 プリントアウトしてあるのかなど、細かい点においてもしっかり家族と共有しておくことが大切です。

解像度の良い写真であること 写真を選ぶ際は、拡大しても綺麗に映るように、解像度にも注意しなければなりません。 解像度が低いと、引き伸ばしに耐えられず、最終的に全体が粗くなってしまうことがあります。 中には、準備が足りておらず、免許証などの証明写真を用いる場合もあるようですが、サイズが小さいことからぼやけてしまうので好ましくありません。 最近撮影されたものであれば、カメラの性能も良くなっているため特に心配はいりませんが、デジカメやスマートフォン、プリント写真から選べると良いでしょう。 また、プリント写真を選ぶ場合は、表面に起伏がある編み目プリントの写真より、光沢プリントの写真の方が遺影写真の加工において相性が良いようです。

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真の場合はデータのまま渡すとよいでしょう。画素数が200万以上あると、サイズを拡大してもぼやけることはないようです。

利便性や洋式建築が主流になるにつれて、仏間を作らない家が増えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました