日本最小? 軽自動車の路線バス

FXブログ
日本最小? 軽自動車の路線バス
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 日本最小? 軽自動車の路線バス

日本最小 軽自動車の路線バス

ダイハツのリッターカーとして1977年に初代が登場したシャレードは、4ストロークの3気筒エンジンを搭載して登場した。現在では軽自動車やコンパクトカーを中心にほとんどの車種が採用している4ストローク3気筒エンジンではあるが、当時は振動の面で不利とされており、バランサーシャフトを採用することで振動を低減したことはかなりチャレンジングなものだったのである。

実際に乗り合いバス事業者にとって、経営環境は年を追って悪化している。日本バス協会によれば、1968年の年間約101億人をピークに、1908年には約43億人になっているという。同時に収益も減っている。特にその減少率は大都市よりも地方で激しく、輸送人員も営業収入も激減する一方である。さらに2002年の規制緩和によって、新規参入が楽になった反面で、不採算路線からの撤退もより自由になった。ということは、そのまま地方の山村部を巡る、一日数本で数人しか乗客が見込めないような路線が次第に廃止されるという状況が、より顕著になってきているわけである。

古くはミラやムーヴ、現在ではタントやタフト、コペンなどさまざまなタイプの人気軽自動車をリリースし続けているダイハツ。その一方でダイハツの普通車というとブーン、ロッキー、トール、アルティスにメビウスと、トヨタのOEMもしくは共同開発車のみで、オリジナリティの面では軽自動車に及ばないイメージではないだろうか。

ダイハツ・ミラがやってきた←路線バスです 路線バスといえば、50~60人乗りの大型車両を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし実際には車両の種類や大きさも様々。香川県では、なんと軽自動車を使った路線バスが走っています。

四国の道を歩きながら、多数の紅葉マーク付き軽自動車を目にするたびに、クルマが無ければ成り立たない社会は不幸だと考えていた。

現在販売されている軽自動車のボディサイズを一覧で紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました