アルファード 高価なのに人気の訳

FXブログ
アルファード 高価なのに人気の訳
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 アルファード 高価なのに人気の訳

それに室内幅や室内高ではアルファードと同等といっていいでしょう

中古車に抵抗がある人もいるかもしれませんが、中古車ならではのメリットが多くあります。ここではアルファードを中古車で購入するメリットを解説しましょう。

そのなかで高価格車なのに、突出して好調に売れている車種がトヨタ アルファードだ。売れ筋グレードの価格帯は400〜550万円だが、2021年1〜6月の登録台数は、1ヶ月平均にして9463台に達した。

そこで今回はアルファードとステップワゴンを比較して今買うならどちらがおすすめなのかを解説します。

特に人気は、高級ミニバンを象徴する豪華装備のオプションが組まれたアルファードであり、それを適正に査定するのはアルファードの買取専門店やミニバン買取専門店です。

ランキングを見ても分かるように、アルファードはヴェルファイアよりも人気の高い車種です。

アルファードの最新事情は?

走るオフィスとか走るラウンジが欲しい、なんていう超いそがしいひとには、トヨタ「アルファード・エグゼクティブラウンジ」は選択肢のひとつだろう。メルセデス・ベンツ「Sクラス」が、機能面からいうと、現時点で最高のラウンジカーかもしれない。でも、アルファードという”解”もあるのだ。

市場価値の高いアルファードだからこそ、少しでも高く売りたい方、初めてクルマを売る方におすすめのサービスですので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

ラゲッジスペースはどちらが広いでしょうか。メーカーの公式データによると、アルファードはサードシートまで使用時で205L(VDA方式)。そしてサードシートをたたんでセカンドシートを一番後ろまでスライドした状態で1346L(VDA方式)となっています。

とはいえステップワゴンもMクラスミニバンとしては、クラス最高レベルの広さを確保しています。それに室内幅や室内高ではアルファードと同等といっていいでしょう。広さで不満を感じることはないはずです。

また、古くて過走行で故障が多いアルファードも廃車買取がおすすめです。こういった古いアルファードもまだ現役で走行している個体が多く、中古部品としての価値があるため、廃車買取であれば買取が可能です。

ステップワゴンの価格は2,998,600円~3,846,700円となります。Mクラスミニバンとしてしては決して安くはありませんが、クラスが上のアルファードと比べると、非常にお手頃に感じます。

海外に輸出されるアルファードは、新車も中古車も輸出における関税が各国で決められています。この関税は、日本で1年以上使用した中古車になると一気に安くなる場合がほとんどなので、アルファードの中古車は海外で安く買えるとあって人気です。

なにより、価格差だ。メルセデス・ベンツSクラスのロングボディの「S500」が約2000万円からなのに対して、アルファードは760万円ほどで手に入る。2列目シートでまったりしたいひとにとって、ありがたいことだろう。

アルファードはこれまでに2回フルモデルチェンジを行っていますが、中古車であれば前のモデルを購入することも可能です。希望車種を探しやすいという意味でも、アルファードを中古車で購入するメリットは大きいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました