ドル・円は主に140円台で推移か、米大幅利上げ予想でドル売り縮小の可能性

FXブログ
ドル・円は主に140円台で推移か、米大幅利上げ予想でドル売り縮小の可能性

f:id:okinawa-support:20190822160736j:plain

 

東京市場オープニングコメント

「ドル・円は主に140円台で推移か、米大幅利上げ予想でドル売り縮小の可能性」
 18日のドル・円は、東京市場で140円50銭から139円64銭まで反落。欧米市場では139円69銭まで下げた後、140円42銭まで反発し、140円38銭で取引終了。本日21日のドル・円は主に140円台で推移か。米大幅利上げの可能性は残されており、リスク回避的なドル売り・円買いは縮小するとみられる。
 米連邦準備制度理事会(FRB)は、12月と1月に合計1ポイントの追加利上げを実施するとの見方が増えており、日米金利差の拡大を意識したドル買い・円売りがただちに縮小する可能性は低いとみられる。直近の米インフレ率は市場予想を下回ったものの、FRB当局者は金融引き締めを維持する姿勢を崩していない。ブレイナードFRB副議長は将来の利上げ幅縮小の可能性に言及しながらも、利上げを継続する意向を伝えている。11月23日に公表される連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(11月1-2日開催分)で利上げピーク時の金利に関する議論から利上げ継続の方向が明確に示された場合、リスク選好的なドル買いが強まる可能性がある。

《午前8時現在》 ドル・円: 139.50円-141.00円 139円台半ば近辺でドル買い興味
         ユーロ・円: 144.00円-145.50円 144円近辺でユーロ買い興味
         豪ドル・円: 93.00円-94.50円 93円近辺で豪ドル買い興味 

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は主に140円台で推移か、米大幅利上げ予想でドル売り縮小の可能性

赤い点線枠内がドル安と円安が同時進行した時期

レンジ:目先はFRBのタカ派姿勢から米ドルが対円で118~119円に上昇するが、リスクオフの地合いを受けて113~115円に下落する可能性もある。

楽天証券が10月末に実施した相場アンケート調査によると、個人投資家2,009人のうち1,541人(77%)が、11月のドル/円は「ドル高/円安」に動くと予想している。個人投資家のほとんどは、今月もまだ円安が続くと考えている。

足元の米長期金利は上昇が一服しているものの、「クロス円も円安傾向となっていることからドル円は下がりにくい地合い」(上田東短フォレックスの営業企画室室長、阪井勇蔵氏)という。また、136円後半では押し目買いに支えられ、下値は固いとみられる。

【図表4】米ドルと日本円の名目実効為替相場の推移(2021年1月以降)。赤い点線枠内がドル安と円安が同時進行した時期。

いまの円安がアメリカ側の要因(ドル高)ではなく日本側の要因によって起きていることの証左と言っていいだろう【図表4】。

ドル/円大幅円高、6円下落して140円割れ寸前。「米CPI逆ショック」で米利上げはピークつけたか?

FRBの利上げ幅が0.25%まで縮小することが強く意識された時点で、金融市場は大きな転換点を迎え、米国の長期金利の上昇及びドル高傾向は一巡すると見込まれるが、現状ではまだそこには至っていない。その転換点に至る時期は、12月のFOMC後から来年1-3月期とみておきたい。

1998年4月に1ドル140円を超えたところで2兆円超の円買いドル売り介入に踏み切った例があるので、今回もそのあたりで介入があるとの見方が散見されるが、逆に言えば、そうした昔話を持ち出すことでしか意味のある節目を見つけるのが難しい状況ということだ。

きょうのドル/円は、米金利や株価の動向をにらみながら、底堅く推移するとみられる。今晩発表される6月の米卸売物価指数で強い伸びが確認されれば、米国の積極的な金融引き締めが意識され、ドルは直近の高値を更新し、138円台に乗せる可能性がある。

しかし、すぐに買い戻しが入り1.00ドル後半まで上昇するなと、「思ったよりも下方向にいかなかった」(国内金融機関)という。ただ、欧州景気減速懸念や欧米の金融政策の違いから「ユーロ/ドルの下値不安は払拭されず、今後パリティを割れる時間帯が長くなる可能性がある」(同)との見方がでている。

きょうの予想レンジはドル/円が136.70―138.20円、ユーロ/ドルが0.9970─1.0120ドル、ユーロ/円が137.40―138.90円付近。

ただし、緩やかながらドルは上昇しており、その動きが円安とまったく無関係とは言い切れない。それでも、円安をドル高の「裏返し」と断言するのはさすがに無理がある。

現在、ドル/円は137.41円付近、ユーロ/ドルは1.0055ドル付近、ユーロ/円は137.41円付近で推移している。

6月の米消費者物価指数(CPI、季節調整済み)が40年超ぶりの大幅な伸びを示したことを受けて、米連邦準備理事会(FRB)が積極的に金融引き締めを進めるとの見方から、ユーロ売り/ドル買いが加速した。

<09:05> ユーロ1.00ドル前半で弱含み、下値不安払拭されず ユーロ/ドルは1.0036ドル付近。前日の海外市場では一時、0.9998ドルと、パリティ(等価)を割りこみ、2002年12月以来の安値を付けた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました