FX/為替「円ネットショート減少」【今週のIMMポジション】2022/11/21

FXブログ
FX/為替「円ネットショート減少」【今週のIMMポジション】2022/11/21

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移から為替市場の全体的な状況と投資マインドを読
み解きます。

執筆・監修:株式会社外為どっとコム総合研究所 調査部長 神田卓也

目次

▼IMMポジション ドル/円
円ネットショート減少

▼IMMポジション ユーロ/ドル
ユーロネットロング増加

▼IMMポジション ポンド/ドル
ポンドネットショート減少

ドル/円

IMMポジション ドル/円

ポイント

【円ネットショート減少】
11月15日時点で円のポジションは、ドルに対して6.6万枚の売り越し(ネットショート)。
ショートの取り崩し度合いが大きかったことから、ネットショートは前週から0.9万枚減少。
期間中のドル/円相場は、米10月消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことをきっかけに米連邦準備制度理事会(FRB)が12月の会合で利上げペースを緩めるとの観測が強まり、約2カ月半ぶりに一時137円台へと下落した。
投機筋の円売り解消の動きがドル/円の下落に拍車をかけた可能性が高そうだ。

ユーロ/ドル

IMMポジション ユーロ/ドル

ポイント

【ユーロネットロング増加】
11月15時点でユーロのポジションは、ドルに対して11.3枚の買い越し(ネットロング)。
ロングの積み増し度合いが大きかったことから、ネットロングは前週から0.5万枚増加。
期間中のユーロ/ドル相場は、約4カ月半ぶりに1.0480ドル前後まで上昇した。
米10月CPIの鈍化をきっかけにドルが調整する中、相対的にユーロの先高観が強まったようだ。

ポンド/ドル

IMMポジション ポンド/ドル

ポイント

【ポンドネットショート減少】
11月15日時点でポンドのポジションは、ドルに対して3.3万枚の売り越し(ネットショート)。
ショートの取り崩し度合いが大きかったことから、ネットショートは前週から0.7万枚の減少。
期間中のポンド/ドル相場は、英10月失業率が低水準にとどまったことから1.2029ドル前後まで上昇。
英国の景気後退懸念が和らいだことから投機筋はポンド売りポジションの一部を手仕舞ったようだ。ドルの先高観が薄れたこともポンド売りの手仕舞いを誘ったと考えられる。

↓↓↓IMMポジションのソースはこちら
IMMポジション

「為替チャート|ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)|ドル/円(USDJPY)|60分足」はこちら

「為替チャート|ユーロ/ドル(EURUSD)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)|ユーロ/ドル(EURUSD)|60分足」はこちら

「為替チャート|ポンド/ドル(GBPUSD)|60分足」はこちら

「高機能チャート(テクニカル分析)|ポンド/ドル(GBPUSD)|60分足」はこちら

 
kanda.jpg

株式会社外為どっとコム総合研究所 取締役 調査部長 上席研究員
神田 卓也(かんだ・たくや)
1991年9月、4年半の証券会社勤務を経て株式会社メイタン・トラディションに入社。 為替(ドル/円スポットデスク)を皮切りに、資金(デポジット)、金利デリバティブ等、各種金融商品の国際取引仲介業務を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の創業に参画し、為替相場・市場の調査に携わる。2011年12月より現職。 現在、個人FX投資家に向けた為替情報の配信を主業務とする傍ら、相場動向などについて、WEB・新聞・雑誌・テレビ等にコメントを発信。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル FX/為替「円ネットショート減少」【今週のIMMポジション】2022/11/21

ここまで FX会社のスワップポイントを比較してきました

FX取引において失敗要因になったことについても調査したところ、「損切りができなかった」が29.1%で最多となりました。

アイネット証券の「ループイフダン」は高水準のスワップポイントが魅力のFX自動売買ツールです。売買するタイミングを設定しておけばツールが自動で取引を行うため、初心者でも利用しやすいのがメリットです。

FXでは自分の資金を担保に取引を行います(これを証拠金といいます)。スワップポイントを長期的に運用するなら、証拠金は余裕を持った金額にするのがおすすめです。

FXのスワップポイントは毎日変動するため、必ず利益が出るとはいえません。スワップポイントを利用するには多少のリスクが必要で、絶対稼げる方法は存在していません。

スワップポイントは、FX会社によっても異なります。

ここまで、FX会社のスワップポイントを比較してきました。

24時間市場が動き続けているFXの取引にはスマートフォンアプリが最適。外出先でのレートやニュースといった情報収集はもちろん。PC並みの分析も可能です。 楽天銀行が誇るスマホ向け最先端トレーディングツール「新・楽天銀行FX powered by iSPEED」は、どなたでも無料でご利用いただけます。

しかしFX初心者の方の中には、そもそもスワップポイントで稼ぐとはどんな仕組みなのかをよく理解していない方も多いのではないでしょうか。

FX取引で失敗した経験があるかどうか聞いてみると、8割以上の方が「ある」と回答しました。スワップポイントの運用でも失敗することは当然あるため、気をつけたいところですね。

FXは売りからも取引できるため、円安傾向の時のみならず円高傾向の時においても、為替ヘッジをすることができます。

外貨預金では、外貨を「買ってから売る」という順序でしか取引ができません。これでは、円高が継続しているような局面では、外貨預金だと「為替差損」を被る可能性が高くなります。しかし、FXは、「外貨を売ってから、買い戻す」という順序でも取引が可能です。 例えば… 米ドル安・円高が続く局面では、外貨預金では為替差損を被ることになりますが、FXであれば「米ドル売り円買い」取引によって米ドル安・円高でも為替差益を得ることもできます。

FXでスワップポイント運用におすすめのFX口座は、GMOクリック証券です。GMOクリック証券は高水準のスワップポイントが魅力的なFX口座で、手数料も安いので初心者にもおすすめです。

数千円という少額から始められる投資として、FXは注目されてきている。FXの取引をユーロでおこなうなら、ユーロががどのような特徴を持ち、変動要因にはどのようなものがあるのか知っておこう。

また、FXに関しては、現在ユーロにおいてショート(売り)している投資家が多い。そのため相場が下がりにくくなっている。

通常、FXで利益を得るには建て玉を建て、取引を行わなくてはなりません。チャート分析を行い、世界情勢のことを考える必要もあり、大きな負担がかかるのが現実です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました