[ユーロ米ドル]調整の動き

[ユーロ米ドル]調整の動き
(ユーロ米ドル日足)

週明け東京市場でドル買いが先行するとユーロは1.0333を高値に上値の重い展開で推移。欧州時間に発表されたドイツ10月PPIが予想を大きく下回ったこともユーロの下押し圧力となり1.0227まで下落した。その後1.0262まで買い戻されたが上値は重かった。特にユーロ売り材料があった訳ではなく、11月10日の米CPI発表後に進んだドル売りの調整とみる。先週1.0482の高値をつけたことでテクニカル的に調整の動きを誘発したとみる。
米感謝祭を控え一段の調整売りが入る可能性もあるが、11月10日からの上昇幅の半値戻しとなる1.02ドル付近は強いサポートとして意識される。

ユーロドル予想レンジ:1.0280~1.0200(50%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [ユーロ米ドル]調整の動き

調整の動き”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました