豪ドル見通し「貿易加重平均では底堅く対円で押し目買い方針。日銀の金融政策スタンスの変更は警戒」

FXブログ
豪ドル見通し「貿易加重平均では底堅く対円で押し目買い方針。日銀の金融政策スタンスの変更は警戒」

なっとく豪ドル見通し

こんにちは、戸田です。

本シリーズでは、オーストラリアのマクロ経済政策などをもとに、豪ドルの現状や相場見通しについてお伝えしていきます。豪ドルなど通貨売買の参考にして頂ければ幸いです。

第30回目は「【豪ドル】貿易加重平均では底堅く対円で押し目買い方針」です。

目次

1.豪ドル相場の定点観測
2.豪ドルは貿易加重平均で見れば底堅い
3.ではどの通貨に対して豪ドルを買い持ちするのか?

1.豪ドル相場の定点観測

まずは現在の豪ドル相場について状況を確認します。

豪ドル相場表
出所:外為どっとコム、Investing.com

AUD/USDは2週間で215Pips上昇し、1AUD=0.6642USDとなりました。上値の重い展開が続いていましたが、2022年11月10日に発表された米10月CPI(消費者物価指数)が予想よりも弱い数値となったことで米ドル売りが加速、豪ドルは買い戻されました。直近はやや上値重く推移しています。

AUD/JPYは2週間で1.41円下落し、1AUD=93.22JPYとなりました。引き続きドル/円の上値が重かったことで、AUD/USDの上昇分を食いつぶした格好です。足元ではドル/円に持ち直しの動きが見られていますのでこれがどこまで続くのかが重要になってきます。

資源価格の総合的な価値を示すBCOMは▲2.59%でした。ミサイルがウクライナに隣接するポーランドに着弾するなど地政学リスクが高まる局面も見られたものの、直近のG20サミットにおいては中国を含む各国がロシアの核使用をけん制するなど、最大のリスクシナリオは回避できているように思います。資源国通貨である豪ドルを占うためにも、今後の戦況を注視していく必要があります。
※基本的に資源高は豪ドル高要因です

なおIMM通貨先物における投機筋の豪ドルポジションはネットで5,783枚増加し、ネットショートが▲44,749枚となりました。ここから見てとれることは、豪ドルが買い戻される展開の中で、ショートポジションを切らされている投資家も少なくいということです。まだまだショートポジションも溜まっていますので、ショート勢が燃料となって買いが加速する展開もイメージできます。

2.豪ドルは貿易加重平均で見れば底堅い

さて豪ドル(AUD/USD)は値を戻しつつありますが、それでも今年は売りが優勢の展開となりました。背景には基軸通貨である米ドルの利上げやQTの開始があり、これが米ドル高へとつながる一方で、豪ドル売りの材料となっています。

ですが唯一無二の基軸通貨である米ドルと比べるのは豪ドルにとってアンフェアと考えます。そこで本日は外為どっとコムにおける取引可能な通貨ペアと豪ドルを比較してみました。

豪ドル相場比較表
豪ドル対6通貨、日足、年初来チャート:上から、濃い赤=日本円、黄土色=英ポンド、青=NZドル、緑=ユーロ、薄い赤=カナダドル、ロウソク足=米ドル/出所:Investing.com

豪ドルは米ドルに対して▲8.21%と弱含んでいるものの、ユーロ+0.67%、NZドル+2.04%、英ポンド+4.90%、日本円+11.02%と、他通貨に対してなかなかの数値を残していることが分かります。またユーロや日本円に対して豪ドルを買い持ちとした場合にはスワップポイントも受け取りとなることから、実際にはより大きな値上がりを享受できていたことが確認できます。
※ユーロに対して豪ドルを買い持ちする場合には、EUR/AUDの売り建てとなります

またRBAの公開情報をもとに、豪ドル(AUD/USD)とTWI(trade-weighted index of the Australian dollar)と呼ばれる貿易加重平均を加えた豪ドル価値の推移をみるとAUD/USDと比較して、TWI の方がより底堅く推移していることが見てとれます。
※TWIはオーストラリアの90%以上の貿易を考慮した相対的な豪ドルの強さを示す指標

AUD/USDチャート
AUD/USDチャート/出所:RBA

貿易加重チャート
TWIチャート AUD/USDと比較して底堅く推移している/出所:RBA

本コラムにおいて豪ドルのファンダメンタルズが強いことをたびたび述べてきましたが、それは現在も変わっていません。また米ドルとの対比だけでなく、他通貨との値動きをみると豪ドルの底堅さを確認できます。

したがいまして基本的には今後も豪ドルを買い持ちしていくのが望ましい、これが私の考えになります。

3.ではどの通貨に対して豪ドルを買い持ちするのか?

ここで問題になってくるのが、豪ドルをどの通貨に対して買い持ちしていくのが望ましいのか?ということです。そこで改めて観測期間を短くした豪ドルとその他通貨に対する騰落率を見ていきます。

豪ドルの対主要通貨での推移
豪ドル対6通貨、時間足、2022年11月のチャート:上から、ロウソク足=米ドル、薄い赤=カナダドル、黄土色=英ポンド、緑=ユーロ、青=NZドル、濃い赤=日本円、/ 出所:Investing.com

今月に限ればAUD/USDの買い持ちが最もワークしています。ですがこれは米10月CPIを受けたドル高の調整と見ておくのが現時点では無難でしょう。なぜならば米国がさらに利上げを行い、QTを進めていくという方向に何も変わりはないからです。

と考えると少しどっしりとポジションを取っていくことを考えれば、まずは今月値下がりしていて、さらに今年最もパフォーマンスの良かったAUD/JPYを買い持ちしていくのが理にかないます

現在AUD/JPYはトレンドが出ていない状態ですが、徐々に下値を切り上げている状況でもあります。

AUD/USD 4時間足
AUD/USD4時間足チャート/出所:Investing.com

特に91円、92円では買いが強い状況で、下値が93円まで上がってきた印象もありますので、まずは落ちたタイミングではしっかり拾っていくということが私のトレード戦略となります。

ただし一点ご留意事項があります。それが日銀の金融政策スタンスの変更です。

たとえば日本の消費者物価指数が10月時点で年率+3.7%にまで上昇してきていることから黒田日銀総裁の会見トーンが少し柔軟になってきています。もし消費者物価がさらに上昇し続けるようなら、これが日銀の金融政策変更のトリガーとなる可能性が高まります。

また日銀がステルスでQT(量的緩和の縮小)を進めてきている可能性が高いです。日本のマネタリーベース(現金+民間銀行が有する日銀当座預金)と呼ばれる量的緩和の量を図る指標を月次で追っているのですが、ここにきて60兆円ほどの減少に転じています。

日本のマネタリーベース
日本のマネタリーベースは2022年4月のピーク687兆円から同年10月621兆円へと縮小している 出所:財務省

もともと日銀はマネタリーベースを増加させることでバズーカ緩和と呼ばれる金融緩和を行ってきました。そして、その金額をアナウンスなく減らしていることを筆者は「ステルスQT」と呼んでいます。このステルスQTが続くのであれば円高に振れてくる可能性が高まりますので、この月次データは今後もしっかりとモニターしていく必要があります

まとめますと日銀の動向を見守りつつ、豪ドル/円を押し目買いが良いと考えます

本日は以上となります。

引き続き、みなさんのお役に立つ記事を作成してまいりますので、応援して頂けますと幸いです。

<参考文献>
文中に記載しています。

<最新著書のご紹介>

不安定な金融情勢の今、資産を増やす・守るために投資すべき金融商品、銘柄、通貨とは?
元・在中国 金融アナリストがチャイナ&世界情勢から読み解く

ウクライナ侵攻後の世界経済 |書籍詳細|扶桑社

【インタビュー記事】

戸田裕大氏レポート

【「FX実力アップ教室」はこちら】

【「日本人の知らない香港情勢」はこちら】

 
f:id:gaitamesk:20200214172637p:plain

株式会社トレジャリー・パートナーズ 代表取締役
戸田裕大氏
2007年、中央大学法学部卒業後、三井住友銀行へ入行。10年間外国為替業務を担当する中で、ボードディーラーとして数十億ドル/日の取引を執行すると共に、
日本と中国にて計750社の為替リスク管理に対する支援を実施。2019年9月CEIBS(China Europe International Business School)にて経営学修士を取得。現在は法人向けにトレジャリー業務(為替・金利・資金)に関するサービスを提供するかたわら、為替相場講演会に多数、登壇している。著書に『米中金融戦争─香港情勢と通貨覇権争いの行方』(扶桑社/
2020 年)『ウクライナ侵攻後の世界経済─インフレと金融マーケットの行方』(扶桑社/ 2022 年)。

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、株式会社外為どっとコムは一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 豪ドル見通し「貿易加重平均では底堅く対円で押し目買い方針。日銀の金融政策スタンスの変更は警戒」

豪ドル見通し 貿易加重平均では底堅く対円で押し目買い方針 日銀の金融政策スタンスの変更は警戒

日銀が示した2023年度、24年度のコア消費者物価指数(CPI)見通しは、ともにプラス1.6%だった。従来の23年度プラス1.4%、24年度プラス1.3%から小幅な引き上げにとどまった。

日銀はきょうの金融政策決定会合で、現行政策の維持を維持を決めたと発表した。発表直後のドルは売買が交錯し、146.40円から146.80円付近を何度か上下した後、振れ幅をさらに拡大し、146.90円を付けた直後に146.00円まで急落するなど、激しい値動きとなっている。

まずは現在の豪ドル相場について状況を確認します。

1.豪ドル相場の定点観測 2.豪ドルは貿易加重平均で見れば底堅い3.ではどの通貨に対して豪ドルを買い持ちするのか?

きょうの日銀会合で政策変更を予想する声は事前の市場にほとんどなかったが、据え置き発表後の円相場は激しく上下。146円付近から後半までを行き来し、発表後6分間の値幅は上下90銭に達した。

きょうの日銀会合は据え置き予想が大勢だが、主要各国中銀がインフレ抑制の利上げを急ぐ中、金融緩和を堅持する日本の存在はさらに際立っている。もっとも、前回9月会合では、総裁会見直後に円買い介入が行われたため、今回は「大幅な円売りが進行するとは考えづらい」(証券)との声が出ていた。

こんにちは、戸田です。本シリーズでは、オーストラリアのマクロ経済政策などをもとに、豪ドルの現状や相場見通しについてお伝えしていきます。豪ドルなど通貨売買の参考にして頂ければ幸いです。第30回目は「【豪ドル】貿易加重平均では底堅く対円で押し目買い方針」です。

?米政府・米当局によるドル高容認スタンス(米国はインフレ抑制に繋がるドル高を強力に支持する構え)、?本邦貿易赤字拡大に伴う構造的な円売り圧力(今週発表された米8月貿易収支は過去最大の赤字額を記録)など、ドル円相場の上昇を連想させる材料が揃っています。

午前のドルは弱含み。米利上げ期待の後退を背景に、NZドルや豪ドルが底堅さを見せたが、対円は日銀が現行政策の維持を決めた後に激しく乱高下した。正午時点のドルは前日NY市場終盤から変わらずの146円前半。

コメント

タイトルとURLをコピーしました