人生100年時代 死ぬまで働くのか

FXブログ
人生100年時代 死ぬまで働くのか
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 人生100年時代 死ぬまで働くのか

人生100年時代 死ぬまで働くのか

日本人の平均寿命は男性80.98歳、女性87.14歳(どちらも2016年統計)なので、100年には遠く満たないが、平均寿命なのでより早く死ぬ人もいれば、より長く生きる人もいる。実際、年齢100歳の人というのはそう珍しくなくなってきており、そういう意味ではすでに人生100年時代は始まっているという見方もできる。

日本における社員教育は長らくOJT中心で行われてきたが、OJTは特定業務に関するスペシャリストを育てるには適しているものの、人生100年時代に求められるのは、OJTだけでは得られない業界・業種・職種を超えて通用するスキルである。

人生100年時代においては、社内・社外に関わらず社会全体で人材を最適に配置するという視点が必要です。 転職者を含む広いネットワークを作って事業を拡大していくために、次のような施策を行ってみましょう。

11月23日は勤労感謝の日。 勤労は国民の義務とされるが、いつまで私たちは働き続けるのだろう? 人生100年時代と言われる今、働く高齢者の数は18年連続で増え続けている。2021年4月に「改正高年齢者雇用安定法」が施行され、企業が高齢者の継続雇用や就業機会を確保しなければならない年齢は65歳から70歳に引き上げられた。 現在、65歳以上の4人に1人、65〜69歳の2人に1人が働いていることになる。

「人生100年時代」という言葉がよく使われるようになったのは、この2年くらいのことだ。2016年末に日本語版が出版されたリンダ・グラットン氏の『LIEF SHIFT―100年時代の人生戦略』がベストセラーになり、日本政府も2017年9月から「人生100年時代構想会議」を開催して人生100年時代を見据えた経済社会システムのあり方について検討を進めている。

働き方改革関連法の成立が目の前に迫っている。企業の中には、新法の施行を前に就業規則や人事制度を更新したところもあるだろう。ただし、働き方改革は終わりのない取り組みであり、新たな動きもすでに始まっている。その次世代の働き方改革を牽引するキーワードの1つが、「人生100年時代」である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました