[米ドル円]雲の下限を下抜け

FXブログ
[米ドル円]雲の下限を下抜け
(米ドル円日足)

昨日は東京市場が祝日で休場ということもありドル円は141円前半でのもみ合いが続いたがNY市場で急落。米新築住宅販売件数や耐久財受注などは予想を上回ったものの市場の反応は限定的。その後発表された11月PMIが予想を下回ると米長期金利が低下。ドル全面安となりドル円は一目の雲の下限となる140円80銭付近を下回ると売りが加速。断続的に損切りを巻き込みながら139円ミドルまで下落した。
マーケット終了間際に公開されたFOMC議事要旨では大半のメンバーが利上げペースの早期減速を支持していたことが明らかとなったことでドル円の売りが更に強まり139円16銭まで下落して引けている。
今日は感謝祭でNY市場が休場となることから全般に新たなポジションは持ちにくく、ポジションの修正がドルの下押し圧力となった可能性が高い。また、一目の雲の下限を下回ったことでドル売りの流れは当面続くとみる。
結局今日も上値は重いままと見るが薄商いの中で一時的に買い戻しが入るようなら戻り売りで臨みたい。

ドル円予想レンジ:140円40銭~138円70銭(76.4%)

※上記の内容は、利益の保証をするものではございませんので、ご自身で判断して取引を行ってください。

【公式】ヒロセ通商(LION FX)動画チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCYhBsV902gg58u-bXPsqipA

専門家による相場解説とFX攻略法動画を多数公開中
いいね&チャンネル登録お願いします

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) – ジャンル:株式・投資・マネー

[紹介元] かざみどり [米ドル円]雲の下限を下抜け

雲の下限を下抜け”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました