【ドル/円】:下値余地を探る動き。

FXブログ
【ドル/円】:下値余地を探る動き。

f:id:okinawa-support:20210302094851p:plain

 

2022年11月25日

【ドル/円】:下値余地を探る動き。

ドル/円は3手連続陰線引けとなり、上値を急角度で切り下げています。直近の陰線が下げエネルギーの強いものではなく、日足の下値抵抗も守って終えていますが、トレンドが弱い状態にあるので、買いは様子見です。売りは138.90-00で戻り売り。損切りは139.70で一旦撤退です。 短期トレンドは140.60-70の抵抗を上抜けて終えれば下値リスクが軽減されますが、142.50超えで終えない限り、“ドル強気”に変化しません。また137.60-70の抵抗を守り切れずに終えるか、値動きの中で137.50割れを見た場合は新たな下げエネルギーを得て135円方向への一段の下落に繋がり易くなります。 日足の上値抵抗は139.00-10,139.50-60,140.20-30に、下値抵抗は138.00-10,137.60-70,136.90-00,136.00-10にあります。

【ユーロ/円】:下値リスクがやや高い状態。

ユーロ/円は続落。144.00-10の日足の抵抗を実体ベースで守って終えていますが、日足の形状が悪化しており、下値リスクがやや高くなっています。143.60-70に週足の下値抵抗がありますが、これを割り込んで終えた場合は、短期トレンドが変化して140円方向への下落リスクが点灯します。買いは様子見です。売りは144.40-50で戻り売り。上値余地を144.70近辺まで見て置く必要があります。損切りは145.20で撤退です。上値抵抗は144.40-50,144.70-80,145.20-30に、下値抵抗は143.60-70,143.00-10,142.00-10にあります。146.00超えで終えれば“ユーロ強気”に変化します。

【ユーロ/ドル】:上値余地を探る動き。1.0450超えで終えれば一段の上昇へ。

ユーロ/ドルは前日足から上寄りした位置に値幅の小さい陰線が出ています。下げエネルギーの強いものではありませんが、1.0440-50の抵抗を上抜けておらず、下値リスクを残した状態です。買いは1日様子見です。売りは1.0430-40で戻り売り。損切りは1.0460で浅めに撤退です。1.0450超えで終えれば“ユーロ強気”に変化します。上値抵抗は1.0440-50、1.0490-00,1.0550-60に、下値抵抗は1.0360-70,1.0330-40,1.0300-10にあります。

© 2022/WFXA
当社に無断で複製または転送することは、著作権の侵害にあたります。民法の損害賠償責任に問われ、著作権法第 119 条により罰せられますのでご注意ください。尚、このレポートは情報提供を目的としており、投資の最終判断は投資家自身でなさるようお願い致します。
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 【ドル/円】:下値余地を探る動き。

ドル/円は3手連続陰線引けとなり 上値を急角度で切り下げています

弊社は2022年4月から12月までの期間におけるドル円の上限について、3月22日に122円から125円に引き上げました。短期的に120円を超えるドル高・円安は、やや行き過ぎと思われ、いったん調整も見込まれます。しかしながら、前述の通り、日本の貿易赤字が定着しつつあることを踏まえると、中長期的には需給面で円売り圧力が強まることも想定され、緩やかにドル高・円安が進む公算は大きいと考えます。

また、ドル円相場の過熱感を判断するオシレーター系チャートの1つである「RSI(相対力指数)」をみると、3月23日時点で84.1%と、(ドルが)買われ過ぎとされる70%水準を大きく超えており(図表1)、目先はドル安・円高方向の調整が入ってもおかしくはありません。ただ、通貨先物の投機筋ポジションは、まだ昨年秋口ほどの円売り越しには至っておらず、まだ円売り余力があるとみられます(図表2)。

ユーロ/ドルは前日足から上寄りした位置に値幅の小さい陰線が出ています。下げエネルギーの強いものではありませんが、1.0440-50の抵抗を上抜けておらず、下値リスクを残した状態です。買いは1日様子見です。売りは1.0430-40で戻り売り。損切りは1.0460で浅めに撤退です。1.0450超えで終えれば“ユーロ強気”に変化します。上値抵抗は1.0440-50、1.0490-00,1.0550-60に、下値抵抗は1.0360-70,1.0330-40,1.0300-10にあります。

仮に市場の織り込み通り、来年までに0.25%の幅で約10.5回の利上げが実施された場合、FF金利の誘導目標は2.75%〜3.00%を超えることになります。なお、3月16日に公表されたFOMCメンバーが適切と考えるFF金利の長期均衡水準は2.375%でした。市場の利上げ予想は、すでにこの水準を大幅に上回っているため、ここからよほどインフレ懸念が強まらない限り、米長期金利上昇とドル高の余地は大きくないと思われます。

ドル/円は3手連続陰線引けとなり、上値を急角度で切り下げています。直近の陰線が下げエネルギーの強いものではなく、日足の下値抵抗も守って終えていますが、トレンドが弱い状態にあるので、買いは様子見です。売りは138.90-00で戻り売り。損切りは139.70で一旦撤退です。 短期トレンドは140.60-70の抵抗を上抜けて終えれば下値リスクが軽減されますが、142.50超えで終えない限り、“ドル強気”に変化しません。また137.60-70の抵抗を守り切れずに終えるか、値動きの中で137.50割れを見た場合は新たな下げエネルギーを得て135円方向への一段の下落に繋がり易くなります。 日足の上値抵抗は139.00-10,139.50-60,140.20-30に、下値抵抗は138.00-10,137.60-70,136.90-00,136.00-10にあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました