ドル・円は主に138円台で推移か、米国経済の減速予想でドル買い抑制の可能性

FXブログ
ドル・円は主に138円台で推移か、米国経済の減速予想でドル買い抑制の可能性

f:id:okinawa-support:20190822160736j:plain

 

東京市場オープニングコメント

「ドル・円は主に138円台で推移か、米国経済の減速予想でドル買い抑制の可能性」
 24日のドル・円は、東京市場で139円64銭から138円56銭まで下落。欧米市場では139円22銭まで買われた後、138円06銭まで反落し、138円55銭で取引終了。本日25日のドル・円は主に138円台で推移か。米国経済の大幅な減速を警戒してリスク選好的なドル買い・円売りは抑制される可能性がある。
 米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨(11月1-2日開催分)の内容を巡って市場参加者の間からは「来年にかけてインフレ抑制の可能性が十分あることを想起させる内容」との声が聞かれている。12月のFOMC会合で0.50ポイントの利上げが決定される見込みだが、一部の市場参加者は「イールドカーブの平坦化が一段と進んでいることについて次回のFOMC会合で議論される可能性がある」と指摘している。直近における2年-10年債の利回り格差は-77.9bp近辺(2年債の利回り水準が上回る)で推移しており、両者の格差は1980年12月以来の水準。一般的に利下げ開始の可能性が高まった時点で両者の利回り格差は縮小に転じるとみられているが、現時点で利下げ開始時期を予測することは困難であり、イールドカーブに大きな変化がただちに生じる状況ではないとみられる。

《午前8時現在》 ドル・円: 138.00円-139.00円 138円近辺でドル買い興味
          ユーロ・円: 143.50円-145.00円 143円台半ば近辺でユーロ買い興味
          豪ドル・円: 93.00円-94.50円 93円近辺で豪ドル買い興味    

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は主に138円台で推移か、米国経済の減速予想でドル買い抑制の可能性

ドル高円安が続くと予想しますが リスクもあります

10月のドル/円相場は、横這いでの推移を予想する。FRB(連邦準備理事会)の利上げ観測の高まりに加え、後退していた日銀の追加緩和観測も意識されてきたことから、長期間に渡って膠着状態にあったドル/円はレンジを上抜けて円安ドル高が進行している。

【図表5】プラザ合意(1985年9月)以降のドル/円相場の年間値幅の推移。

ドル高円安が続くと予想しますが、リスクもあります。

現在は月150億ドルの買入れまで減少していることや、10月の停止が事前に予告されていることから、市場で大きな混乱は生じないとみられます。但し、これまで声明に記載されていた、「資産購入プログラムが終了した後も相当な期間、FF金利誘導目標を現在のレンジで据え置くことが適切」との文言が削除されたり、修正された場合は、早期利上げ観測が高まる可能性があり注意が必要です。

9月のユーロ/円相場は、円安となった。月初はドル/円の上昇に連れて138円台まで円が売られたが、ECB(欧州中央銀行)理事会で予想外の追加金融緩和が発表されるとユーロ/ドルが急落して、ユーロ/円も一時136円割れとなった。

下旬に掛けては、ドル/円の上昇が一服した一方で、予想を下回ったユーロ圏やドイツの景況感、弱いユーロ圏インフレ率等からECBの追加緩和への思惑が継続してユーロの対ドルでの売りの流れが止まらず、ユーロ/円は月末には138円台半ばで引けた。

ただし、緩やかながらドルは上昇しており、その動きが円安とまったく無関係とは言い切れない。それでも、円安をドル高の「裏返し」と断言するのはさすがに無理がある。

米景気後退懸念が強まって商品価格が下落していることは、資源国の通貨の下落要因でしょう。また、新興国の多くは、急ピッチの米利上げと米ドル高によって、ドル建ての債務負担が大きくなるため、景気にマイナスに働くとみられます。

今月28日より、米国でFOMC(連邦公開市場委員会)が開催されます。FRB(連邦準備理事会)は量的緩和策として、MBSや国債の買入れを2012年より実施していますが、今年1月より毎月の買入れ額を減額し、その後も会合毎に100億ドルずつの減額を決定してきました。本会合では、買入れの停止が発表されるとみられます。現在は月150億ドルの買入れまで減少していることや、10月の停止が事前に予告されていることから、市場で大きな混乱は生じないとみられます。但し、これまで声明に記載されていた、「資産購入プログラムが終了した後も相当な期間、FF金利誘導目標を現在のレンジで据え置くことが適切」との文言が削除されたり、修正された場合は、早期利上げ観測が高まる可能性があり注意が必要です。

1998年4月に1ドル140円を超えたところで2兆円超の円買いドル売り介入に踏み切った例があるので、今回もそのあたりで介入があるとの見方が散見されるが、逆に言えば、そうした昔話を持ち出すことでしか意味のある節目を見つけるのが難しい状況ということだ。

では、米金利の低下やドル安円高が、新しいトレンドなのか一過性かを、7月の米雇用統計などから考えてみましょう。

FRBが7月に政策金利を2.25-2.50%に引き上げましたが、パウエルFRB議長が「いずれ利上げペースを落とすのが適切になる可能性が高い」と述べたため、利上げ局面が終盤に入ったとの見方も増えました。米景気後退、インフレの鎮静化、FRBの利下げ転換が今後起こると市場が予想すれば、ドル安円高、株高、原油安は自然です。

9月のドル/円相場は、円安となった。月初104円台で始まったが、日本の公的年金改革に伴うGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の基本ポートフォリオの見直し期待や、強い米国経済指標を受けて105円台に乗せた。

その後もFOMC(連邦公開市場委員会)の声明がタカ派的になるとの思惑から米国金利が上昇すると、円安ドル高が進み、更に追加緩和や円安を容認する日銀の黒田総裁の発言が伝わると107円台まで上昇し一旦横這い推移となった。

理由は、為替市場の取引規模が大きいためでしょう。ドル円のスポット取引高は1日約2600億ドル、1か月20営業日と考えれば月5.2兆ドルの取引が発生します(2019年の調査)。日本の外貨準備高は約1.2兆ドルであり、外貨売り円買いの介入は、この外貨準備高が上限となります。為替市場の規模が大きいため、日本が単独で円買い介入しても、円高に動くのは一時的であり、円安のトレンドは変わらないでしょう。円高転換には、米ドルの安定を求める国際協調が必要でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました