女性社員の健康配慮 企業の本気度

FXブログ
女性社員の健康配慮 企業の本気度
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 女性社員の健康配慮 企業の本気度

女性社員の健康配慮 企業の本気度

生理や妊娠・出産、更年期を理由に、働く女性が仕事の機会を喪失していることも、フェムテックに取り組むべき理由です。不妊治療との両立ができないことを理由に退職したり、更年期の体調不良を理由に昇進を諦めたりと、女性が活躍する機会を失うケースがあります。企業側も、女性の体調ケアに対処しないことで、活躍するチャンスを逃していると言えます。

社会が100年に1度という大きな変革期にある今、女性、外国人、高齢者が活躍してもっと意見を出してもらいたい。

男性中心と言われる化学メーカーも、今後は女性に頑張ってもらわないと立ち行かないわけですね。

女性の体の悩みを解決するフェムテックは、職場の働き方改革においても求められています。その主な理由は、次のとおりです。

企業の方向性やビジョンを理解しているため、より質の高い製品やサービスを提供をできないか自発的に考え行動するようになります。その結果、顧客満足度の向上にもつながるだけでなく、顧客からすると熱意や愛着をもって従業員が仕事をしている姿から企業イメージの向上が期待できます。

―― 健康経営を企業価値の向上につなげる上で、何がポイントになるのでしょうか。

女性にとって働きやすい職場環境作りや、健康経営の一環として今、「フェムテック」が注目されています。このコラムでは、企業にとっても重要なキーワードであるフェムテックについて、普及の背景や、働き方改革におけるフェムテックの意義を解説。さらに、フェムテックに積極的に取り組む企業の事例もお伝えします。

従業員満足度は文字通り、従業員の「満足度」を示しており、会社から一方的に与えられた報酬や環境、待遇の上に成り立つものです。福利厚生の充実や労働環境の整備などの施策は従業員満足度を高めることには繋がりますが、従業員の成長や企業の業績アップに必ずしも結び付くとは限りません。

国際競争力を高めていくためにも日本の企業にとって看過できない課題となっていることが伺えます。 ではなぜこのように、日本の従業員エンゲージメントは低いのでしょうか。

―― 健康経営に臨むにあたって、企業経営者と専門家である産業医はどう役割を分担していくべきなのでしょうか。

企業がフェムテックに取り組むべきもうひとつの理由が、働く女性の体のトラブルが企業経営に大きく影響を与えることです。経済産業省ヘルスケア産業課の「健康経営における女性の健康の取り組みについて」によると、企業で働く女性の5割が、女性特有の健康課題で、職場で困った経験があると回答。そのトラブルの多くが月経痛や月経前症候群であるのに対して、管理者が正しくその状況を把握していないこともわかっています。

山田 産業医に期待される要素は二つあります。一つが働く環境で健康を害さないようにすることです。例えば、工場で働いている人が薬品で失明するようなリスクがある場合、こうした誰も望んでいない不幸な事故を起こさないように対策をとること。これは産業医の第一の使命であり、これからも変わりません。もう一つは、新たに期待される要素が企業と従業員との関係を深めていく支援をすることです。産業医は健康のスペシャリストであると同時に、組織を良い方向へ動かすアドバイザーとしての役割を果たす必要があります。企業が従業員のニーズを満たすためにどんなサービスを提供していけばよいのかを検討する上で、産業医や産業看護職の意見は非常に重要な位置付けになっていくだろうと考えています。

そうしたメリットの実感は、従業員が所属する企業や経営陣への信頼を築いていくことにつながります。

企業規模が拡大する中で、従業員を「点(個人)」としてだけではなく、「面(チーム単位)」としても捉えていくことが、ひいては、組織としてのパフォーマンスの向上につながっていくと考え、定期的にワーク・エンゲイジメントを測定し、課題が生じている点を「見える化」することで、組織に今足りないものに向き合い、更なる組織改革に挑戦しています。

また、テクノロジーの進化もフェムテック普及の要因のひとつです。ビジネスや生活の利便性向上といった課題と同じように、女性の健康問題の解決にも、テクノロジーを活用する動きが活性化しています。女性向けサービスを提供する女性起業家の増加も、フェムテック普及を後押ししています。女性の健康問題が、社会全体が取り組むべき課題としてとらえられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました