<11月25日、更新3>、できれば静かにしてましょう~

FXブログ
<11月25日、更新3>、できれば静かにしてましょう~
<11月25日、更新3>

P&Fでは~
ユーロドルがロングサイン到達。
ポンドドルが上に1枠。
豪ドルドルが上に3枠転換。

日足P&Fの状況:(11月21日)~(11月25日)>に追記しました。

昨日のドル円ショートは寝る前に138円前半で利食い。
やはり短期にしておいた方がよさそうですね。
いや、本当は静かにもうやらなくていいのかも・・・。
なにしろボラが大きくて疑心暗鬼でポジ持っても損切したくなります。

P&Fを見ると対ドルで戻しが入ってる感じなので円安という方向は変わらずで、現在はドル高
の是正とか調整とかドルに対しての思惑で動いてる感じですね。

ほんと、静かにしてるが一番な感じです。
それでも、ドル円の下の138.00を割り込むかどうかに気を付けたいところです。

(個人的な見解ですので、投資は自己責任でお願いします。)

[紹介元] ポイント&フィギュアでFX <11月25日、更新3>、できれば静かにしてましょう~

11月25日 更新3 できれば静かにしてましょう

寅の日は、干支(えと)をもとに決められており、12日ごとに巡ってくる吉日です。 虎(寅)は「千里行って千里戻ることができる」という云われから、出て行ったお金をすぐに呼び戻してくれる効果があると言われています。 また虎の美しい黄金色の縞模様は、金運や財運の象徴とされており、寅の日にお財布の新調や、使い始めると金運アップの効果が期待できます。 他にも、宝くじの購入や銀行口座の開設などにも吉の日。

来年度、入学する1年生にプレゼントを作りました。1年生は、手紙付きのとびだすカード、2年生は、折り紙のきれいな飾りです。2年生が用意してくれたイラスト入りの封筒にカードや飾りを入れて、新1年生の名前をしっかり確認しました。今年度は、学校に招待することはできませんでしたので、入学説明会に来校された保護者の方に渡しました。喜んでもらえるといいですね。

三条市では、ものづくりの楽しさを体験するために、ものづくり教室を開いています。3・4年生は、シルバー人材から3人の方を講師に招き、「小刀教室」で「竹とんぼづくり」を体験しました。初めてさやから小刀を取り出した3年生は、はじめは緊張していましたが、講師の先生に丁寧に教えていただくうちにだんだんと竹とんぼの形が出来上がってきました。4年生は、昨年に続き2度目の体験でした。久しぶりの小刀での作品作りにどきどきしていましたが、だんだんとやり方を思い出し、丁寧に竹を削っていました。完成した竹とんぼを持って、みんなで体育館で思い切り飛ばしました。講師の方から飛ばし方のコツも教えていただき、高く飛ばすことができました。

1・2年生一緒に、動物の名前を学習しました。発音が難しくても繰り返し練習することで上手になり、「Whoareyou?」「Iama○○」と会話することができました。最後に、動物カードゲームを行い、外国語活動を楽しみました。

心身の発育・発達と健康についての正しい知識を身に付けること、生命の尊重や自己及び他者の個性を尊重するとともに、相手を思いやり、望ましい人間関係を構築することを目的に、学級担任と養護教諭とのチームティーチングによる性に関する指導が各学年で行われています。2年生は「おめでとう赤ちゃん」という題材で学習しました。生活科で「成長のアルバム」を作っているため、お母さんに自分が生まれた時の様子や気持ちについて先日聞くことができたため、今回の学習で「生命の大切さ」「待ち望まれて生まれてきた存在であること」について、しっかりと自分の考えをもちながら学ぶことができました。

今日は、2学期最後の給食の日です。メニューは、「ごはん、ぐだくさん汁、切り干し大根サラダ、鶏肉のやくみソース、ミルクデザート」です。12月の給食には、ル・レクェや新潟和牛のブルコギなどがあり、子どもたちは、新潟、そして三条の味に親しむことができました。裏館学校給食調理場のみなさん、いつも美味しい給食をありがとうございます。3学期、そして令和3年もよろしくお願いします。

バングラデシュ出身のモハメッド・ヌルル・エラヒさん、美砂子さん夫婦を講師に招き、「食」を考える総合学習の一環として、バングラデシュのカレーをみんなで食べました。調理したカレーの具材は、ジャガイモとチキン。バングラデシュ流にガラムマサラ、シナモンなどのスパイスから作りました。ご飯は5年生が学校田で作った「新之助」の白米とエラヒさんが調達したインディカ米の二種類を試しました。「いただきます」を意味するアラビア語「ビスミッラー」を言ったあと、自分の手が一番信頼できるという説明で、料理を右手で直接つかんで食べる文化を体験しました。最後にエラヒ夫婦から、夫婦がバングラデシュに開校した学校と現地の子どもたちの様子を伝えてもらい「皆さんは、日本に生まれたから、こうして勉強できる。感謝の心を忘れず、日本人としての誇りをもって、これから世界に羽ばたいてほしい」とメッセージをいただきました。5年生の児童からは、「自分たちで作ったお米を販売して、バングラデシュの学校の子どもたちのために役立てたい」等の意見もあり、今後の子どもたちの活動が楽しみになりました。

天赦日は、「すべての神様が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日」とされ、この日に始めたことは成功すると言われています。 財布の購入や使い始め、結婚にまつわることなど、新しい事をスタートするのに、これ以上ない最良の日とされています。 天赦日にするとよいことは、開店、開業、財布の新調、使い始め、結婚、入籍、結納など。 この日にお財布を新調したり、使い始めようと考えている方は、出来るだけ「いつも入ってたら嬉しいな♪」と思う金額のお金を入れて、1日リッチな気分で過ごしてみてください。 そうすることで、その金額に見合うような収入を得たり、出世する効果が期待できますよ。

10月3日の運動会に向けて、赤組・白組の全校応援練習がスタートしました。体育館とランチルームに赤組・白組に分かれ、全校パプリカダンスの練習をしました。応援リーダーのわかりやすい説明のおかげで楽しく踊ることができました。

また3年生のみなさんと生活ができて嬉しいです!ケガなく、体調も崩さず生活できていますか?

今年度の委員会の活動を報告し、来年度の児童会をよりよい活動につなげることができるように、児童総会が行われました。(写真:左)運営委員会、図書委員会、給食委員会、環境・美化委員会、保健委員会の順に、今年度の活動報告(新規取組・努力してきたこと・来年度への取組等)がありました。次に、各学級から、学校をよくするために、来年度の委員会への要望が発表されました。また、27日(木)には、今年度の各委員会の活動を振り返り、新年度の委員会への意欲を高めるため、児童会引継式が行われました。(写真:右)今年度の各委員会の委員長から引継ぎの言葉があり、それを受けて、代表して新運営委員長が挨拶を行いました。各委員会のファイルが新メンバーに渡され、今日から、仕事を教えてもらいながら、新しいメンバーで活動していきます。

それなのに今回接続時間で思い当たる話なのですが、6月戦果は1軍下手すりゃ聯合狙えるという所に居ました。 何故か?イベント中なのにイベント放置して7-1周回してたからです。 父亡きあと母が多少ボケてしまって介護離職続行中でその他色々な理由で6月中はイベントに集中できない、でも7-1周回なら出来る。あっ聯合狙えるかも(我ながらアホだなぁ……)という理由でした。

県央研究所の方を講師に迎え、ペットボトルを使って、ろ過装置を作りました。最初に、ガーゼでボトルの口をふさぎ、綿・砂・綿・炭・綿・小石と粒が細かい順に入れ、ろ過装置を完成させました。泥水で実験したところ、泥の色が落ち、きれいな水が出てきました。次に米のとぎ汁や自分たちであらかじめ用意した色水を使って実験を進めていきました。汚れた水がきれいになることに子どもたちは驚いていました。最後に講師の先生から、浄水場のしくみについて教えていただき、水道水ができるまでのしくみを学ぶことができました。

6:00起床 健康観察のあと、各部屋の清掃を行いました。眠たい目をこすり、7:00からの朝の集いに参加しました。最初の活動は「森のビンゴ」です。学習室をスタートし、第2ナラの木広場まで、水の音や葉やどんぐりの形等、自然を観察しながら各活動班で歩きました。その後、野外炊事開始。かまどと水場の担当に分かれて豚なべ(うどん付き)に挑戦しました。かまど班は、火をおこすために、かまどにいろいろな工夫を凝らしました。水場班は、野菜や肉を上手に切り、なべに入れて準備をしました。みんなで協力して作った料理の味は最高でした。2日間、両校の子どもたちは、3つのめあてをしっかりと意識して活動することができました。来年は、6年生の修学旅行で一緒に活動します。おおじま学園としての絆をより深めることができた、自然体験学習でした。

6年生図画工作「卒業制作」で、ピクチャーボックスの作品づくりを行っています。小物入れの表面がはめ込み式の木材でできており、彫刻刀を使ってイラストや文字を彫ったり、絵の具で色をつけたりする子どもたちの姿が見られました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました