ケーキの廃棄 心痛めるアルバイト

FXブログ
ケーキの廃棄 心痛めるアルバイト
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 ケーキの廃棄 心痛めるアルバイト

ケーキの廃棄 心痛めるアルバイト

イベント時期となる繁忙期は、長期のバイトではなく、短期バイトのみで募集をかけているお店もあります。冬休みなどの休暇を使ってバイトに専念できる絶好のチャンス。「少しだけケーキ屋のバイトを経験してみたい」という気持ちの方や冬休みなどの短期間に集中して稼ぎたい!という方にもケーキ屋の短期バイトはおすすめです。

また、クリスマスならサンタの帽子をかぶって販売をする、可愛い制服を着て販売するという楽しさもあります。しかし、店頭や駅中など野外で臨時の場所を設置してケーキ販売を行うところはクリスマス・バレンタイン時期が寒いので冷えるというデメリットもあります。寒がりな方は募集時に記された仕事を行う場所にも注意したいですね。

トップスのバイト徹底調査!ケーキ、カレーで人気のお店の面接やシフトは?

さくらもちケーキ屋バイトにおいて、多くの方が疑問に思うポイントにお答えしていきます。

しかし、ケーキショップは「甘い香りに囲まれたやさしい空間」といった憧れだけが膨らみ、接客や販売を行うサービス業だということをきちんとイメージできず、なかには人と話すことが得意ではない、といった応募ケースもあります。

ここからは、ケーキ屋バイトのメリットについて詳しく説明していきます。

また、特に女性の方にとって、制服の可愛さは嬉しいポイントではないでしょうか。可愛らしい制服を着て働くことで、バイトのモチベーションも上がるものです。ケーキ屋さんになりたいと憧れていた方にとってはこれも醍醐味。普段できない格好をして働くことができるというのは、働きたてのことは特に楽しさがあり、非日常を味わうこともできます。

ケーキ屋の仕事といえば、どんな仕事を思い浮かべますか?

販売やホールはもちろんですが、製造であってもバイトにおいては資格は必要ありません。ケーキが好き、将来ケーキを作る仕事をしたい!甘いものが大好き!ケーキ作りを学びたい!といったやる気があればできるバイトです。

お店では、主役はケーキや焼き菓子といった商品で、販売員ではありません。そのため、主張の強いメイクは控えます。しかし、その加減も販売員としての意識を問われるところで、ノーメイクもよくありません。 ケーキはおみやげや贈り物、またはデザートとしていただく少し特別なものなので華やかさも必要です。食材を扱う仕事であることを心に留めながら、健康的で清潔感のあるメイクをしましょう。

ケーキ屋のバイトは高校生から募集しているところもあります。ただ、ショーケース内のケーキの位置や商品の名前、デコレーションの仕方など覚えることが多く、単純作業とはいきません。

あらかじめ読んでおくことで、ケーキ屋バイトとして働くイメージがつきやすくなります。ぜひ最後までチェックしてみてください。

そのため、面接では、『笑顔で面接官と明るくコミュニケーションを取ること』が大切です。

閉店までシフトに入っている必要はありますが、廃棄となるケーキはもらえることがほとんどです。ケーキ好きの方にとってはたまらないメリットではないでしょうか。

今年も街中にイルミネーションが輝き、クリスマスの季節がやってきた。クリスマスのシーズンは、街やお店の華やかさと対照的に、それを支える労働現場からは様々な悲痛な声が寄せられる時期でもある。クリスマスケーキの「買い取り強要」や「シフト強要」の問題だ。これらの点について、筆者はこれまでも多くの問題提起を行ってきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました