ドル・円は弱含みか、日銀関連報道受け円買い主導で下値を模索

FXブログ
ドル・円は弱含みか、日銀関連報道受け円買い主導で下値を模索

f:id:okinawa-support:20190820183959j:plain

欧米市場オープニングコメント

「ドル・円は弱含みか、日銀関連報道受け円買い主導で下値を模索」
 3日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想する。日銀が物価見通しの上方修正を検討中と報じられ、緩和見直しを想定した円買いが先行。昨年6月以来7カ月ぶりに心理的節目の130円を割り込み、下値を模索する展開が予想される。
 報道によると、日銀は今月17-18日開催の金融政策決定会合で消費者物価指数コア指数の前年比上昇率の見通しについて上方修正する方針。2024年度は政府・日銀が目標とする2%近くに引き上げるとみられ、日銀による緩和政策修正の見方がさらに強まった。前日の取引は薄商いのなかやや円買いが強まり、ドル・円は130円60銭台に下落。本日アジア市場は東京の休場で押し目買いは限定的となり、その後は129円台に軟化した。
 この後の海外市場は引き続き日銀の政策方針が注目される。日銀は3-4月の正副総裁人事に合わせてさらに現行政策の見直しを進めるとの思惑から、円買い主導の展開に。また、年末年始に発表された中国の経済指標が弱く、世界経済の不透明感による円買いも入りやすい。一方、明日の米ISM製造業景況指数は景気の好不況の境目である50を2カ月連続で割り込む公算。連邦準備制度理事会(FRB)の引き締めを期待したドル買いは後退しよう。

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は弱含みか、日銀関連報道受け円買い主導で下値を模索

ドル 円は弱含みか 日銀関連報道受け円買い主導で下値を模索

ドル・人民元(オフショア)は、休場明けの上海総合指数が防疫規制の緩和で景気が回復するとの期待や、当局の景気下支え策への期待などから堅調に推移したことを受けて、一時6.8805元まで元高に推移した。

「ドル・円は弱含みか、日銀関連報道受け円買い主導で下値を模索」 3日の欧米外為市場では、ドル・円は弱含む展開を予想する。日銀が物価見通しの上方修正を検討中と報じられ、緩和見直しを想定した円買いが先行。昨年6月以来7カ月ぶりに心理的節目の130円を割り込み、下値を模索する展開が予想される。 報道によると、日銀は今月17-18日開催の金融政策決定会合で消費者物価指数コア指数の前年比上昇率の見通しについて上方修正する方針。2024年度は政府・日銀が目標とする2%近くに引き上げるとみられ、日銀による緩和政策修正の見方がさらに強まった。前日の取引は薄商いのなかやや円買いが強まり、ドル・円は130円60銭台に下落。本日アジア市場は東京の休場で押し目買いは限定的となり、その後は129円台に軟化した。 この後の海外市場は引き続き日銀の政策方針が注目される。日銀は3-4月の正副総裁人事に合わせてさらに現行政策の見直しを進めるとの思惑から、円買い主導の展開に。また、年末年始に発表された中国の経済指標が弱く、世界経済の不透明感による円買いも入りやすい。一方、明日の米ISM製造業景況指数は景気の好不況の境目である50を2カ月連続で割り込む公算。連邦準備制度理事会(FRB)の引き締めを期待したドル買いは後退しよう。

2)11/29、NYダウ+3ドル高、33,852ドル(日経新聞より抜粋) ・中国の厳しい新型コロナ規制が微修正されるとの期待から11/29の中国株が大幅に上昇し、投資家心理が改善した。反面、米連邦準備理事会(FRB)の金融引締めが長期化するとの警戒感が重荷。 ・中国の衛生当局は11/29、高齢者へのワクチン接種強化や防疫措置の微調整の継続方針を発表した。感染拡大を封じ込める「ゼロコロナ」政策への抗議活動が中国の主要都市で相次いだことを受け、前日は中国経済の悪化を懸念した売りが広がっていたが、過度な警戒感が和らぎ、買い直された。 ・もっとも、市場では「中国経済を巡る懸念はしばらく続く」との見方は根強く、買いの勢いは鈍かった。 ・11/30にパウエルFRB議長の講演を控え、積極的な金融引締めが続くと警戒されたのも、相場の重荷になった。 ・化学のダウ・航空機のボーイングなど景気敏感株の上昇が目立った。反面、金利上昇でハイテク株が売られ、アップル・セールスフォース・アマゾン・テスラが下落。

3)11/30、NYダウ+737ドル高、34,589ドル(日経新聞より抜粋) ・パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の11/30講演を受け、12月FOMC会合での、利上げ減速観測が強まり、米長期金利は低下し、金利低下局面で買われやすい高PERのハイテク株など幅広い銘柄が買い優勢となった。 ・パウエル議長は「利上げペースの減速時期は12月会合の可能性がある」と述べた。金融政策が景気や物価に与える影響には時間差があるとし、「政策金利がインフレを引下げるのに十分な水準に近づくに連れ、利上げペースを緩やかにするのは理にかなっている」との考え方を示した。 ・足もとのFRB高官の発言を受けて、議長発言がインフレ警戒的になるとの警戒感が強かっただけに、利上げ幅の縮小を示唆する発言が株買いの安心感を誘った。 ・特に、ハイテク株が買われ、マイクロソフト・アップル・セールスフォースが高い。金融引締めが景気を冷やすとの懸念がやや和らぎ、ビザ・ホームデポなど消費関連株も買われた。

1)11/28、NYダウ▲497ドル安、33,849ドル(日経新聞より抜粋) ・中国での新型コロナ対策への抗議活動が、中国の景気悪化を招き、世界経済に波及すると警戒され、景気敏感株やハイテク株など幅広い銘柄に売りが出た。 ・中国の主要都市で前週末、新型コロナ感染拡大を封じ込める「ゼロコロナ」政策に対する市民の抗議が広がった。中国のコロナ新規感染者数は過去最多の水準にあり、「中国景気の低迷が長期化する可能性が高まり、供給網の混乱を通じて世界景気を下押しする」と懸念された。 ・景気敏感株が売られ、ボーイング・スリーエムが大幅下落、生産が滞ると伝わったアップル▲2%超安、中国の原油需要減少が警戒されシェブロンも安い。 ・米連邦準備理事会(FRB)高官が金融引締めの長期化見通しを示したのも重荷。セントルイス連銀総裁は、インフレ抑制に向け「政策金利が経済に制約的になる道のりはまだ長い」と述べ、一段の利上げ余地を示唆した。NY連銀総裁も金融引締めを長く続ける考えを強調した。

ドル/円は、日銀が円買いドル売り介入を実施した日に151.95の高値を付けて以来、下降トレンドチャネル内に位置している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました