経産省 起業家千人を仏などに派遣

FXブログ
経産省 起業家千人を仏などに派遣
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 経産省 起業家千人を仏などに派遣

経産省 起業家千人を仏などに派遣

また、毎週木曜日の18時〜19時には、虎ノ門ヒルズカフェで有力支援者や有名起業家を招いた対談イベント「J-Startup Hour」が開催されるほか(Venture Café Tokyo の Thursday Gathering の1コマとして開催)、J-Startup の支援企業(J-Startup Supporters)105社からも、メンタリングや機材・設備提供などの優遇措置が提供される見込みだ。

【マウンテンビュー共同】萩生田光一経済産業相は27日、米西部カリフォルニア州のグーグル本社を視察後に記者会見し、スタートアップ(新興企業)が集まるシリコンバレーとの人材交流を大幅に拡充すると発表した。起業家を育成するため毎年200人規模の人材を日本から派遣する。

経済産業省ではこれまで、グローバルな起業家育成を意図した「始動」、次世代を担う企業育成を意図した「飛躍 Next Enterprise」などのプログラム運営を行ってきた。また、経済産業省傘下の JETRO も独自に、有望起業家を海外のスタートアップ・カンファレンスに派遣するプログラムを展開してきた。今後これらのスタートアップ支援プログラムは、J-Startup という統一ブランドのもとに統合・整理され、より効果的な形での運営を目指すと見られる。

萩生田氏は「シリコンバレーでは失敗を恐れない姿勢を共有していることに感銘した。日本でもマインドを変えていかなければならない」と述べた。来年度から5年間で計千人を派遣する計画。シリコンバレーには7年前から年間20人程度を派遣し、現地の起業家や投資家の下で学ぶ取り組みを行っている。

J-Startup では、日本のスタートアップの海外進出と同時に、海外スタートアップや起業家のインバウンド誘致にも力点が置かれている。前出の JETRO のグローバルアクセラレーション・ハブの活用に加え、法務省との連携により、認定自治体において在留資格要件が緩和される「Startup ビザ」の運用も前向きに検討する考えだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました