山手線 きょう始発から通常ダイヤ

FXブログ
山手線 きょう始発から通常ダイヤ
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 山手線 きょう始発から通常ダイヤ

これは同日に行われた山手線渋谷駅ホーム...

また、山手線(全線)、京浜東北・根岸線(大宮駅〜蒲田駅間)および中央・総武線各駅停車(三鷹駅〜津田沼駅間)では、夕通勤時間帯(15時〜21時頃)においても一部の列車が削減されます(通常本数のおおむね9割以上の運転)。

2023年1月7日から8日にかけて、川越車両センター所属のE233系が所定相鉄車の運用を代走し、通常では入線しない相鉄本線西谷~横浜間といずみ野線にそれぞれ入線しました。これは同日に行われた山手線渋谷駅ホーム...

会津若松駅の改札にも山手線外回りの大崎→渋谷→池袋の終日運休の表示あり。会津若松からの利用者も東京に行くわけで、線路はつながっているということでしょうか。2023年1月8日。

JR東日本は山手線外回りの一部区間を運休し渋谷駅の外回りと内回りのホームを1つにする工事を行った。この工事で山手線渋谷駅のホームは最大約3メートル拡幅され1つになりエスカレーターや階段も新設される。工事はきょう未明に終了した。

JR東日本・渋谷駅・山手線は、2023-1-9(月・祝)始発から内回りと外回りが「同一ホーム化(島式ホーム)」されました。渋谷駅・山手線の外回りが、2023-1-9(月・祝)始発から、内回りと外回...

2023年1月7日に、山手線渋谷駅ホーム切り替え工事に伴い、内回りの線路が移設作業が実施されました。移設のため、宮益架道橋はジャッキアップされていることが確認されており、7日夜から8日早朝にかけて桁移動の...

2日間にわたり、渋谷駅の工事の影響で一部区間で運休していたJR山手線は、工事が終わり、きょうの始発から運転が再開されました。

昨日・本日は、山手線工事のため大崎駅では少々混乱渋谷駅(1/7撮影)の工事が様子が気になるところだが・・・(ここから本題)今日は地元でまったりYOKOSUKA消防パレードに合わせて、横須賀中央へ繰り出した春高...

ただ今回は山手線と並走する田端→品川間では内回りの減便はないため、京浜東北線快速通過駅では快速の各駅停車の分だけ停車回数がそのまま増えることとなった。

埼京線では新宿~大崎間は昼間毎時3本の快速のみを運転しているが、今回の臨時ダイヤ運転では新宿始発終着の折返しを減らして概ね新宿~大崎間で昼間毎時7本で運転する。また早朝深夜の池袋始発終着列車も原則大崎始発終着で運転し、山手線の輸送を終日に渡り代替する。

山手線では前回の2022年3月12日ダイヤ改正以降、土休日昼間は3分50秒間隔(約毎時16本)で運転しているが、それ以前は3分40秒間隔(約毎時17本)で運転していた。このため今回の臨時ダイヤ運転では土休日昼間の内回り大崎→東京→池袋間はダイヤ改正以前と同じ同じ約3分40秒間隔で運転する見込みだ。

もっとも山手線に何かあった際には京浜東北線を各駅停車とすることで快速通過駅の乗車チャンス救済と混雑分散を行うのが通例となっている。

なお今回の臨時ダイヤ運転では山手線が一部運休になることから、運休区間かつJR東日本の路線では山手線しか停車しない駅間では折返し乗車を特例的に認める可能性が高い。原宿から高田馬場に向かう際は、従来は内回りで直通で行けるが、2023年1月7日と8日に限り原宿から渋谷まで内回りに乗車、渋谷で埼京線ないし湘南新宿ライン、相鉄線直通列車に乗り換えの上池袋まで移動、池袋から山手線内回りに乗車し高田馬場に到達も黙認されるはずだ。

昨日(1月7日)から本日(1月8日)に掛けて、東日本旅客鉄道(JR東日本)の山手線の渋谷駅の線路切り替え工事により、山手線外回りの大崎→渋谷→新宿→池袋間が切り替え工事により運休となり、新宿~大崎間での臨時列車(...

今後渋谷駅改良工事に伴う山手線の運休が数年以内にもう一度行う可能性が高い中、次回の臨時ダイヤ運転でそのようなダイヤで運転するのか、見守ってゆきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました