旅行支援 周知不足でホテル混乱も

FXブログ
旅行支援 周知不足でホテル混乱も
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 旅行支援 周知不足でホテル混乱も

旅行支援 周知不足でホテル混乱も

「全国旅行支援」が10月11日から始まり、観光地の宿泊施設には問い合わせが相次いでいる。既に売り切れが続出し、予約受付を停止した県もある。販売再開の可能性が高いと話す航空・旅行アナリストの鳥海高太朗さんに話を伺い、全国旅行支援で「知っておきたい5つのコト」をまとめた。

全国旅行支援は、国が約5600億円の予算を都道府県に配り、各都道府県が旅行会社や宿泊施設に補助金を振り分けている。事業の主体は各都道府県だ。

10月11日から始まった全国旅行支援では、13日午後2時半時点で、ある旅行サイトでは、岩手・神奈川・長崎など12の自治体で予約停止。別のサイトでは18の自治体が予約できない状況になっていた。

全国旅行支援のスタート前に予約をした場合、割引対象であれば適用される場合があるが、手続きが必要だ。

国の観光需要喚起策では、さらなる期間延長の決定がなければ、「県民割(ブロック割)」事業の実施期間が9月30日宿泊分で終了する。新型コロナウイルスの「第7波」の感染状況が落ち着きを見せる中、秋の観光シーズンに向けて全国旅行支援のスタートに注目が集まっている。

全国規模で観光需要を喚起する「全国旅行支援」について、斉藤鉄夫国土交通相は20日の会見で、「引き続き今後の感染状況を見極めた上で、感染状況の改善等が確認できれば、速やかに実施したい」と述べた。実施の判断について従来の考え方を繰り返すにとどめ、開始時期などの具体的な発表はなかった。

割引対象となっていても、ある旅行サイトの場合では「全国旅行支援を利用するかどうか」の確認メールが来て、それを承認することで初めて適用になる。自動的に割引は適用されない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました