前日の海外市況ほか|ドル・円:132円87銭まで円安・ドル高で推移。

FXブログ
前日の海外市況ほか|ドル・円:132円87銭まで円安・ドル高で推移。

f:id:okinawa-support:20190822160736j:plain

 

前日の海外市況

海外市場概況

  • ドル・円:132円87銭まで円安・ドル高で推移。ボストン連銀総裁が一段の利上げ減速を支持したことで132円29銭まで反落。
  • ユーロ・ドル:ECBエコノミストのレーン氏の発言を受けて1.0726ドルから1.0776ドルまでドル安・ユーロ高推移。
  • ユーロ・円:日欧金利差拡大観測を受けて142円20銭から142円86銭まで円安・ユーロ高で推移。
  • NY原油市場:大幅高、需要増の思惑強まる。
  • NY株式市場:続伸、ハイテクの買い戻しがけん引
  •  
  •  
  •  

 

本日の予定

  • <国内>
  • 08:50 11月経常収支(予想:+4810億円、10月:-641億円)
  • 14:00 12月景気ウォッチャー調査・現状判断(予想:47.7)
  • 14:00 1月日銀地域経済報告
  • 日銀支店長会議
  • <海外>
  • 09:30 豪・11月貿易収支(予想:+113.00億豪ドル)
  • 10:30 中・12月生産者物価指数(前年比予想:-0.1%)
  • 10:30 中・12月消費者物価指数(前年比予想:+1.8%)
  • 22:30 米・12月消費者物価指数(前年比予想:+6.5%)
  • 22:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:21.5万件)
  • 1:30 ブラード米セントルイス連銀総裁オンライン討論会参加
  • 04:00 米・12月財政収支(予想:-600.00億ドル)

 

経済指標

  • 特になし
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

要人発言

  • 関係筋「日米、13日の首脳会談でエネルギー協力合意へ」
  • 欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミストのフィリップ・レーン氏「金利は依然、著しく上昇する必要がある」「金利が金融引き締め水準に達する必要がある」
  • コリンズ米ボストン連銀総裁「2月会合で25BP利上げ減速支持に傾斜」
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル 前日の海外市況ほか|ドル・円:132円87銭まで円安・ドル高で推移。

前日の海外市況ほかドル 円132円87銭まで円安 ドル高で推移

11日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。 米金融引き締め方針の継続を背景に、ドル買い基調に振れやすい。 ただ、明日発表の米消費者物価指数(CPI)で伸びの鈍化を...

ユーロ・ドルは、1.0733ドルから1.0777ドルのレンジで上下に振れ、1.0756ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミストのレーン氏のタカ派発言「金利は依然、著しく上昇する必要がある」を受けて追加利上げを想定したユーロ買いが加速し、底堅く推移。ユーロ・円は142円86銭まで上昇後、142円24銭まで反落。ポンド・ドルは、1.2101ドルまで下落後、1.2154ドルまで反発した。ドル・スイスは、0.9272フランから0.9331フランまで上昇した。ユーロ・スイス絡みのフラン売りが優勢となった。

携帯端末のアップル(AAPL)は自社製部品を増やす取り組みの一環としてモバイル機器で自社製スクリーンを早ければ2024年から使い始める計画だと報じられ、上昇した。電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)はインドネシア政府と年間100万台規模の自動車生産可能な工場建設で暫定合意に近づいたとの報道や、テキサス州、オースティン工場での生産拡大計画が明らかになり、供給不足解消による収益回復期待から上昇。女性用下着や衣料品小売りのビクトリアズ・シークレット(VSCO)は2.5億ドル規模の自社株買い計画を発表し上昇した。オンライン旅行会社のエクスぺディア(EXPE)はアナリストの投資判断引き上げで上昇。

ダウ平均は268.91ドル高の33,973.01ドル、ナスダックは189.04ポイント高の10,931.67で取引を終了した。 12月消費者物価指数(CPI)でインフレピークアウト...

その後は、1ドル=110円を挟む動きが続いたが、新型コロナ禍からの景気回復過程において米国の物価上昇率が高まる中、やがて金融引き締め策に転じるのではないかとの観測が次第に強まり、2021年以降はドル高の流れに向かう。特に22年2月のロシアによるウクライナ侵攻以降は米国でインフレが加速し、米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げを開始。一方で日銀は金融緩和姿勢を継続しており、日米金利差の拡大から急激な円安に見舞われている。

こうした危機時の円高は「有事の円買い」とも言われ、バブル経済崩壊後も日本経済に対する信認が失われていなかった証左との見方がある。他方で、個別の理由も指摘されている。例えば、リーマンショックが日本の金融システムに与えた影響が米欧金融機関への打撃に比べ相対的に小さかったことや、米欧の大規模な金融緩和策に対し日本の緩和策が抑制的であったこと、東日本大震災後に保険金支払いのためドル資産売却が増えるとの見方が広がったことなどである。

欧州市場でドル・円は伸び悩み、132円74銭から132円50銭台にやや値を下げた。 米10年債利回りのじり安でややドル売りに振れ、ユーロ・ドルは1.0720ドル台から1.0750ド...

日本の金融当局は為替介入による抵抗を試みるが、市場の流れに抗し切れず、8月28日にいったん変動相場制へ移行する。その後、固定相場制復帰に向けた先進国間の協議の末、12月18日、米ワシントンのスミソニアン博物館で開かれた会合で、1ドル=308円の新たな固定相場が決定された。しかし、「スミソニアン合意」と呼ばれるこの新たな枠組みは長くは続かず、1973年2月14日、変動相場制へ再移行。その後、固定相場制に戻ることはなかった。

ダウ平均は268.91ドル高の33,973.01ドル、ナスダックは189.04ポイント高の10,931.67で取引を終了した。

昨日11日の米株式市場でNYダウは268.91ドル高の33973.01、ナスダック総合指数は189.04pt高の10931.67、シカゴ日経225先物は大阪日中比115円高の265...

米財務省は320億ドル規模の10年債入札を実施した。 結果で最高落札利回りは3.575%。 テイルはマイナス0.5ベーシスポイント(BP)。 過去6回入札平均のプラス2.0BP。 ...

2008年9月15日のリーマンショックと11年3月11日の東日本大震災後である。リーマンショックでは円が3カ月間で18円上昇、東日本大震災でも直後から円買いが止まらず、10月31日には1ドル=75.32円の史上最高値を記録した。

NY外為市場で米連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派姿勢を受けてドル買いが再開した。 ドル・円は132円87銭まで上昇後も132円台後半で推移。 ユーロ・ドルは1.0753ドルで伸...

2015年後半以降は、中国景気の悪化懸念や原油価格の大幅下落を背景に再び円高に転じたが、16年11月の米大統領選挙でのトランプ氏勝利を受けてドル買いが進み、再び円安にシフトした。この間、日銀は金融政策の枠組みを一部変えたものの、超緩和的な姿勢を一貫して継続した。

12日午前の東京市場でドル・円は131円60銭台で推移。 132円52銭まで買われた後、131円55銭まで反落。 その後、132円04銭まで戻したが、米長期金利の低下を受けてドル買...

コメント

タイトルとURLをコピーしました