ドル・円は主に129円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い拡大の可能性低い

FXブログ
ドル・円は主に129円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い拡大の可能性低い

f:id:okinawa-support:20190822160736j:plain

 

東京市場オープニングコメント

「ドル・円は主に129円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い拡大の可能性低い」
 12日のドル・円は、東京市場では132円52銭から131円37銭まで下落。欧米市場では131円77銭まで買われた後、128円87銭まで下げており、129円30銭で取引終了。本日13日のドル・円は主に129円台で推移か。米国金利の先高観は一段と後退しており、リスク選好的なドル買いがただちに拡大する可能性は低いとみられる。
 報道によると、米セントルイス地区連銀のブラード総裁は1月12日、米国経済は年内にディスインフレに向かう可能性があるものの、2%インフレへの道のりは険しく、金利はより長期間高水準にとどまる可能性があると指摘している。ブラード総裁は、インフレ鈍化トレンドが継続しても早期利下げの可能性については否定的。米連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレへの下押し圧力をかけ続けるため、2月と3月に合計0.5ポイントの追加利上げを実行する見通しだが、それ以降については市場の見方は分かれている。インフレ緩和で早期利下げへの期待はあるものの、今後発表されるインフレ関連のデータ次第で政策金利見通しは大きく変わる可能性がある。

《午前8時現在》 ドル・円: 128.80円-130.00円 128円台後半でドル買い興味
          ユーロ・円: 139.50円-141.00円 139円台半ば近辺でユーロ買い興味
          豪ドル・円: 89.50円-90.80円 89円台半ば近辺で豪ドル買い興味 

通貨別分析

 

重要事項(ディスクレーマー)

■株式会社フィスコ(以下「フィスコ」という)は株価情報および指数情報の利用について東京証券取引所・大阪取引所・日本経済新聞社の承諾のもと提供しています。
■”JASDAQ INDEX” の指数値及び商標は、株式会社東京証券取引所の知的財産であり一切の権利は同社に帰属します。
■掲載される情報はフィスコが信頼できると判断した情報源をもとにフィスコが作成・表示したものですが、その内容および情報の正確性、完全性、適時性について、フィスコは保証を行っておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。
■本資料に記載された内容は、資料作成時点において作成されたものであり、予告無く変更する場合があります。
■本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権はフィスコに帰属し、事前にフィスコへの書面による承諾を得ることなく本資料およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
■フィスコが提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものであり、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
■本資料に掲載される株式、投資信託、債券、為替および商品等金融商品は、企業の活動内容、経済政策や世界情勢などの影響により、その価値を増大または減少することもあり、価値を失う場合があります。
■本資料は、本資料により投資された資金がその価値を維持または増大することを保証するものではなく、本資料に基づいて投資を行った結果、お客さまに何らかの損害が発生した場合でも、フィスコは、理由のいかんを問わず、責任を負いません。
■フィスコおよび関連会社とその取締役、役員、従業員は、本資料に掲載されている金融商品について保有している場合があります。
■投資対象および銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようにお願いします。
以上の点をご了承の上、ご利用ください。

株式会社フィスコ

 
[紹介元] 外為どっとコム マネ育チャンネル ドル・円は主に129円台で推移か、米国金利の先高観後退でドル買い拡大の可能性低い

10月のドル/円相場は 小幅上昇を予想する

9月の欧州株式市場は、北朝鮮の地政学リスクが懸念されて月初は、一進一退の展開となったが、グローバルな景気拡大が確認される中、米国市場や原油価格の上昇を受けて上昇した。FOMCでは米国の年内利上げ観測も強まり、ドル高/ユーロ安が進む中、ドイツ総選挙も乗り切り上値を切り上げる展開となった。国別では、アイルランド、ノルウェー、ドイツなどが上昇し、一方、イギリス、デンマーク、スペイン等がアンダーパフォームした。セクターでは、エネルギー、資本財・サービス、一般消費財・サービスなどが上昇し、一方、公益、不動産、生活必需品などがアンダーパフォームした。

ドル円レートの均衡水準は1ドル112円程度と考えられる。2023年中にその水準まで一気に円高は進まないとしても、2023年末には1ドル120円程度まで円高が進むと見ておきたい。一時的には年内に110円台後半まで円が跳ねる可能性もあるのではないか。

米ドル/円のスワップポイントは、日米の金利差拡大と円安にともない、受取額が大幅に増えています。

ただしそのような状況の下では、日本銀行のさらなる政策修正の観測が強まり、その面から、今度は、円安ドル高修正が進む可能性があるだろう。FRBの利下げ観測が広がる中では、円高が急速に進むことを恐れて、日本銀行はマイナス金利解除などの正常化を進めることに慎重になるとの見方が広がりやすい。

しかし、FRBの利下げ観測が高まらない中では、日本銀行の追加の政策修正への観測が市場で高まりやすいためだ。 このように、かぎを握る米国の経済・物価環境が強弱どちらに振れても、日米金利差の縮小観測から2023年は円高ドル安の流れとなりやすいのではないか。そして、米国並びに世界経済が減速し、金融市場が不安定化すれば、リスク回避の円買いが復活するだろう。

10月のユーロ/円相場は、上昇を予想する。10月の理事会においてECBは今後のテーパリングに関する方針を打ち出すと考えられ、これまでのユーロの上昇トレンドは維持されやすい。但し、ECBがユーロ高を懸念しているため、一方的な上昇にはなりにくいだろう。ドル/円も小幅上昇を予想するため、ユーロ/円は上昇する展開となるだろう。

10月のドル/円相場は、小幅上昇を予想する。FRBは年内の利上げの可能性を示しており、日銀との金融政策の方向性の違いが、対円でのドル上昇圧力を高めやすいだろう。税制改革への期待は高まっているものの、トランプ政権の政策運営に関する不透明感、北朝鮮問題がリスクオフにつながる可能性があるため、ドルが上昇した局面では戻り売りも出やすく、小幅な上昇にとどまるだろう。

今月26日にECB(欧州中央銀行)理事会が開催されます。前回9月の理事会では、政策金利を据え置き、月間600億ユーロの資産購入プログラムを12月まで継続する方針を維持しました。市場においては資産購入額が量的な限界に達するとの見方がある中、ドラギ総裁は「資産購入プログラムの枠組み変更に関する多くの決定は、10月になされるだろう」と発言したことから、今月の理事会で来年1月以降のテーパリング開始を決定する可能性が高いとみられています。ただし、7月以降、対ドルでユーロ高が進行しており、一部の市場関係者は、枠組みの決定が12月に先送りされるとの見方をしています。来年1月以降の枠組みが決定されるか、また、その枠組み(月次購入額・購入期間)がどうなるか、結果が注目されます。

9月のユーロ/円相場は、円安ユーロ高となった。月初は北朝鮮問題などでドル/円が下落したためユーロ/円も131円台から129円台前半まで下落した。7日のECB(欧州中央銀行)理事会では、ドラギ総裁がユーロ高を牽制する発言をしたものの、10月にテーパリングを決定すると示唆したことからユーロが急騰し131円台を付けた。その後はリスクオフの巻き戻しや米税制改革進展への期待でドルが上昇基調となったが、ユーロの対ドルでの下落よりもドル/円の上昇が上回ったためユーロ/円は132円台を付けた。中旬以降もドル/円の上昇が続いたことでユーロ/円も連れて上昇し、134円台に乗せて揉み合う展開となった。しかし24日に実施されたドイツの連邦議会選挙では、メルケル首相が4選を確実にした一方で、得票率が大きく低下したため連立交渉が難航するとの思惑が高まり、更に極右政党が躍進したこともありユーロが大幅に調整し、131円台後半まで下落した。月末にかけてはユーロが徐々に買い戻され、133円近辺で引けた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました