<12月13日、更新3>、そろそろテクニカル~

FXブログ
<12月13日、更新3>、そろそろテクニカル~
<12月13日、更新3>

P&Fでは~
ドル円がショートサイン到達。
ユーロドルが上に2枠。
豪ドル円が下に3枠転換。
ポンド円が下に3枠転換。
ポンドドルが上に3枠転換。
豪ドルドルが上に1枠。

日足P&Fの状況:(01月09日)~(01月13日)>に追記しました。

CPIは概ね予想通りでした。
昨日も書きましたが予想が大きく下げた予想だったので予想通りでも下げたということでしょうか。
発表からしばらくは荒い値動きが続いて市場も判断を迷ったといったところでしたが、
結局は128円台まで下げるということになりました。

トレードは、CPI前にショートは利食いしロングに動く希望をもって挑みましたが撃沈。
日銀が大規模緩和の副作用点検という話題も円高に振れたということもありました。
それでも日銀が国債を1日で4.6兆円という最大規模の購入というニュースをみると日銀の
債務状況悪いんじゃないか?という思いに引っ張られます。
それはそれで以前から言っている「仕込み」の部分は別で仕込みたい。
130円切らないと思って仕込んだのが失敗なら次の仕込みを~

ドル円週0113

まずは、現在が一目雲がサポートになるか。
その次は、昨年6月の底値126円台後半あたりがサポートになるか。
さらには、一目の雲の下限124円台ですが節目125.00がサポートになるか。
といったところでしょうか?
仕込みはこのあたりを考えながらですね。

それとは別に、普通トレードはそろそろP&Fで少しづつやっていこうかとも思います。
そうなるとユーロポンドは何度も止められてたところを上に抜けそうな感じなのでロング
にしてもよいかもしれません。(ショートポジは昨日損切しました)
ドル円も正直127円目指すような勢いですね。
豪ドルドルもロングにしてもよい感じがします。
まあ、少しづつテクニカル重視に戻していこうかなという感じです。

(個人的な見解ですので、投資は自己責任でお願いします。)

[紹介元] ポイント&フィギュアでFX <12月13日、更新3>、そろそろテクニカル~

12月13日 更新3 そろそろテクニカル

水道水質データベース、ウォータープラン21,日本の水事情、情報データベースへのリンクを追加。水道水質データベースが12/20から運用開始、これにちなんで行政関連のHPへのリンクを複数追加しました。

Googleからヒットするようになりました!こないだ申請したのが通ったようです。Yahoo!は取り上げてくれませんけど。で、これを記念してアクセス数の分析図を更新履歴のページに作ってみました。業務上の必要からテクニカルタームを追加、急遽アップロード。

水道産業新聞社さんがHPを開設!これで業界2誌がそろったことになりますね。以前より作業中のままになっていた、渇水と地震を整理。今週は更新は少なめ。

これらの比率の中で足元の日経平均は76.4%戻しである19,510円が上値の目安として意識されそうです。図1でも触れた250円刻みにも当てはまる水準です。実際に12月15日(木)の高値は19,436円でしたので、トライしようとした可能性もあります。「上値の搾り出し」が「掉尾の一振」となるのかが目先の焦点になるかもしれません。

・目次ページを更新しています。 ・修正バージョンの記載よりも新しいバージョンは対応済みです。

ドル円は129.15円まで上げ幅を拡大している。129円台のテクニカルポイントとしては、13日の高値129.43円や3日の安値129.52円などが意識されそうだ。

11災害関係、08導送配水のページを中心に更新。この分野の情報はこれまでかなりサボってましたので、しばらくはこちらを中心に作業しましょうか。関連して用語集や禅問答にもいくつか追加。

鍵の変更。「作業別」のための鍵を更新、12/22発送しました。

先週の週末に撮影した作者近影と新しいお仲間の写真を掲載(^o^)。EICネットの全面変更をきっかけに法令のページを見なおし。取水塔や樋管、急速ろ過池の写真を追加。そのほかインデックスの更新を中心に作業。いろいろ仕掛けるのはなかなか楽しいっす。

<2016年12月19日追記> 本件の症状に関してアドビサポートより、公式サポート情報が公開され、「Adobeでは現在この問題を認識し、調査中です。」とコメントしています。

■PDF版の「EQUIOS / Trueflow出力の手引き」での対応 Adobe Creative Suite 6のリリースに伴った「EQUIOS / Trueflow出力の手引き」の更新は行いません。EQUIOS / Trueflow出力の手引き 第15版のAdobe CS5.5に準して運用してください。Trueflow印刷ユーティリティ2.6にも変更ありません。 EQUIOS / Trueflowの両方で、同じ設定、同じ手順で出力データを作成いただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました