2023/1/15(日) 今週の見立て

FXブログ
2023/1/15(日) 今週の見立て
今週の見立てです。先週はクロス円がいい感じに動いてくれましたが、今週は祭りの後でなかなか難しい。いろいろと中途半端で材料に困る週ですね 週内で新たに出てくる材料・根拠を見ながらでしょうか。

■先週通しての通貨強弱
先週を通しての通貨強弱はうちのブローカーだとこんな感じ。日本円JPY、ユーロEURが強く米ドルUSDが弱いという状況。特に日本円は先週強かったですね。

JPY>EUR>AUD=GBP>NZD>CAD>CHF=USD

ということでこのあたりのクロスから見ていきましたが、
・クロス円⇒全体に円高方向ではあるものの、いかんせんお祭りのあと。やるとしても通貨ペアを選んで短期中期。USDJPY, GBPJPYくらいかなあ。
・ユーロクロス⇒上でも下でも見れそうな通貨が多いが、EURUSDは上でしか見られないので、全体に目先はユーロ高方向を試すのかなと見ています。
・ドルストレート⇒全体に目先の勢いはドル安方向だが、通貨ペアにより状況がまちまち。

このほかでは、クロスカナダが全体に目先はカナダ安方向に振れるのかなという印象。

ただし、いずれのクロスも目線方向がはっきり一致しているとはいえず、決定打に欠ける印象でした。週内の材料を探しながら判断していくほかなさそうです。

■今週主に見ていく通貨ペア

今週主に見ていくクロスですが、ドルストレート、クロス円あたりを見ていこうと思います。主に短期中期が中心ですが、週内の動きを見つつの検討。ドルストレートで中心になるのは、EURUSDで、この通貨ペアはある程度長めの目線で上方向で見ていく予定。

EURUSD
ユーロは先週2番目に強かった通貨。一方、米ドルUSDは先週最も弱かった通貨。
月足はV字戻しでレジをどんどん抜けてきている。週足は戻り高値を抜けたのちの5週にわたるコマ足のブロックを先週上にブレイク。この動きを日足でみると、小さなダブルトップを作って下げにきたところをだましにして上にブレイク、アップトレンド更新。まあ上方向でしか見れないよね、という感じ。月足の次にひっかかりそうなポイントまでのロングの検討。並行して、AUDUSDの短期ロングも見ておこうと思います。
2023_01_15_EURUSD01_

このほかでは、わざわざチャート切るような素敵な場面ではないので雑な感じですが、USDJPYは自分用のメモのチャートを貼っておきます。

USDJPY
値動きによっては短期中期ショート。GBPJPYと合わせてみておこうと思います。
2023_01_15_USDJPY01_

■指標・イベント等

今週は月曜が米国がMartin Luther King Jr. Day(キング牧師記念日)で休場。
水曜の正午頃に日限政策金利発表+15時半の黒田総裁会見は要注意。
その他、中規模指標が多数。

1/16(月)
米国 休場
24:00 イギリス ベイリー英中銀(BOE)総裁発言
1/17(火)
日銀・金融政策決定会合(1日目)
11:00 中国 10-12月期四半期国内総生産(GDP)
16:00 イギリス 11月失業率
22:30 カナダ 12月消費者物価指数(CPI)

1/18(水)
正午前後 日銀金融政策決定会合+政策金利
15:30 日本 黒田東彦日銀総裁記者会見
16:00 イギリス 12月消費者物価指数(CPI)
19:00 ユーロ 12月消費者物価指数(HICP)
22:30 米国 12月小売売上高
28:00 米国 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

1/19(木)
09:30 オーストラリア 12月失業率
19:30 ユーロ ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁発言
21:30 ユーロ 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

1/20(金)
08:30 日本 12月全国消費者物価指数(CPI)
16:00 イギリス 12月小売売上高
22:30 カナダ 11月小売売上高

[紹介元] trading notes 2023/1/15(日) 今週の見立て

コメント

タイトルとURLをコピーしました