「インフレ手当」支給 企業の狙い

FXブログ
「インフレ手当」支給 企業の狙い
[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 経済 「インフレ手当」支給 企業の狙い

独自にインフレ手当を支給を開始している自治体や企業が存在します

「インフレ手当」とは?

第二回のインフレ手当の支給額は1万円(本人)+家族の人数分であり、扶養家族のいる従業員には心強い手当となるでしょう。

以下、インフレ手当の支給によって企業が得られる主なメリットを整理します。

③一過性の手当は、無くなった際の影響が懸念である一方、「チケットレストラン タッチ」は税負担が少ないため、無理なく続けられる インフレ手当は、経済状況の変動に合わせ支給される、一過性の特別手当です。そのため、いつかは手当がなくなることも考えられ、従業員のモチベーション低下が懸念されます。一方で「チケットレストラン タッチ」は税負担が少ないため、経済状況の変動に関係なく、無理なく続けることができます。

企業の信用調査サービスを展開する帝国データバンクが行った、インフレ手当についてのインターネットアンケート調査*によれば、インフレ手当を支給した企業は全体の6.6%。

このように、エデンレッドジャパンの「チケットレストラン」は、従来のインフレ手当に伴う課題を一掃するサービスです。課題を解消できずインフレ手当の導入を見送っていた企業にとって、非常に魅力的なサービスといえるでしょう。

10月の消費者物価上昇率が前年同月比で3.7%増となり、40年ぶりの伸びを示すなど、インフレが加速している。この事態に対応するために、従業員の生活支援を目的とした特別の手当(インフレ手当)が一部の企業で導入されている。サイボウズ、ケンミン食品、ノジマなどがすでに報道されているが、このところNHKをはじめとするテレビでも取り上げられ、大きな注目を集めるようになったことで、今後さらに普及する可能性がある。 帝国データバンクが11月17日に発表した「インフレ手当に関する企業の実態アンケート」結果によると、インフレ手当を「支給した」企業は6.6%、「支給を予定」は5.7%、「支給を検討中」は14.1%で、4社に1社がインフレ手当に取り組んでいるということだ。 インフレ手当の支給方法としては、「一時金」が 66.6%、「月額手当」が36.2%で、「一時金」の方が優勢である。その理由としては、「月額手当」にすると、止めるのが難しくなるからと考えられる。元に戻るだけなのだが、社員からすると何だか損をしたような気分になり、モラール低下が懸念されるためだ。金銭的報酬というのは、その辺の取り扱いが厄介である。 平均支給額は、一時金53,700円、月額手当6,500円である。一時金で15万円以上とする気前のよい会社も7.3%ある一方で、1万円未満も11.9%あり、その内容はさまざまだ。 アンケートでは、インフレ手当を支給しない企業の声がいくつか挙げられているが、「会社のコスト増を価格転嫁できていないため」というのが多くの企業の気持ちだろう。社員も大変だが、会社はもっと大変というわけである。 企業の中には、「特別手当としてではなく、4 月に実施する定例の賃金改定時に賃上げを予定」というようにベースアップで対応しようとするところもある。インフレへの対応としてはこれが本来の姿といえる。 もっとも、今般のインフレはコストプッシュ型なので持続性はないとの見解を、日銀の黒田総裁ほか複数のエコノミストが示している。せいぜい来年の半ばまでとする向きも多い。そのような一時的な現象にベアで対応するのは、恒常的な人件費負担となってリスクが高いという判断もできる。 また、インフレが年度半ばに急激に起きたことであり、4月の昇給時まで待てないという事情もあるだろう。 臨時的なインフレ手当の支給は、社員の生活の窮状を救うとともに、企業にとってもベアという恒常的な人件費負担増を回避できる、双方に利点のある仕組みといえそうである。

月額手当でインフレ手当の支給をした場合、インフレが収束するまでの期間、継続的な従業員の生活補助が可能です。一方、従業員にとって毎月もらえるのが当然となりかねません。インフレ解消時に支給を取りやめる際、従業員の反発が大きくなることが予想されます。

こうした不安を少しでも和らげようと、企業が率先して実践している対策の一つが「インフレ手当」です。

前述の通り、一般的なインフレ手当には「一時金・月額手当それぞれにメリット・デメリットがある」「税金・保険料の負担」「インフレ対策に使われないリスク」といった課題があります。

11月30日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、「インフレ手当」を支給する企業が増えているというニュースについて、水曜コメンテーターで経済アナリストの森永康平氏と寺島尚正アナウンサーが意見を交わした。

帝国データバンクが11月11~15日に実施した全国調査では、「インフレ手当」を一時金や月額手当として支給する企業は、予定や検討中を含めて26・4%(近畿は26%)と4分の1にとどまった。取り組むとした企業でも一時金で出すとの回答が3分の2を占めた。

そこで今回は、「インフレ手当」の導入を検討されている企業様に、お気軽に「チケットレストラン タッチ」をお試しいただきたいと考え、2023年2月28日までにお問い合わせ頂いたすべての企業様を対象に、先着100社様限定で導入費用および手数料が3ヶ月間無料となるキャンペーンを実施いたします。

エデンレッドジャパンの「チケットレストラン」をインフレ手当として導入することで、企業が得られるメリットは非常に大きいでしょう。

独自にインフレ手当を支給を開始している自治体や企業が存在します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました